マッチングアプリwithで女性と出会える方法を紹介:特徴や料金も解説

数多くあるマッチングアプリのなかで、withは安全な運営とマッチングできる確率が高いことで評判です。

大手が運営するマッチングアプリでも、業者や援デリ目的の人が多く登録している中で、withはそういった人がほとんどいません。さらに、相性の良い人へのいいねが無料で使えるので、高確率でマッチングできたと評判が高いです。

今回は、そんなマッチングwithで好みの女性と出会う方法や、withがなぜ良いのか、どんな人におすすめなのかを解説します。

まずはWithに無料登録する

目次

1. withとは?

特徴

withの特徴はまず、イグニスという上場企業が運営していて安全に使えることです。

業者が少ないこと、またプロフィール画像がFacebookの画像が使われることや、友達の数が表示されることによって業者を簡単に見分けられることが他マッチングアプリとの大きな違いです。

業者を見分けやすいのに加えて、無料でいいねすることができる機会が多く、特に頻繁に開催される相性診断イベントは、私の体験談では脅威のマッチング率を誇ります。

無料でマッチングからのメッセージまでたどりつくコスパはwithが最強。

肝心の女性検索機能も無料でほとんど使えるので、好みの女性を見つけやすく、マッチングしてから有料会員に切り替えができる点は男性にとって嬉しいです。

どんな男性におすすめ?

真剣に彼女を探したい20代~30代前半の男性におすすめです。特に、経営者層や、安定した職業についている男性は人気が高いです。

また、withはメンタリストのDaigoが監修していて、心理学を取り入れた要素が多いので、それを理由に女性と会話したりデートしたりすることが出来ます。

その点で、他のマッチングアプリではなかなか積極的に女性にアプローチできなかった男性にも向いているアプリです。

2. withの5つのおすすめポイント

1.ハズレ女性を避けられる

どのマッチングアプリでも男性の敵となるのが写真詐欺や業者、そして援デリです。男性の方は、これらのハズレ女性を避けてマッチングアプリを活用していかないと、お金と時間を無駄にしてしまうので気を付けてください。

しかし、どのマッチングアプリにも業者を省く取り組みがなされているものの、少なからず存在しているアプリが多いでしょう。一方、withでは他のマッチングアプリと比べて業者が非常に少ないです。さらに、もしwithに業者がいた場合にはすぐに見破ることができます。

手っ取り早く見破る方法は、プロフィール画像やプロフィール文、Facebookの友達の人数などをチェックすることです。withはFacebookと連動していて、Facebookで設定している画像がプロフィール写真として反映されます。

顔が写っていなかったり露出が多すぎるなど、少しおかしいなと思う画像である場合や、表示されているfacebookの友達の数が少なすぎる場合には、ハズレである可能性が非常に高いと考えましょう。

参考記事:withにサクラや業者の女性はいるの?見分け方と対処法について紹介

2.20代前半の女性とマッチングしやすい

数多くあるマッチングアプリの中でも、withは20代男性に一番向いています。

1つ目の理由は、同世代の女性の登録者数が多いことです。withの登録者で最も多いのは18~20代の女性で、関東だと20,510人が利用しています。

そして2つ目の理由として、より良い相手と無料でマッチングできるところです。withも他のマッチングアプリと同様に、無料でいいねをできる数は限られています。

しかし、withでは下記で述べるDaigoの相性診断イベントのように、無料でいいねできる機会が用意されていることや、そもそも真面目な出会いを探している人が多いため、マッチングできる確率が高いです。

マッチングアプリでは女性とのメッセージは有料が基本。せっかくマッチングしてメッセージのやり取りをするために有料会員になっても、相手がサクラや業者であった場合、無駄な出費となってしまうのです。

他のマッチングアプリでは、そのような怪しい相手だと気付かずにマッチングをして有料会員になるリスクが高いのに対し、withはFacebookと連携しているので怪しい女性を見抜きやすい上に、そもそもハズレの女性が少ないので、失敗するリスクを避けられます。

3.Facebookと連動しているけど、withを使っていることはバレない!?

withはFacebookと連動して個人認証をすることで、サクラや業者といった怪しい人たちが参加するのを防いでいます。

ただ、Facebookと連動していることで、フォロワーの知り合いにマッチングアプリを利用していることがバレたりしないか不安ですよね。

結果から言うと、連動していても使っていることがばれることはありません。それでも心配な方は、withには非表示設定というものがあるので活用してみると良いでしょう。

非表示設定は、この人には見られたくないという人だけを指定して、自分のプロフィールが検索結果に表示されないようにしたりと、そもそも登録していることが分からないようにする設定です。

もし知り合いかもという人を見つけたり、しつこくメッセージが来る人がいた場合には利用すると良いでしょう。

さらに、Facebookのフォロワーなど個人情報はwith内の検索結果には表示されないようになっているため、安心して利用することができます。

参考記事:Facebook婚活アプリWithは友達にバレない?休憩モードの活用法も紹介!

