ビクラムヨガは効果抜群!得られる9つの効果:適切な頻度は週2.3回!

ビクラムヨガは温度40度、湿度40%の環境と26種類のポーズ、2つの呼吸法で効率的に体を動かす事ができると評判のヨガです。心身の健康にとても良いと言われていますがどんな効果があるのでしょうか?

今回は、ビクラムヨガの様々な効果と体の変化を詳しくご紹介します。

ピクラムヨガをチェックする

目次

1. ビクラムヨガの効果

1.1 ダイエット効果

ビクラムヨガは、ダイエットに効果的なヨガとして有名です。室温が40度で湿度が40%以上という条件のスタジオで、90分間ヨガを行います。この室温や湿度の中で血行や新陳代謝が良くなるビクラムヨガを行うと信じられないくらい汗をかきます。

ビクラムヨガは、室温などの影響で体内が温まった状態で26種類のヨガのポーズを取り、独特の呼吸法を行います。これによって新陳代謝をさらに促し、インナーマッスルも強化する事ができるのです。インナーマッスルを鍛えると内臓脂肪が減少しやすくなります。

また、ビクラムヨガを行う事で、ウエストを細くする事も可能ですし、二の腕や太もも、ヒップのダイエットに効果的です。

ヨガですから、無理な運動はしませんし、誰でもできるダイエット法ではないでしょうか? ビクラムヨガはダイエット効果が高いホットヨガなので今までダイエットに失敗してきた方にもおすすめです。

1.2 柔軟性が高まり体の不調が治る

ビクラムヨガには、柔軟性を高める効果もあります。実際にビクラムヨガをすると、筋肉が伸び、股関節などが柔らかくなっていることに気が付く人が多いそうです。

ヨガというのは、元々ゆっくりな動きでポーズを決めて血流改善等を行う運動法になります。ビクラムヨガは、一般的なヨガと比べ、高温多湿のスタジオ内でヨガを行うので柔軟性も更に高まりやすいと言われています。

温かいスタジオ内で体をほぐし、筋肉を伸ばす事が柔軟性アップにつながります。ビクラムヨガで柔軟性がアップすると身体にどのような効果があるのでしょうか?

運動などをほとんどせず身体が硬いと、血行が悪くなり、肩こりや腰痛、頭痛などの原因になります。ビクラムヨガで柔軟性を高める事により、身体が柔らかくなるだけではなく肩こりなどの改善にも良いです。

更に股関節なども柔軟性がアップする事で動きやすくなり、歩いたり走ったりすることも苦ではなくなるのです。

柔軟性を高める事で運動がしやすくなり、身体がどんどん良いサイクルに変わります。特に日頃から運動不足を感じているような方は、足腰を鍛えるため、健康の為にもビクラムヨガで柔軟性を高めてみてはいかがですか。

1.3 内蔵機能を正常にする

ビクラムヨガの効果の中に内臓機能を正常にする効果が期待できることをご存知でしょうか?ヨガのポーズは、骨盤矯正に効果が高いと言われており、骨盤のゆがみを改善し内臓機能を良くする効果があります。

骨盤のゆがみが良くなることによって、特に腸の動きが活発になり排泄機能もアップし、しつこい便秘も改善しやすくなります。便秘が解消されることで、体内に溜まっていた滞留便が排出されやすくなり、ダイエット効果もあるでしょう。

また、便秘改善と新陳代謝のダブル作用で、肌がキレイになる美肌効果も高いです。実際に、ビクラムヨガ似通っている人の中には、通ううちに肌の変化に気が付く人もいます。

他にも、ビクラムヨガを行うと自律神経に作用してホルモンバランスが整いストレス発散にも効果的です。アンチエイジングや更年期障害、不眠症にもビクラムヨガは良い効果が期待できます。

ビクラムヨガは、体と心に良い効果があるヨガとして知られていますが、特に内臓には良い影響を与えるのです。内臓の働きに不安がある、便秘で困っているという人にもビクラムヨガをおすすめします。

1.4 冷え性・むくみ・便秘が改善

女性の中には、冷え性やむくみ、便秘などでお悩みの方も多いですがビクラムヨガで体の中からデトックスすることにより改善が可能です。

人は、それぞれの体質やエイジングの影響によって体内の機能が低下し、老廃物が溜まりやすくなることがあります。老廃物が体内に溜まると、更に体内の機能が悪くなり、冷え性やむくみ、便秘などの症状が悪化していくのです。

ビクラムヨガを行うと、ヨガのポーズや呼吸法によって、発汗を促し、新陳代謝を活発にします。特に呼吸法と腸を圧迫するようなポーズがデトックス効果に繋がるのです。

汗と一緒に老廃物が排出されるだけではなく、腸が動くことで排泄機能が高まり、便通が良くなって体に溜まった老廃物や毒素が体外へ排出されます。初めて、ビクラムヨガをすると大量の汗に驚く人もいるのですが、実はレッスン後の尿意や便通に驚く人も多いです。

他にもビクラムヨガをすると、新陳代謝が活発になることで基礎代謝が上がり基礎体温も上昇するでしょう。基礎体温が上がることで冷え性が改善され、血のめぐりが良くなり、むくみ防止になります。

ビクラムヨガでデトックス効果を上げれば、女性特有の冷え性やむくみ、便秘に効果的です。

1.5 怪我のリスクの低下

ビクラムヨガの効果には、スポーツをされる方に嬉しいものがあります。ビクラムヨガでは、普段使わないような筋肉や股関節をポーズを取ることで動かします。

また、ビクラムヨガの呼吸法によって新陳代謝が良くなり循環機能が向上し骨密度が増加します。骨が骨密度アップで強くなる他、筋肉全体のバランスも良くなるのです。

骨が強くなれば骨折を防ぐことができますし、筋肉全体のバランスが良くなることで筋や関節を傷めにくくなります。ビクラムヨガを続けることで、骨や筋肉などの身体内部のシステムが強くなり怪我のリスクが減るでしょう。

更に、ビクラムヨガは、高温・湿度40%以上の環境でヨガをすることにより体が温まり、基礎体温が上がります。基礎体温が上がり、基礎代謝も良くなることで怪我からの回復時間も短くなるのです。

スポーツ選手など、怪我のリスクが高い人、怪我をしてしまった人は、ビクラムヨガで怪我のリスクを低下させ、回復を早めることができます。

1.6 ホルモンのバランスが整う

女性は、体内で定期的に女性ホルモンなどの分泌があることで、肉体的にも精神的にも良い状態を保つことができています。しかし、ストレスや年齢、病気などの原因によりホルモンバランスが崩れてしまうことがあるのです。

ビクラムヨガを行うと、ホルモンバランスの乱れを正常化し整えます。ビクラムヨガの呼吸法は、脳や肺などに酸素をたくさん送ることができ、血流改善に効果的です。

血流が改善するとホルモンバランスが整い、頭痛や不眠、更年期障害やうつ病予防に効果が期待できます。

1.7 姿勢がよくなる

スマホ首や長時間のパソコン、長距離のドライブなど、現代人は姿勢が悪くなってしまう原因が多く、姿勢が悪いことによって体に悪影響を与えています。

ビクラムