マタハラの意味・対処法:妊娠する前に知っておこう!

最近では、「マタハラ」という言葉を頻繁に聞くようになりました。

「マタハラ」とは「マタニティハラスメント」の略で、妊娠・出産・育児をきっかけに、職場で精神的・肉体的に不当な扱いを受けることを言います。

実際にどのようなことがマタハラとして挙げられるのか、例を見ていきましょう。

実際にマタハラを受けていて、今の職場を辞めたいと考えいている方にはリクルートエージェントがおすすめです。細かいサポートがついているので、自分の理想に合った転職先を見つけやすいと評判です。

リクルートエージェントのサイトを見る

マタハラとは

マタハラとは、妊娠を理由に、またはそのタイミングで、解雇されたり、退職するように言われることです。企業が妊娠を理由に退職を迫ることは法律で認められていません。

しかし、まだ多くの働く妊婦さんが、退職するようはっきりと言われてしまったり、自分から辞める方向へと持っていかれるようなことがあるのも現実です。

対処法

働いている人のなかには、いろいろな理由で職を失うと困る人もいるでしょうし、辞めたとしても妊娠中では新しく雇ってくれるところはほとんどないでしょう。

もし、このようなことに遭遇してしまったら、上司や、その企業内にある専門の部署に相談を。

また、弁護士に相談したり、厚生労働省にもマタハラ専門の部門があるので活用するとよいでしょう。

同僚や先輩によるいじめ

上司だけではなく、同僚や先輩から、妊娠したことによるいじめがあるという声もとても多いです。

無視されたり、「妊婦だからと甘えないで」などと悪意のある態度や言葉を投げ掛けられたり、産休育休を取得することが十分に認められなかった世代から、嫌みともとれるような発言を投げかけられることもしばしば。

対処法

同じ女性同士、妊娠経験者でも、妊娠中に起こる様々なトラブルに理解を示さないという悲しい現実もあります。

妊娠中はホルモンの変化から、いつもより気にしすぎてしまう傾向になることもありますから、多少のことは聞き流せる強さも必要です。

しかし、あまりにもひどいと判断した場合には、上司や然るべき所に相談しましょう。

時短勤務や軽易業務転換が認められない

妊娠による体調を考慮した時短勤務や軽易業務転換の希望が、認められない場合もあるようです。

しかし、これも法律違反であり、企業には妊婦の希望を聞く義務があります。

対処法

健康診断等で医師より指導を受けた場合には、母性健康管理指導事項連絡カードを使用すると医師と企業との連絡がスムーズに行えますので、利用しましょう。

そのような場合でも認められなかったり、退職を迫られるようなことがあれば、専門の機関に相談を。

証拠となる書類があればそのコピーや、話し合いのときはボイスレコーダーなどで録音しておくと、相談先にスムーズに対応してもらうことができます。

最後に

社会人としての基本だと思いますが、妊娠時だけでなく普段から勤務態度を考えて行動するようにしましょう。

「遅刻や早退が多い」

「挨拶ができない」

「気分に左右した態度をとる」

「お客様や従業員に対しての言葉遣いが悪い」

「携帯やパソコンでインターネットを見ている」

「業務に対する向上心が見えない」

など、このようなことが思い当たるならすぐに改善していくことです。

一見、妊娠とは関係なく感じられますが、突然の病気などで仲間のフォローが必要になった時に、普段からがんばっている人のことは誰もが応援したくなるのではないでしょうか。

マタハラを受けないのが1番ですが、マタハラを受けてしまい耐えられなくなったら転職するのをおすすめします。

転職サイトリクルートエージェントなら、転職のプロにアドバイスをもらいながら良い職場を見つけることができます。

リクルートエージェントのサイトを見る

Tags

ライター