4.withの検索機能は、とにかく出会いのきっかけ作りに強い

withは女性を探すための検索機能が非常に充実している上に、無料で使える検索機能が多いのが嬉しいです。

withの条件検索では、年齢、居住地、職種、学歴、学校名、身長、タバコ、お酒、体型、年収、ログイン日、出身地、休日、登録日3日以内、結婚に対する意思、結婚歴、子供の有無といった細かい条件に合わせて女性を検索できます。

条件検索はどのマッチングアプリでもありますが、登録日3日以内の女性のみを絞って表示する機能など、他のマッチングアプリでは有料会員でなければできない機能が無料で使えます。

登録日3日以内の女性ということは競争相手が少ないということなので、マッチング率を高める検索機能が無料で使えるのは便利です。

また、基本的な条件とは別に、登録時に行う性格診断の結果の相性から相手を探せるのも魅力。性格診断の結果を参考にした相手とのマッチング率は非常に高いと評判です。

私自身実際に使ってみましたが、20人にいいねをして、3日以内に5人とマッチングすることができました。(個人差があります)

これまで、様々なマッチングアプリを使ってきましたが、マッチング率は非常に高いです。

5.新規会員が多い

withは他のマッチングアプリと比べても新規会員が多いです。3日以内に登録したユーザーを検索することが出来るのですが、なんと約1,000人の女性がヒットしました。

新規会員が多いということはwithの人気がどんどん高まっている証拠です。

さらに、新規会員の女性はいいねに返信してくれる確率が非常に高いので、男性はマッチングアプリを選ぶ際に新規会員の数を見るといいでしょう。

先述の通り、withは新規会員がかなり多いのでおすすめです。

まずはWithに無料登録する

3. 気になるwithの料金は?

withはオススメできる、とは言ってもやはり気になるのは料金システムです。利用料があまりにも高いと、有料会員として使うのをためらってしまいます。

ただ、withの料金はそれほど高くなく、利用しやすい金額設定です。まずは、無料会員と有料会員の違いから紹介します。

withは無料会員だと、メッセージの開封をすることができないことに加えて、メッセージを同じ人に1通しか送ることができません。また、女性会員が何人の男性からいいねをもらっているのか、つまり女性の競争率を知ることができないのです。

次に、有料会員になると、メッセージが送り放題になり、女性が何人からいいねをもらっているかを確認することができるようになります。さらに有料会員の中には、自分を検索の上位表示にしたり毎月もらえるいいねの数が増えたりするVIP専用プランがあります。

withは検索機能は無料で使えることや、相性マッチングのいいねを無料でできるなど、実際にマッチングするまでに使える機能が無料なのは大きな特徴です。

有料会員の料金は下記のように設定されています。

【クレジットカード決済】
1ヵ月プラン 2800円(一括2800円)
3ヵ月プラン 2600円(一括7800円)
6ヵ月プラン 2300円(一括13800円)
12ヵ月プラン 1800円(一括21600円)
1週間プラン 1300円(一括1300円)
Vip専用プラン 2800円(月額)
【iPhoneアプリ内課金】
1ヵ月プラン 3400円(一括3400円)
3ヵ月プラン 2933円(一括8800円)
6ヵ月プラン 2800円(一括16800円)
12ヵ月プラン 2066円(一括24800円)
1週間プラン 1400円(一括1400円)
Vip専用プラン 3400円(月額)
【androidアプリ内課金】
1ヵ月プラン 3400円(一括3400円)
3ヵ月プラン 3000円(一括9000円)
6ヵ月プラン 2800円(一括16800円)
12ヵ月プラン 2000円(一括24000円)
Vip専用プラン 3400円(月額)

さらにwithでは、いいねを送るためのポイントだけを買うこともできます。いいねは毎月30個無料でもらえるのですが、それでも足りない方はポイントを買い足さなければなりません。

