霊感がある人の手相の特徴6選:仏眼相や神秘十字線がある!

霊感があるかもしれないと思っていても、霊感という曖昧なものが本当にあるのかを確認するのは難しいことです。そこで、自分や知り合いの霊感を簡単に確かめる方法として手相があります。

今回は、霊感がある人の手相などの特徴に関して紹介します。

もし霊感を感じていたり、身の周りで不安なことが起きた場合は、電話占いのココナラに相談してみてはいかがでしょうか。ココナラは24時間いつでも対応してくれるので、深夜に家に一人で不安になった時でもすぐに相談できます。

【3,000円分無料キャンペーン中】ココナラで相談する

霊感がある人の手相の特徴

霊感がある人の手相の特徴と言えば、神秘十字線・仏眼相・聖職紋・ソロモンの環などが挙げられます。

神秘十字線

神秘十字線は、横の線と縦の線が交わった十字架マークが、知能線と感情線の間にあることです。

知能線とは、親指と人差し指のつけ根の間から小指方向に伸びる線で、感情線とは小指の下から人差し指方向に伸びる線を指します。

この神秘十字線のある方は、霊的な存在に守られている・直観に恵まれているなどと言われており、スピリチュアルな世界と繋がりやすいと言われているのです。

仏眼相

仏眼相は目に似た模様が、親指の第一関節や第二関節に現れることです。

仏眼相が表れていると、霊感があると言われたり、先祖から守られているなどと言われます。

また、親指と人差し指の間の水かき部分の表と裏の両方に、V字の線が刻まれている人もいます。上から見ると目の形になっており、そのような人はさらに霊感が強く、霊能力者レベルなこともあるようです。

聖職紋

聖職紋とは「井」という漢字のような模様で、人差し指の根元の一段下ぐらいの場所にあることが多いです。

この聖職紋のある人間は、教職などの人に教育する立場の職業が向いていると言われることがあります。

ソロモンの環

人差し指のつけ根付近で、人差し指を半円状に囲む線がソロモンの環です。

ソロモンの環は、霊的な能力も強く、上昇志向があってより上を目指すために努力を惜しまないとされます。

ソロモンの環がある人の特徴は、人を惹きつけることができるカリスマ性がある人です。

知能線が月丘に向かって伸びている

知能線が月丘に向かって長く伸びている人は、直感が良く、目に見えないものを感じ取る力があるようです。

手のひらの下部にある2つのふくらみのうち、小指側のふくらみのことを月丘と呼びます。

小指が短い

小指が隣の薬指の第1関節にも満たないほど短い人は、信心深いタイプです。

感性が豊かで純粋な思考の持ち主で、霊感がある人が多いようです。

手相以外の霊感のある人の特徴は?

手相以外にも霊感のある人には特徴があります。

霊感のある人には、他の人が分からないものが見れたり、感じたりします。そのため、振る舞いや言動で違和感を感じたら、霊感がある人かもしれません。

また、霊感のある人は感受性が高いと言われることがあります。例えば、他人の身に起きた出来事に対して、自分のことのように感じたりする場合などがあります。

さらに、霊感のある人は初対面であるにも関わらず、他の人からお願いをされることがよく起きるそうです。霊感が強いと、なぜだか人から慕われやすくなると言われています。

霊感のある人の手相の特徴まとめ

霊感のある人の特徴を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。霊感のある人は人を惹きつける力を持っていたり、先祖から守られているなど良いこともあるようです。

最後に、自分の霊感について占ってもらいたくなった人に電話占いのココナラを紹介します。

ココナラでは霊感や自分の前世を知ることのできるスピリチュアル占いや手相占いが利用できます。霊感を用いて悪い運を良い運に変える占いもあるので、ぜひ利用してみてください。

今なら期間限定で新規登録した人に最大30分無料のクーポンを配布中です。

【3,000円分無料キャンペーン中】ココナラで相談する

Tags

ライター