彼氏とのメールの頻度はどのくらいがベスト?

彼氏とどれくらいの頻度でメールを送るのがベストか悩みますよね。相手からメールが来るように誘導できるのがベストですが、なかなか難しいもの。

返信が来なかったら多すぎたのか心配になりますよね。また、学生では多くの時間をメールに費やせても、社会人だと費やせる時間が減るケースもあります。

そこで今回はベストなメールの仕方をご紹介したいと思います。 

男性にとって、メールの頻度=好意ではありません

 片思い中はなにかと不安になるもの。毎日でもメールしたいし、相手からメールが来ないと不安になるものですよね。

けれど、多くの男性にとってメールはコミュニケーションツールではないんです。メールは要件を伝えるためのものだと理解してください。 

相手がまめなタイプじゃないなら、好意を持っていてもメール頻度は低いかもしれません。そういう人の場合は無理に毎日メールするよりも、三日に一度くらいのメール頻度でやり取りするのが好印象です。

男性が考えるメールの頻度

返信が来なくても慌てずに辛抱強く待ちましょう。返信を送らない理由はいろいろあります。社会人の彼氏の場合、仕事が忙しく連絡する時間がない場合もあります。

待てず、催促メールを送ってしまうと相手が返信しづらくなってしまいます。最低3日待ち、それでも待てなかったらその日あった当たり障りのないことを送ってみましょう。

毎日したい

お互いにメールのやりとりをすることが苦痛でなく、むしろ毎日コミュニケーションをとっていないと不安になるというのであれば、迷わず毎日メールしましょう。

だからといってずっとそのままで良いわけではなく、お互いに相手が毎日メールしたがっているから仕方なく付き合っている、ということにならないよう、本当に負担になっていないかを確かめることも時には大切です。

週2.3でいい

あまり間隔が空いてしまうと寂しいけれど、毎日だとプレッシャーがかかるし、忙しくて返せなかった日に相手に罪悪感を感じてしんどくなってしまうこともあります。

また、付き合いたてで毎日メールしていた時期を少し過ぎて、お互いに落ち着いたときに、まずはこのくらいのペースに持っていけるようにするとメールが苦痛にならなくて長続きします。

必要な時だけでいい

一見冷めた関係のようにも見えますが、むしろ長続きするカップルほど、適切な距離感を保つことができます。

お互いにお互いの時間を大切にして、無理のない交際ができますが、彼女は実は寂しいのに、こちらに遠慮してメールを極力減らしている可能性がないかだけ気を付けましょう。一回一回のメールでコミュニケーションをしっかり取っていきましょう。

忙しい時は減らす

普段はかなりメールのやりとりの頻度が高くても、相手や自分が急に忙しくなったりして、それまでのペースでコミュニケーションをとるのはどうしても無理!な時ってありますよね。

そういった場合は、まず自分の都合を押し付けないように、相手の想いも考えて、メールのやりとりの頻度を調節するといいです。

返信しなくても大丈夫、なんて添えて、相手を思いやるようなメールを送ったりするのもいいですね。

彼氏から返信が来ない時の対処法

 即レスはやめよう

 彼からメールが来ると嬉しくなってすぐに返信したくなる気持ちは分かりますが、ここはちょっと我慢。男性は自分とペースのあう女性に好意を持ちやすいと言われています。 

できれば彼の文章量と同じくらいの分量。彼と同じくらいの感覚を開けて、返信するのが良さそうです。彼はあなたとメールしていると心地いいなあと思ってくれるでしょう。

生活リズムを合わせよう

 あなたは時間を気にせずメールを送っていませんか? 相手が仕事をしている時間や夜中にメールを送ってしまっては返信の確率は下がってしまいます。

相手が返事をしやすい22時頃や、通勤中に読んでもらえそうな時間などを見計らってメールを送信してみましょう。 

その際は長いメールを避け、軽く楽しげな文章にしましょう。 会話をするように、ぽんぽんとリズミカルにやり取りできると素敵ですね。

Tags

ライター