告白したのに断られた!?両想いなのに付き合わない12の理由

「両想いなのに付き合わない」普通に考えるとおかしいですが、実際にはよくあることです。

ではどういう理由から、両想いなのに付き合わないのでしょうか?相手と両想いかどうかは、慎重に見極めましょう。

色々な難関や問題を抱えながらも好きな気持ちは変わらない人もいます。今回は両想いなのに付き合えない人の特徴を見ていきましょう。

また、彼とより深い関係になりたいという方におすすめなのが「リビドーロゼ」という香水です。2人きりの時だけに使うなど、普段と違うムードを演出することであなたを女性として意識させることが出来ます。

ぜひ「リビドーロゼ」を使って、彼との関係をより深いものにしてみてください。

「リビドーロゼ」で彼との距離を縮める!

面倒だから

「面倒だから交際しない」というのが一番多い理由ではないでしょうか。そういった人は、一人のほうが楽だからという考えを持っています。

だれかと交際すると、時間や手間がかかり自分の時間が減るのは当然です。自分の時間を大切にしたい人は、好きだけど交際しないということを選択します。

関連記事:両想いかチェック!好きな人と両想いになるためには?男性が確信する瞬間も紹介

傷つくことを恐れている

どちらかが失敗して傷つくことを恐れるあまり、一歩進むことを拒否してしまうような人です。

結果交際に踏み出せず、その手前で諦めてしまいます。

考えすぎている

「本当に自分でいいのか?」「この人と将来結婚できる?」など色々と考えすぎてしまい、前に進めなくなるパターンです。

慎重で神経質な人ほど、この傾向にあります。考えすぎて何もできなくなってしまうようです。

親族の問題

本人達はお互いに愛し合っているのに、親や兄弟などの妨害や反対があったりして交際に発展しないパターンもあります。

親の相手に対するイメージが悪かったり、偏見などどんな理由でも親から反対されると、快く付き合うことって難しいですよね。

親からの理解が得られず、想いを寄せている相手に会うことや、連絡を取ることを禁じられてしまった場合、交際に発展することが難しいようです。

片想いのほうが楽しい

「恋愛は追いかけているほうが楽しい」、「うまくいってしまうと面白くない」という考え方をしている人がいます。

こういう人は、両想いになった段階で急に熱が冷めてしまい、交際に発展しないケースが多いです。

そもそも勘違いだった

「自分たちは両想いだ」そう思っていたが、最終的には自分の勘違いだった。これが一番悲惨かもしれませんが、実際には多い現象です。

二人の関係を考えてみた際、どうも相手も自分と同じように好意を持っているようだと思い込み、一歩進もうとしたところ、結局相手はこちらに好意を持っているわけではなかったというケースです。

相手に家庭がある

相手には家庭があって気持ちはお互いに両想いなのに付き合えないパターンです。

不倫や浮気に当てはまる行為ですが、二人の気持ちは好きで終わる事ができない関係に至ってしまっている時です。

受験などの時期

お互いに好きでも、受験勉強で付き合うのはやめておこうと決めているパターンです。

お互いに学業に励んで、それが終わってから付き合うこともあるかもしれません。とても大切な時期に恋愛に夢中になってしまったらいけないと自制しているのでしょう。

好きだけど喧嘩が多い

お互いに好きでも、付き合ってしまうと喧嘩が絶えないカップルもいます。そういったときに諦めて違う人を探すことも1つの方法です。

付き合ってはいないけど、一緒に過ごすことが多いので、周りからは付き合ってると誤解されてしまいます。そういってお互いに決めて関係を保つこともあるようです。

職場の関係

職場でも色々あり、お互いの関係が仕事に支障が出ないように両想いだけど付き合えないパターンです。

恋愛関係になれば、好きだけで済まないこともあります。上司と部下の関係だったり、職場に付き合っている事をうまく隠す自信がない場合などが考えられます。

遠距離になる

どちらかが遠いところに行くことが決まっていて、お互いに両想いなのにも関わらず、遠距離は無理だと諦めてしまっているパターンです。

好きな気持ちさえあれば乗り越えられそうですが、自信がないから付き合えない、と決めて関係をもつこともあります。

友達や家族の知り合い

お互いに好きなんだけど、友達の元カレや身近な家族だあったり、周りに知られたらびっくりされそうな関係です。

好きだけど、もし知られた時にどんな反応をされるのか怖くて付き合えないといった二人の禁断な関係でしょう。

まとめ

両思いなのに、告白しても付き合うところまでいけないいくつかのパターンを紹介しました。カップルとして成立するには、相手に「自分だけのものになってほしい」と思ってもらわなければなりません。

好きだけど、誰かに取られてしまったらそれまでだと思われている状態ではカップルとして付き合っていくのは難しいでしょう。

そんなときに役立つのが「リビドーロゼ」という香水です。この香水は男性ホルモンを増幅させる成分を配合していて、あなたに特別な意識を向けさせることができます。

自分を恋愛対象として意識させるには、見た目もそうです、やはり香りは大切なポイント。嗅覚は脳の記憶をつかさどる部分とつながっているので、ここを刺激するとあなたのことを「女の子」として意識するようになるといいます。

友達のままでいたいなんて言われないためにも、この香水を使って周りに差をつけてみてください。

「リビドーロゼ」で彼との距離を縮める!

Tags

ライター