ポイントの値段は以下の通りです。

【クレジットカード決済】
10ポイント 1000円
21ポイント 2000円
33ポイント 3000円
55ポイント 4800円
80ポイント 6800円
120ポイント 9800円
【iPhoneアプリ内決済】
10ポイント 1200円
21ポイント 2400円
33ポイント 3600円
55ポイント 5000円
80ポイント 6800円
120ポイント 9800円
【androidアプリ内決済】
10ポイント 1200円
21ポイント 2400円
33ポイント 3600円
55ポイント 5000円
80ポイント 6800円
120ポイント 9800円

これらを見てわかる通り、クレジット決済が一番お得な登録方法となっています。有料会員になる場合やポイントを買う場合にはクレジット決済をするのが一番よさそうですね。

また、無料会員か有料会員かに関わらず、プロフィールを書いたりすることで5~10ポイント付与があり、このポイントは「1ポイント=1いいね」として使うことができます。

他にも、イベントなどでは一日最大10いいねを押すことができたり、本日のピックアップなどで毎日5いいねができるなどのサービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

参考記事:Withの料金体系を紹介!他の手段よりもコスパが良い?

4. 実際に出会えた男性目線の体験談【準備編】

実際に女性と出会うためには、プロフィールの充実は必須です。

普段InstagramやTwitterのプロフィールを普段は簡素にしている人であっても、マッチングアプリの自己紹介だけは充実させましょう。

自己紹介文の書き方

プロフィールを作るにあたって自己紹介文というのはとても重要です。自分がどんな人なのか、どんな生活を送っているのか相手が想像した際に、悪い印象を与えないように正確に伝えましょう。

基本的に自由に書いてもらって構わないのですが、注意すべき点が2つあります。

1つ目は、あまり自己主張しすぎないことです。主張することは大事なことではありますが、主張しすぎてしまっては女性の方に警戒されてしまいます。

2つ目の注意すべき点は、丁寧な文章をつくるということです。乱雑な言葉遣いやいい印象をあたえない言葉をつかってしまっては、プロフィール段階でもう女性側が受け付けてくれなくなってしまいます。悪い影響を与えるような文章にはしないようにしましょう。

自己紹介は好印象を与えようと作るのではなく、自分のライフスタイルや、趣味を知ってもらうことで、相手への共感を得ることができる文章にしていくことが大切です。

また、withでは自己紹介を自動で作ってくれる機能や、人気会員の自己紹介文を参考にできる機能があるので、自分でうまく自己紹介を作れるか不安な方はこれらを利用するといいでしょう。

参考記事:Withでモテるプロフィールはこれ!いいねをゲットするコツを紹介

プロフィール画像選びのポイント

次にプロフィール画像ですが、こちらも基本的に好きなように撮ってもらって構わないものの、注意すべき点が3つあります。

まず1つ目の注意点は、異性が写っている写真は使わないということです。異性が映ってしまっていると、「この人遊んでそう」という悪い印象を与えかねません。

2つ目の注意点は夜遊びが激しそうな写真、ヤンキーなどと勘違いされそうな写真にしないことです。会ったこともないのに、あえてそういった男性とマッチングしようと思う女性はあまりいません。

3つ目は、男性なのでしない人が多いとは思いますが、写真は加工しすぎず、ナチュラルな表情のものが一番効果的です。

また、withではモテ写診断という、あなたのプロフィール写真を評価して改善点を提案してくれる機能があります。

自分のプロフィール写真が女性に評価されるものかどうか不安な人はぜひ利用してください。

参考記事:いいねが集まるwithのプロフィール写真の特徴とポイント

5. さっそく女性探し【実践編】

プロフィールを完成させたら、次は好みの女性とのマッチングを目指しましょう。マッチングするためにはひたすらいいねを送るだけでなく、Withならでは機能を有効活用しましょう。

ちなみに、どのような女性がいるのかというと、普通のOL、看護師、フリーターが多いようです。最近、どのマッチングアプリにも女性の職業は、看護師のような専門職が多いことが分かりました。

体型などは人によってまちまちですが、普通に生活するにあたって出会う人と同じくらいの比率と考えて良さそうです。

まずは良さそうな人に、ひたすらいいね!

withに関わらずマッチングアプリは、男性からいいねをしていくのが基本中の基本。まずは、条件検索や相性マッチングで見つかった女性のプロフィール写真と自己紹介文を見て、ひたすらいいねを送ってみましょう。 

Daigoの相性診断イベントは必ず参加して、無料いいねを送る!

