パテックフィリップの買い取り方法:希少価値が高いから高値が付きやすい!

パテックフィリップは1839年ジュネーブで誕生した、設計から最終組み立てまでをすべて自社で行う高級時計ブランドです。

パテックフィリップの時計は、手間暇をかけて時計を製作されていて、繊細で華やかな時計は高価な買い取りも期待できます。

パテックフィリップの時計の定価は、数百万円から数千万円ですが、買い取り価格も数十万から数百万程度となることが多いです。

今回は、パテックフィリップの時計を高く買い取ってもらうためのポイントを、ご紹介します。

パテックフィリップってどのくらいで売れるの?

人気モデル、ノーチラス、アクアノート、カトラバ、アニュアルカレンダーは高値がつくでしょう。特にクロノグラフはさらに高値で買い取りがされます。

大体の相場感

レディースモデル、スクエアの時計ケースにエレガントな光沢の美しい金属ベルトがついたトウエンティー4は、70万円くらいとなっています。

しかし買い取りサイトによっては、買い取り上限価格が70万円や68万円だったりと、差が出てることもしばしばです。

潜水艦ノーチラス号の舷窓をイメージしたデザインのノーチラスクロノグラフ5980/1A-001は400万円となります。

また、5711/1A-010ブルーが300万円、ノーチラスアニュアルカレンダー5726/1A-001 が300万円です。

そのほか、カトラバ5296-R-010、 6000R-001、 6000G-012 が160万円程度となっています。

売買時に人気のパテックフィリップのアイテムとは?

高級なモデルがほとんどのパテックフィリップの中でも、最高峰モデルのグランドコンプリケーションは、複雑な機能を持つ特別モデルです。

グランドコンプリケーション5074P-001は2千万、5270G-001 は1千万円程度の買値がつきます。

売る時期タイミング

パテックフィリップの時計は、非常に希少価値が高く、入荷してもすぐに売れてしまうブランドです。

店頭にパテックフィリップの時計の製品がない場合など、普段より高い買い取り価格がつく可能性があるので、売るタイミングとしては狙い目でしょう。

少しでも高く買い取ってもらうためのポイントとは?

少しでも高く買い取ってもらうためには、付属品が揃っていること、また状態がいいことが条件になります。

品質

きちんと定期的にメンテナンスを行えば、160年前の時計でも動くといわれる程、パテックフィリップの時計は精度が高いです。

手巻き腕時計は毎朝巻き上げる、自動巻きは動かなくなったらリュウズを回して巻き上げるなどをしておくことで、ムーブメントの機能が保障されます。

防水機能のチェックなども、パテックフィリップの正規サービスセンターで定期的に行っておくといいでしょう。

限定品 など

パテックフィリップの創業175年記念で作られたモデルは、限定品ということで高値がつきました。

パテックフィリップ自体が希少な時計ですが、やはり記念モデルは数が少ないので、さらに高値での買い取りが期待できるでしょう。

今すぐ売りたい時は?

今すぐ売りたい場合は、LINE/メール査定、電話査定の利用が便利です。それぞれの査定方法の特徴を紹介していきます。

LINE/メール査定

商品の写真を撮り、買い取り業者にLINE、メールなどで送付し査定を受けます。買い取り業者数社が見積もりを行うサイトで、業者を絞り込んだうえでLINE/メール査定の申し込みを行ってもいいでしょう。

すぐに査定価格が分かるのがメリットです。できるだけ早く売りたいという人は、LINE、メール査定が良いでしょう。

電話査定

電話査定は、話をしながら査定を受けられるため、疑問点や気になることを質問できるのがメリットです。

状態の悪いもの、傷があったり、時計ケースが割れていたりといったケースも、電話なら相談をしやすいでしょう。しっかりと安心感を持って査定を行いたい人は、電話査定がおすすめです。

家にいながら買い取ってもらえる

家から出ないで買い取ってもらいたい場合は、出張買取、もしくは宅配買い取りの利用が便利です。

出張買取

査定担当者が自宅まで買い取りに訪問してくれます。査定価格に納得がいかなかった場合は、断ることもできます。

業者の人と直接に話しながら査定してもらえるので、家にいながらも安心して査定をしてもらえます。

宅配買取

無料の宅配キットを請求するか、もしくは自分で梱包キットを用意して着払いで買い取り業者に商品を送付し、査定を受けます。

査定価格が買い取り価格になるため、誤差がでないのがメリットです。もし査定価格に納得がいかなかった場合や、気が変わった場合は、送料買い取り業者負担できちんと返却してくれます。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る