話題のブサかわ!おブスなのにかわいいと言われる女性は努力を怠らない

あなたの周りにも「ブスなのにかわいい」と言われる女性はいませんか?そんな、ブサかわな女性には、女子力が高いという特徴があります。

顔が可愛いということではなくても、色々なところに気を配り、周りから好意を持たれる女性こそが、本当の意味で「可愛い」のです。

つまり女性は、可愛いと言われるだけ、その人が努力している証拠でもあります。

そこで今回は、ブサかわな女性の特徴を紹介します。外見に自信がない人でも、努力次第で可愛い女性になれるので、ブサかわと言われる女性の特徴をぜひ参考にしてみてください。

1. 女性らしさを常に心がける

ブサかわと言われる人は、常に女性らしい仕草やふるまい、心配りを大切にします。また服装や身につけるもの、メイクにも気を遣っています。

メイクの研究は必須!

「ブサイクだから何をしても似合わない」なのではなく「自分が可愛く見えるのにはどうしたら良いか」を研究したり気を遣っている女性は、本当に可愛らしくなってきます。

そんな、女子力が高めな女性が「ブスなのにかわいい、つまりブサかわ」と言われるのです。

2. ブサカワは「性格美人」

人間関係を築くのが上手だったり、人の悩みや相談にものってくれる、褒め上手で一緒に喜んでくれるなど、いわゆる性格美人だと「ブスなのにかわいい」と言われます。

いつも笑顔は雰囲気美人

またいつもニコニコしていて明るい、人の悪口は絶対言わない、側にいると安心する雰囲気のある女性は、それだけで周りから好かれますよね。「あの人雰囲気がかわいよね」と好感度が高いのです。

いくら美人でも、性格が悪ければ可愛いとは言われないでしょう。逆に言えば、ブサイクでも思いやりの心を持っていれば、ブサかわな女性として愛されるのです。

3. 特技がある

例えば料理が得意だったり、手芸が趣味だったり、いわゆる女子力が高い特技を持っていると「ブスなのにかわいい」に通じるようです。

ちょっとした小物やアクセサリーを作るのが上手、毎日手作りのお弁当を持ってくる、お菓子作りが得意など、女性らしい特技を持っていて、それをさりげなくアピールできるのです。

「さりげなさ」が最も重要

この「さりげなく」が大事なポイントです。あまり強くアピールしすぎると「頑張ってる感」が出てしまいます。

「私が作ったの!見てみて」ではなく、相手が気づいた時にさりげなくアピールするのがいいのです。謙虚な姿勢とさじ加減が、ブサかわには大事なんですね。

4. ブサかわと感じるのは雰囲気も含めて

誰が見ても完璧な美人はそうそういません。外見や雰囲気、仕草など、総合的な面によってその人が可愛らしく感じるかが決まります。

「ブスなのにかわいい」という表現は失礼なものですが、それだけその人が色々と努力して気を配っている、とても感じのいい女性だと言うことですね。

努力を怠らない姿勢が大切

自分はブサイクだから何をしてもダメだ、と悲観的になっていてはただのおブスになってしまいます。人は外見がすべてではなく、内面も非常に重要です。

多くの人がブサかわだと思うのは、その人が外見だけにこだわらず色んな努力をしていることが伝わっているからなのでしょう。

自分がおブスであると思っている人も、努力次第でみんなに愛される女性になれるので、ブサかわをぜひ目指してみては。

Tags

ライター