コーチの買取ステップ:早めに買取に出すべき!

コーチはアメリカのファッションブランドで、社名の頭文字であるCのモノグラム柄バッグが有名です。バッグや財布、小物などを販売しており、コーチを身に着ける人の年齢層は広く、いろいろな場面で使えることから人気を集めています。

しかし、コーチは定価価格がルイ・ヴィトンやシャネルよりも低いことから買取額も低い傾向があります。

そんなコーチはどれくらいで売れるのか、相場や人気アイテムはもちろん、高く買い取ってもらうためのポイント・出張買取やネット買取までテーマごとにご紹介します。

また、ネットから簡単に買取・委託販売を申し込むことができるサイトRECLOを紹介しています。

こちらでは、査定・買取はもちろん、品物をRECLOや提携サイトで委託販売し、売れた価格の50%以上が支払われるシステムとなっています。ぜひチェックしてみてください。

リクロで委託販売を申し込む

コーチの買取ステップ

大体の相場

未使用・新品は定価の4~6割、新品に近い美品は定価の3~5割、一般的な中古品は定価の1~3割、使用感の目立つ中古品は定価の1割以下が一般的な買取市場の相場です。

コーチは高いものでも5万円程度の買取になります。コーチはアウトレット販売をしているため、アウトレット品は買取額が正規品よりもさらに安くなります。

業者によってはアウトレット品は買い取ってもらえない場合もあるので、査定時にアウトレット品であることを事前に伝えることをおすすめします。これから紹介する売るタイミングや品質は数万円の差が出ることもあるほど、買取の値段に影響しています。

人気のコーチのアイテム

コーチの中でも「シグネチャーライン」などは定番シリーズで買取額が高くなる傾向があります。

その他にも、限定品や希少価値の高いアイテム、雑誌掲載アイテムは高額になりやすいです。これから紹介する、少しでも高く買い取ってもらうためのポイントで、査定額に差が出ます。

売る時期・タイミング

新品でも発売されてから2~3年経ってしまうと型落ちしてしまい市場価値が下がってしまうため、なるべく早く買取に出した方が高価で買い取ってもらいやすいのです。

特にコーチは、どのアイテムでも新作商品が続々と発表されるので、早めに買取に出すべきです。したがって、販売時期が新しいほど高く売れるといえます。

少しでも高く買い取ってもらうためのポイント

購入した時の状態にできるだけ近づけることです。汚れやゴミは取り、ブランドタグや保証書、説明書などの付属品を揃えておく、外箱なども一緒に売ると高価で買い取ってもらいやすくなります。

中古品は未使用、新品、美品などランク付けがあることが多いので、使用したものであれば美品で買い取ってもらえるように傷や汚れがつかないように注意しましょう。

バッグの場合、持ち手の部分を綺麗に保ちづらく、一度汚れてしまうと元に戻すのが難しいです。そのため、買取に出す可能性があるバッグは持ち手にスカーフなどを巻いて汚れを防ぐ事をおすすめします。

そして、型崩れは大幅な減額の対象になるので、日ごろから中に詰め物などをして型を綺麗に保つようにしましょう。

今すぐ売りたい時の方法

メール査定、電話査定がおすすめです。メール査定は売りたい品物の画像と商品情報を入力して送ると査定結果が届きます。銀蔵、なんぼや、大黒屋などで査定してもらうことができます。

電話査定は実際に業者の方と話すことができ、大黒屋、スピード買取などで査定してもらうことができます。ある程度の査定額を知っておきたい方、ブランド品の現在の価値を知りたい方におすすめです。

家から出ないで売りたい時は

出張買取、ネット買取がおすすめです。

出張買取は、実際に査定スタッフが自宅まで来て査定してもらうことができます。買取プレミアム、ブランドオフ、なんぼやは無料で査定してもらえます。

ネット買取は、査定を希望する品物を送り、査定額に同意して入金をしてもらうサービスです。コメ兵やブランディア、おたからやなどで買取を行うことができます。

同じ品物でも傷・汚れの有無、付属品があるかないかで買取額が大きく変わってくるので、ぜひ参考にしてください。

RECLO(リクロ)で簡単査定・買取から委託販売まで

RECLOでは、ネットで申し込み、玄関先で品物を配達業者に渡すだけ。メールで査定結果が送られ、買取か委託販売を選択することができます。

買取を選択すれば、その金額が買取成立後に最短24時間以内に振り込まれます。

委託販売を選択すれば、品物の撮影・販売をRECLOが行ってくれます。販売が成立すると、販売成立額に応じて金額が振り込まれ、買取額よりお得になる傾向があるようです。

委託販売の際の振込額は、販売成立額の50%~90%となっています。販売成立額が高いほど、振込額も上がっていくようです。

状況に応じて、買取と委託販売を選んでみてください。

リクロで委託販売を申し込む

ライター