上司に反抗してしまったときの対処法3選:ある程度の覚悟を持って行動しよう!

社会人として働いていると、上司に対してついイラッとしてしまうということも少なくありません。多くの人は、上司に対して思うことがあっても我慢しているでしょう。

しかし、中には上司に対して反抗してしまう人もいます。実は、これまで上司に反抗したことがあるという人は多いです。

上司に反抗してしまった時、どのように対処していけばいいのでしょうか。さらなるトラブルを引き起こさないように、対処法を知っておきましょう。

また、すでに取り返しのつかない状態まで上司との関係が悪化してしまったという方は、仕方がないので転職も視野に入れ始めてください。

まずは転職活動をする人が必ずと言っていいほど登録している「リクナビNEXT」に登録することをおすすめします。

登録しておくだけでも定期的に転職情報にアクセスすることができるので、そこまで転職を考えていないという人も、将来転職を考えるときのために登録だけしておくことをおすすめします。

リクナビNEXTに登録する

理不尽な上司には正論で立ち向かう

理不尽なことを言ってくる上司はどこにでもいます。例えば、上司がこういう風にやってくれと言っていたので、その通りにやったのにも関わらず、「なんだこのやり方は!」と怒られたり。

また、明らかに間違ったことを言ってくるような人もいます。あまりに理不尽な上司だと反抗したくなります。しかし、なかなか上司に反抗できる人は少ないです。

もし反抗してしまった場合、自分が絶対に間違っていないのであれば、正論で上司に立ち向かっていきましょう。

上司が少し冷静に考えることができるようになった時に、自分のしたことが間違っていることに気が付くのです。自分が間違っていることに気付いた上司はあなたに謝罪してくるかもしれません。

あなたが正しくて上司が間違っている時、反抗しても毅然とした態度で居ていいでしょう。

謝罪する

自分が悪かったにも関わらず、ついカッとなって反抗してしまったというケースもあります。

このまま辞めてもいい、と思っている場合はそのままでもいいかもしれませんが、もし会社を辞めたいわけではなく、ついカッとなって一時の感情に任せて反抗してしまったという場合には、すぐに謝罪しに行きましょう。

謝罪するタイミング

できればその日のうちに謝罪しに行った方がいいと言えるでしょう。謝罪する場合は直接会ってしてください。

その日のうちに謝罪ができなかったという時はできるだけ早く謝罪するようにしましょう。少なからず自分にも落ち度があって、謝罪しようか迷っている人は必ず早いうちに謝罪しに行ってください。

謝罪するときのポイント

謝罪する時は、とにかく誠意を相手に示すことが大切になります。謝罪前には、身なりをしっかり整えましょう。身なりとは服装もですが態度も重要です。背筋をしっかり伸ばし、だらしない感じではいかないようにしましょう。

謝罪する時はできれば2人になれるところがいいでしょう。大勢の前では注目されたりしますので、一時的に和解したように見えてもそれは、とりあえずこの場は穏便に収めようという心理が働きます。

そうなると、和解ではなくその場を取り繕うだけの表面的な言葉の調整でしかないのです。

落ち着いて2人で話すことによって、建設的な話し合いができますし、今後の関係が改善されたり、根本的な解決に繋がります。

会社を辞める

上司に反抗してしまった場合、反抗の仕方にもよりますが会社に居づらくなってしまうということが考えられます。

立場が悪くなり遠くに飛ばされてしまうということもあるかもしれません。そのため会社に未練がないのであれば、会社は辞めた方がいいといえるでしょう。居心地が悪くなってまで、嫌な上司のもとで働く必要はないと思います。

上司に反抗する時は、会社を辞める覚悟で行わなければならないということを知っておいてください。

といっても、反抗する気がなかったけれど、とっさについ反抗してしまった場合ってありますよね。しかし、つい反抗してしまったとしても、反抗してしまったという事実に変わりはありません。

最悪の場合、会社をクビになってしまう可能性もあります。会社をクビになってしまうくらいなら、自分から辞めた方がいいかもしれません。

転職するなら「リクナビNEXT」

その場合、必然的に次の仕事を探すことになるでしょう。

転職活動をどのように始めたらいいかわからない人におすすめなのが「リクナビNEXT」です。

地域・職種を問わず圧倒的な求人数を誇り、転職初心者が必ずと言っていいほど登録しているサイトです。まずはサイトをのぞいてみてください。

登録しておくだけでも有益な情報が流れてきます。迷っている方も、とにかく登録だけでもしておくと良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する

まとめ

ここまで紹介してきた通り、反抗する場合はある程度の覚悟が必要です。とは言え、上司は自分よりキャリアが長いです。一定の敬意は払いましょう。

また、反抗する前に、落ち着いて自分の考えを相手に伝えるのがべストです。反抗する前に、真剣に話したりして関係を改善するために、ある程度の試みは必要です。その試みを怠れば、おそらく転職した先でも同じような問題を抱えることになるでしょう。

関係改善を試みた上で反抗してしまい、改善の見込みもなければ思い切って転職しましょう。不満を抱えたまま同じ職場にとどまる必要はありません。

本格的に転職を検討してなくても、いつでも転職という選択肢を持っておくことも大切です。今ここで登録だけしてみることで、転職情報を見ておくだけで、気に入らなければいつでも転職してやる!と気持ちに余裕が生まれます。

追い込まれてしまう前に、気持ちの余裕を持っておくためにリクナビNEXTに登録しておくことをおすすめします。

リクナビNEXTに登録する

Tags

ライター