葬儀の流れと時間:一般参列者なら1時間、遺族なら6時間くらい!

人が亡くなって葬儀が行われる際、どのような流れで進んでいくものなのでしょうか。

葬儀について詳しく知っている人は少ないものですし、大切な人を亡くした後では悲しみも深く、何も考えられないことが多いでしょう。

ほとんどは葬儀担当者にサポートしてもらえるため、実際どうすれば良いのかなどはほとんど心配する必要もないことが多いものです。

ですが、いざという時のために、しっかりと故人を見送るため葬儀の流れについて、知っておく事は大切でしょう。

今回は、葬儀の流れやかかる時間や流れについて詳しく解説していきます。

葬儀は亡くなってから何日後?

葬儀は亡くなってから2日後に合わせて執り行れることが多いです。亡くなってから翌日には納棺され、その日の夜には通夜が行われます。

そして翌日には告別式、葬式と言った流れで葬儀は行われていく流れになっています。

通夜の流れと時間

まず、亡くなった翌日に行われる通夜は、18時頃から行われることが一般的には多いでしょう。

16時頃から親族で準備を始め、17時半ごろから参列者の受付をし、18時から開式することになります。閉式は19時頃で、通夜にかかる時間は、おおよそ1時間ほどです。

その後、親族や葬儀担当者は葬式や告別式の準備に取り掛かっていきます。

告別式の流れと時間

告別式は午前10時、もしくは11時に始まることが一般的とされています。10時から始まり、最終的な解散は15時頃になることが非常に多いです。

ただ、斎場などの予約状況によっては、時間が大幅に変わってくる場合もあり、開始が午後からになる場合もあります。

告別式自体にかかる時間は、1時間ほどです。そのため、告別式にのみ参列する人で10時開始の場合は、11時には斎場を後にすることになります。

10時開始の場合、11時頃には火葬場に移動し、火葬を行うでしょう。火葬には1時間~2時間かかりますので、その間は火葬場で待機する流れです。

骨上げを終えたのちは、再び斎場に戻り、精進落としを召し上がることになります。この流れを10時~15時で行うのが一般的です。

初七日法要の繰り上げも

近年は、初七日法要を告別式の日に繰り上げ、合わせて行ってしまうのが一般的になりつつあります。

本来であれば亡くなった7日後に初七日法要を行うのが普通なのですが、親族全員が再び7日後に集まるのは実際問題、難しいものです。

そのため、最近は告別式に合わせて行ってしまうことが多くなっています。

葬儀にかかる時間は一般参列者なら1時間、遺族なら6時間くらい

葬儀にかかる時間は、一般参列者と遺族や身内などでかなり変わってきます。

もし一般参列者として葬儀に参列する場合は、時間は1時間程度を見ておけば問題ないでしょう。もし急ぎの場合は、お焼香だけ済ませて帰る人もいます。

身内の場合は5時間~6時間、なんだかんだで結局は一日がかりになるでしょう。

ライター