霊はいないと考える根拠:霊を感じた経験がないから信じない!

霊はいると信じている人たちがいる一方で、霊はいないと考えている人たちがいます。

霊の存在を信じている人たちにとってみれば、何を根拠に霊はいないという考え方に至ったのか不思議かもしれません。

今回は、霊はいないという考え方について紹介します。

また、最近霊を感じるような出来事が起きたり、身の回りに不吉な事が起きて悩んでいる方には電話占いのヴェルニがおすすめです。朝9時から翌朝5時までいつでも対応可能なので、深夜家で一人になったときでも不安をすぐに相談することができます。

信じてもらえないような話でも、占い師の方なら馬鹿にすることなく、親身になって話を聞いてくれるでしょう。

電話占いヴェルニで悩みを相談

霊はいないという考え方の根拠

2chのような掲示板など、ネット上にも霊が映っているかのような写真や霊を見たというエピソードは掲載されているでしょう。しかし、霊はいないという考えの人たちは、霊が存在するといった情報をネットで知ってもまず信じません。

そのような人は、科学的根拠に基づいていないからという理由と、自分が実際に見たり経験したことがないという理由から、霊はいないと考えます。

霊を見たというエピソードを聞いても、実際に霊がいたのではなく人間が霊に見えただけと考えます。

例えば、心霊スポットに出かけても霊を見られなかったことなどが、霊はいないという考えを強めているのでしょう。

霊の存在についての考えは変わる

しかし、人の考えは変わることがあります。過去に霊はいないと思っていた人でも、現在は霊がいると思っている人はいます。

例えば、自分が霊を感じる体験をしたことで考えが変わるようなケースが挙げられるでしょう。

また、完全に「霊がいる」あるいは「霊はいない」というようなはっきりとした主張ではなく、半信半疑の人たちもいます。

普段は霊はいないと思ってるけど、物件を探してる時に「霊がいるかも」と言われると、なんだか霊がいる気がしてその物件をやめてしまう、という人も少なからずいるようです。

霊に対する異なる考え方も尊重する

霊のような見えない存在は、やはり人によって考えや感じ方は様々です。

霊に対して、自分とは意見の異なる人がいて同調することができなくても、一意見として尊重することが大切です。

霊に対する考えが自分と異なると、相手を説得して考えを変えたくなる場合や相手の気分を害すような言葉を言いたくなるかもしれません。

しかし、「他の人は、こう考えているんだ」と思い、まずはしっかり受け止めることが大事です。

誰にも相談できずに悩んでいる方は

ここまで、霊はいないという考え方について紹介してきました。霊がいないという考え方には実体験が大きく影響しているようです。

自分には霊を感じる出来事が起きているのに家族や友人に相談しても相手にしてもらえない、あるいは相談さえできずに悩んでいる方もいるかもしれません。

そのような方には電話占いのヴェルニがおすすめです。ヴェルニでは霊感占いや霊視占い、霊感タロット占いといった占術を主に取り扱っています。

霊視の占い師の方はどんな話でも、確実に信じてくれるので相談しやすいでしょう。また、解決策も見つかるので、ぜひ一度利用してみてください。

今なら新規登録で1,500円無料のクーポンを配布中です。

電話占いヴェルニで悩みを相談

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る