いいねをしまくるとはいっても、いいねの使用には月に何度までといった制限があるので、好きなだけいいねできるかと言ったらそうではありません。

そこで、おすすめなのが1~2週間に1度開かれる、Daigoの相性診断イベントです。このイベントでは、性格診断を基にピックアップされた相性の良い女性に対して、無料でいいね、メッセージ付きいいねを送れます。

ちなみにメッセージ付きいいねはかなり効果的なので、活用すると良いです。

マッチングしたら、メッセージ開始

ついにマッチング!ということになれば、次はメッセージでのやり取りが重要になります。ここからは有料会員しか使えない機能です。

「こんにちは。初めまして〇〇です。よろしくお願いします」など、自分の情報が少なすぎたり、返事に困るようなメッセージを送っては、せっかくのマッチングも無駄になる可能性が高いです。

メッセージには1文ほどの自己紹介、「相手との共通点に興味を持ち、メッセージさせてもらいました」など、相手が返事をしやすい話題を入れることで、女性からの返信率が大幅に上がります。

下記のようなメッセージの具体例を参考にしてください。

「こんにちは、始めまして。普段は〇〇関係の仕事をしている〇〇といいます^^
〇〇さんのプロフィールの〇〇の趣味に共感し、メッセージさせてもらいました。」

完璧とはいえないですが、マッチング後のメッセージとしては、無難なものを使うと良いでしょう。

メッセージのポイントについてはWithでメッセージが返ってこないのはなぜ?デートまでの誘い方を紹介に詳しく紹介しているので、チェックしてみてください。

6. デートまでの流れは!?

メッセージを何週間かして、そろそろ会ってみたいなと感じたら、「今度ご飯食べに行きませんか?」と男性から誘うとスムーズに行きます。

デートが決まる前後で、デートする場所、好きな食べ物・嫌いな食べ物などはメッセージの段階でうまく聞き出して自分で準備しておきましょう。

加えて肝心なのは、お金の出し方です。お金を出す意思はプロフィールで事前に入力する項目があるので、プロフィール通りに暗黙の了解で進めるのが良いでしょう。

女性もそのプロフィールをみてデートをOKしてくれたはずですから、あとはプロフィール通りのお金の出し方でデートをすれば問題はありません。

デートの誘い方や当日に注意すべきことなどはWithでのデートを成功させるコツ!メッセージを使って好感度UPで紹介しているので、参考にしてみてください。

7. withの疑問を解決Q&A

セフレと出会える?

withでは、真面目に恋愛をしたい、真険な異性と出会いたい、という方が多く利用しているため、そういった目的の男性は女性からあまり気を引くことができません。

セフレが欲しいということであれば、withではなくYYCやハッピーメールのような登録者数が国内トップで、セフレや遊び相手探しをしたい人たちが多く利用するアプリに登録した方が良いです。

地方でも出会える?

マッチングアプリのイメージとして、都会の方が出会えるというイメージが持つ人が多いでしょう。実際、東京や大阪など大都市の方が出会える可能性は高いと考えられます。

現状、withの登録者は地方には数が少ないため、別のマッチングアプリを使うのが良いかもしれません。

バツイチ子持ちでも大丈夫?

バツイチ子持ちの方が、withを使うのはあまりオススメしません。バツイチや子持ちの方であれば、マリッシュのようなバツイチの人に特化したマッチングサービスがオススメです。

またペアーズ、Omiaiのように登録者数が多く、YYC、ハッピーメールよりも真剣な出会いを求める登録者が多いマッチングサービスの方が適しています。

マッチングアプリにはそれぞれに様々な特徴があるので、自分の状況に合ったマッチングサービスを利用することが大切です。

登録方法は?

withの登録方法ですが、Facebookにアカウントを持っていればとても簡単な操作で完了します。

公式サイトを開き、Facebookからはじめるというボタンを押します。アクセスの許可申請を求められるので、それに承認すれば登録完了です。

Facebookと連動することでプロフィール画像などの写真が共有されてしまうため、登録する前にFacebookアカウントをチェックし、整理しておいた方が良いでしょう。

まずはWithに無料登録する

記事の著者

出会い・モテの悩みをもっと見る