嫉妬深い彼女への対処法まとめ:疑われるようなことはNG

恋愛に嫉妬はつきものとは言え、あまりに嫉妬深い彼女を持つと苦労が続きます。嫉妬深い彼女にどのように対応すると、未然にトラブルを防げるのか、その対処法を紹介します。

嫉妬深い彼女の対処法

1.深い信頼関係を作っておく

約束は守る、目に余る浪費はしないなど、全ての面での彼女からの信頼を得るよう努めましょう。

デートの時間を守らなかったり、次のデートでは美術館巡りをしよう、と一旦合意しておきながら一方的に反故にしたりすることを繰り返せば、当然、信頼は薄くなり、浮気を疑われたりします。

2.初期の段階で嫉妬の芽を摘んでおく

彼女はあなたの愛を独占したくてたまりません。常にその愛を確認しておきたいのです。

「昨日はどこ行ってた? 誰と会ってた?」と時にストーカー紛いの質問もしてきます。それに対して一つ一つ真剣に取り合っていたら疲れてしまい、長続きしません。

初期段階で、こういった行為は束縛であること、自分は大変嫌だということをはっきりと伝えておきましょう。

3.疑惑を招く行為は避ける

いらぬトラブルは避けたいもの、デート中はできるだけメールチェックは控え、彼女に集中してあげてください。

何よりも、あなたから「愛されている」実感を味わたいと思っているので、少なくとも一緒にいる時間はかまってあげたほうがよいでしょう。

4.嫉妬深い女は嫌いと宣言してみる

大抵の場合、彼女は自分が嫉妬深いとは思っていません。「自分の一番嫌いなタイプは、嫉妬深い女」であることをはっきりと宣言しておきましょう。

あなたに対する愛情が、時には恋愛を続けていくことの障害となることを気付かせてあげてください。

5.距離を置くことも必要

嫉妬の原因はあなたを失いたくないからなので、彼女の言動、行動によっては彼女の恐れている別れもありうるということを理解させましょう。

また別れを避ける手段として、彼女以外の人たちとの交流も、これまで通り続けていくことが必要であることを彼女に理解してもらいましょう。

6.安心させる

彼女を心から愛していることを伝え、恋愛の継続を約束して彼女を安心させることが一番の対処法です。

「君だけを見ているよ」「君が一番」といった少し気恥ずかしくなるようなフレーズを勇気を出して言ってみてください。

もしかしたら、その言葉で安心してくれるかもしれません。

7.事前にどんなことで彼女が嫉妬するか確認しておく

そもそも彼女にどんなことで嫉妬するのかを聞いてみるのも手です。気が付かないまま彼女の嫉妬をさせる行為をして、無用な喧嘩をする可能性があります。

もし、彼女が嫉妬してしまう行動のなかに、自分ではどうしようもできないことが含まれていたら、事前に確認をとりましょう。

例えば、彼女に「同じ空間に他の女性がいると嫉妬してしまう」と強く訴えられても、日常生活を送る上で止めるのは難しいです。その行動を止めるのは出来ないけれど、他の女性を誘惑する気はゼロだし、自分の心は君にある、などと伝え方を工夫することをおすすめします。

8.嫉妬で疑われた時に事実ではないなら否定する

「あなたは浮気したでしょ!」などと彼女はが疑いの目を向けて来る場合があります。全く身に覚えのない疑いを彼女から向けられたとしたら、腹が立つのも仕方ありません。

しかし、事実ではないなら「浮気はしていない!俺が好きなのは君だ」と言うように、きっぱりと否定しましょう。この辺りを面倒だからと蔑ろにしていると、彼女は余計に不安に陥り、ますます嫉妬が激しくなることが考えられます。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る