手相のスクエアとは:場所ごとの意味まとめ

あなたはスクエアと呼ばれる手相を知っていますか?スクエアは珍しい手相なので、この手相がある人はあまりいません。今回はこのスクエアについて見ていきます。

手相にスクエアがある人はどのような特徴や意味を持つのでしょうか。スクエアは場所によって意味が大きく変わることで知られています。良い意味を持つかと思えばとんでもない凶運の場合もあります。

スクエアができる場所ごとにまとめてみたので、ぜひ自分の手相と見比べてみて下さい。

スクエアってどんな手相?

スクエアとは他の線のようにまっすぐな線ではなくその名の通り四角形です。ですがきれいな四角形をしたスクエアはめったに見ることができないと言われています。

また(井)のような形をしている場合もあり、こちらもスクエアと呼ばれます。しかし井の形よりも形がきれいな四角形の方が縁起が良いとされます。

スクエアの手相の意味について

スクエアの意味は手のどこに現れるかによって大きく異なります。それぞれどのような意味があるのかみていきましょう。

人差し指に現れる場合

人差し指にスクエアがある人は、人を助けることができる優しい人という意味があります。ボランティアをしている人やお医者さんにこの手相が見られることが多いようです。

自分のことを犠牲にしてでも他人を助けることができるという素敵な手相です。しかし他人を大切にするあまり自分のことや身内のことは二の次になってしまい一人ぼっちということもあります。

右の手の下

右手の下にスクエアがある人は、周りに恵まれ困った時に周りの人が助けてくれるという手相です。困った時は周りの人に相談してみてください。きっといいアドバイスを得ることができ、助けてくれるでしょう。

小指の方の下にある場合は他人に相談すると良く、一方親指の下にある場合は身内に相談するようにすると良いでしょう。

結婚線にスクエア

小指と感情線の間に入る横線、結婚線。この結婚線にスクエアが入る場合はあまり良い意味を持ちません。

結婚できても旦那が仕事をしていない、また性格に問題のある人と結婚してしまう可能性があります。見掛け倒しの相手と結婚しないようにしっかり内面を見て結婚するようにしないと痛い目に合うかもしれません。

生命線、知能線にスクエア

親指と人差し指の間からカーブを描くように手首に伸びていく生命線。この生命線にスクエアがある場合、死に関わるような大きな病気にかかることがあるようです。

また知能線にスクエアがある場合は頭の病気にかかりやすいのだそうです。復活しても後遺症が残ったりと良い手相ではありません。

スクエアは生命線や知能線など手相において重要だとされる線に現れる場合、いい意味をもちません。なにか良くないことが起きる可能性が高いので気を付ける必要があります。

財運線にスクエア

小指の付け根からまっすぐ入る財運線。財運線にスクエアが入ると詐欺や盗難にある可能性が高いそうです。また冠婚葬祭などで思わぬ出費が続いたりなど出費が多い手相です。こちらも良い手相ではありません。

感情線と知能線の間にスクエア

感情線と知能線の間にスクエアがある場合、とてもラッキーな手相となります。

起業をしても失敗しない線だと言われており、お金を稼ぐことができるようになります。なにかしたいことがあるのであれば挑戦してみていいかもしれません。

ライター