仕事のミスが怖いと思う原因と対処法:失敗を自信に変えてポジティブに!

仕事をしていてミスをしないということはあり得ません。ミスの大きさに違いはありますが、小さくても大きくてもミスはミスです。

ミスをするということは誰かに迷惑をかけてしまうということになります。しかし、ミスを怖がっていてはなにもできません。

そこで今回は、仕事のミスが怖いと思う原因と対処法について紹介していきます。仕事のミスが怖いと感じている人は参考にしてください。

職場に行くのがためらわれるほどの大きなミスをしてしまったり、人間関係の修復が困難な場合は転職するという手段もあります。

大手転職サイト「リクルートエージェント」では、専属のコンサルタントがきめ細やかなサポートをしてくれるため、初めての転職でも安心です。

リクルートエージェントのサイトを見る

仕事のミスが怖いと思う原因

仕事でミスをするのが怖いと思うのには原因があります。どのような原因があるのでしょうか。考えられる主な原因を2つ紹介します。

1.一度ミスをして怒られたことがあるから

ミスをしない人はいません。最初は特にミスをしながら仕事を覚えていくものです。

しかし、ミスをすると怒られてしまいます。怒られるのは子供だけでなく大人も嫌でしょう。

もしかすると、子どもよりも大人の方が怒られることを嫌がっている人が多いかもしれません。怒られたくないと思うためミスをすることを怖いと思うのです。

2.プライドを傷つけられるから

子供の頃に怒られるのと大人になって怒られるのは違います。大人になるとプライドが大きくなりがちです。

特に、社会人の場合プライドを持って仕事している人は多いです。もちろん、プライドを持って仕事をすることはとても良いことです。

しかし、プライドが傷つくのが怖いと思う大人は少なくありません。

「仕事ができないやつだと思われたくない」「評価が低くなるのが怖い」など、このような理由から仕事でミスをすることを怖いと思ってしまうようです。

3.仕事を続けられないのでは?と思ってしまうから

「仕事ができないやつだと思われたくない」「評価が低くなるのが怖い」といちど萎縮してしまうと、最終的には仕事を続けられない、クビになってしまうのでは?と思ってしまいがちです。

このような感覚に陥ってしまうと、普段の平常心なら簡単に出来ていた作業も、判断力が鈍ってしまい余計にミスを招いてしまうという悪循環になってしまうことも。

周囲からも「あの人大丈夫なのかな?」と心配されてしまって、自分の居場所がなくなっていってるのではとすごく不安な気持ちになってきます。

仕事のミスがそのまま自分の職を奪ってしまうのでは、という不安や懸念が「仕事のミスが怖い」と思ってしまう原因にもなっているのです。

ミスを怖がらないための対処法

仕事をすることでミスすることは当たり前。すべて完璧にこなすことができる人なんていません。

ミスすることを怖がってしまっていては、良い仕事はできないと思っていいでしょう。ではどうすればいいのでしょうか。仕事でミスすることを怖がらないための対処法3つを紹介していきます。

1.次は絶対に失敗しないという強い気持ちを持つ

ミスをした場合、次に同じミスは絶対にしないという強い気持ちを持つようにしましょう。

ミスをした時になぜこのようなミスをしてしまったのかを考える必要があります。

この原因を考えず、ただ「ミスをしてしまった」「怒られることが怖い」と思っているのであれば、あなたはまた同じミスをして、次は今回以上に怒られることになってしまいます。

ミスをしてしまって次に同じ失敗をしないように行動することが良い対処法です。

2.一人で抱え込まずに相談する

ミスをしてしまうことが怖いと感じている気持ちを相談してみると良いでしょう。

もしかすると、自分と同じように失敗することを怖いと感じている人が居るかもしれません。

自分だけが怖いと思っているわけではないことが分かるだけで、少し気持ちが楽になると思います。また、自分の気持ちを誰かに話すだけで、気持ちが楽になるということもあります。

仲の良い同僚、お世話になっている上司に相談するのも、良いアドバイスをもらうことができるかもしれません。

3.失敗を自信に変える

マイナス思考で物事を考えるよりも、プラス思考で物事を考えた方がいいに決まっています。

ミスした時も一度ミスしたから、次はもうミスしないだろうと、プラスに考えるようにしましょう。

ミスをすると慎重になります。「ここで慎重に仕事を取り組むことができているのは、あの時ミスしたからだ」と、プラスに考えることができるようになれば、もうミスすることが怖くなくなるでしょう。

4.ミス体験を成功への経験値に変える

実は「ミスをしたことがある」という経験は成功体験に勝るとも劣らないくらい重要な体験です。

「どうすれば成功する」ということを知っている人で、「どうすれば失敗する」ということを知らない人はまずいません。

成功の裏にはそれこそたくさんの失敗経験があり、その経験を積み重ねて「どうすれば上手くいくのか?」を導き出せるのです。失敗の数が多ければ多いほど、成功への道が近づいているとも言えるでしょう。

どうしてミスしたのか、どうすれば良かったのかをきちんと受け止め、次回やるときはこうしてみよう!と自分なりに対策を考えてみる。

そうすれば仕事の失敗を成功への経験値に変えていくことができます。こう考えることで失敗することがただ単に怖いと感じることはなくなるでしょう。

まとめ

仕事でミスをすることは、誰にでもある経験です。ミスを心配しすぎて昇進や昇給のチャンスを逃してしまっては意味がありません。

近くにいる人に確認を取りながらタスクをこなしたり、ミスしたことをもう二度と失敗しないように反省を活かした働き方をするなどフォローする手段はたくさんあります。

しかしどうしても職場にはもういけなくなってしまった場合や、人間関係の修復が難しいと感じている時は転職という手段を視野に入れておくといいでしょう。

すぐに転職するわけではなくても、選択肢として持っておくと仕事に対しても前向きに取り組むことができるかもしれません。

大手転職サイト「リクルートエージェント」では、自分の希望に合った業種・職種を専門のコンサルタントが紹介してくれます。

また転職先のことだけではなく、退職のことまでサポートしてくれるのも魅力的なポイント。転職をまだ考えていない方でも、無料で登録できるので、いざというときのために、今から準備してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る