結婚線の見方:手相から見える結婚のタイミング

手相に関しては色々な見方がありますが、昔からの占いであり、的中率が高いことで知られています。

子供の頃から多くの人々に認知されている手相の中でも、大人になるにつれて気になっていく部分の一つとして結婚線が挙げられます。

そこで今回は結婚線の見方を確認していき、楽しい時間を手に入れることができるようにしていきましょう。

もしかしたら新しい手相の発見があるかもしれません。

結婚線でわかること

結婚線とは、その人の結婚時期や結婚生活の内容までわかるとされている非常に重要な線です。

ちなみに、結婚までできないという人に関しても、恋愛や出会いといったことまで知ることができ、非常に優れている手相と呼ぶことができます。

結婚線の場所

それでは、結婚線は一体どこにあるのでしょうか。

名前だけは知っていても、場所を知らなけれは意味がありませんので確認していきましょう。

結婚線とは小指の付け根から始まる線です。具体的には、小指の下部から人差し指に伸びる感情線の間に横に流れている短い線が結婚線になります。

結婚線は男女で違う?

結婚線に関して、男女で内容が違うということはあるのでしょうか。もし違った場合はそれぞれ正しい見方をしなければいけません。

結論からいうとイエスでもありノーでもあります。どういうことか具体的に説明していきましょう。

そもそも結婚線というものに関しては男女に違いはなく、両方に存在するものです。そのため、結婚線の本来の意味ということからすると違いはほとんどないといえます。

結婚線の表れ方の違い

しかしながら、その結婚線の表れ方に関してはしっかりとした差がありますので注意をしましょう。

その違いはなにかというと、端的に説明をすれば男性が晩婚を表しており、女性は早婚を表しているのです。

早婚の場合は感情線から小指の付け根部分を半分の場所で区切り、そこから結婚線が感情線側にたくさん伸びているタイプと言われています。

一方、晩婚の場合は、結婚線がとにかく小指の近くに多く存在します。このタイプは、30歳を過ぎていくと次第にチャンスが現れると言われています。

結婚線の数

結婚線には数があり、その数によって結婚回数や恋愛の回数が判断できますし、結婚線の太さや長さからも様々なことが判断できるものです。

ちなみに結婚線がないという人も少なからず存在しますが、その人は結婚ができないかと言われるとそうではありません。どちらかというと、そのような人は結婚ができないというよりは、結婚に対して関心がないような人を表します。

不思議なもので、その人自身が心から結婚に対して興味が湧いてきたら結婚線もできるといわれているのです。

まとめ

結婚に関しては色々な思いがありますし、人によって捉え方は違います。

そのため、あまり重く捉えず、このような考え方ができるんだという感覚で結婚線を見ていくと、より良い結果を得られることでしょう。

様々な側面から自分自身を占ってみるのも楽しいことの一つです。

Tags

ライター