上司にできる部下と思われる特徴5選:自分自身で責任を持とう!

仕事をする中で、上司にできる部下だと評価されたいのは誰しもが思うことです。今回は上司にできる部下と思われるアクションを5つ紹介していきます。

上司は、部下の毎日のさいげない行動をしっかり見ています。今回紹介するアクションはどれも難しいことはありません。今回紹介するできる部下の特徴をチェックし、すぐに実践していきましょう。

自分のしたミスは自分でカバーできる

ミスをしない人なんてどこにもいません。どんなに仕事ができる人であってもミスをせずにずっと完璧にということは難しいです。

大切なことは、ミスをしないことではありません。ミスをしないことではなくミスをした時にどう行動するかです。自分がしたミスを誰かのせいにしたり、上司に丸投げするような部下はよく思われません。

できる部下だと思われたいのであれば、自分のしたミスは自分で立て直す努力をしましょう。その時に、なぜミスをしたのか、どうすればミスしなかったのかを振り返ることがミスを対処する鍵です。

自分のミスを自分で立て直すことができると上司に「あいつはできるな」と思ってもらえます。

任される仕事は全力でやる

任せられる仕事の中には、直接的な評価に繋がらないような単純な作業のものもあります。あなたは単純作業な仕事でも全力で取り組んでいますか?

上司はしっかりとあなたの働きぶりを見ています。自分の評価に繋がりそうな仕事ばかり頑張り、雑用になると適当になるそういった人は上司からの信頼を得ることはできません。

誰もが嫌がるような面倒な仕事を率先して行うくらいに人になると、上司からの評価も高くなるでしょう。

「ホウ・レン・ソウ」を徹底する

「ホウ・レン・ソウ」とは「報告・連絡・相談」です。仕事を行う上で、コミュニケーションをしっかりとることはとても大切です。

仕事はあなた一人だけでやっているわけではありません。多くの仕事はチームプレイの上で成り立っています。しっかりと「ホウ・レン・ソウ」を行うことができる人は上司に信頼されるようになります。

上司にできる部下だと思われるようになるためには、仕事において上司に信頼されることが何よりも大切です。

期待以上の仕事をする

自分の仕事をただこなすだけでなく、さらに上の結果まで出すことができる人は上司にできる部下だと思われることができます。

例えば、取引先の契約を取りに行き契約を結ぶことはもちろん、その先の契約を取れるような働きぶりをしたり、頼んでいた契約数よりも多く契約数を取ってきたりということです。

できる部下だと思われるためには結果を出すことも大切になります。目に見える結果を出すときちんとした評価にも繋がるので最も認めてもらうのに適している方法だといえるでしょう。

しかし、このアクションはよかれと思ってやったことが逆にマイナスになってしまうケースもあるので注意が必要です。

細かいことに気が付く

仕事ができる人は、自分だけでなく周りのことも見えています。そのため、ちょっとした細かい変化にも気が付くことができます。そういった周りをしっかり見ることができる人のことは上司はきちんと分かっています。

周りをしっかり見わたせて気遣いができることで、上司からの信頼も高まるでしょう。今後、上司に評価されて上の立場に上がりたいのであれば、周りを見る力は必ず必要になってきます。

自分のことでいっぱいいっぱいにならずに、周りを見渡すことができる余裕を出せるようになるといいでしょう。

Tags

ライター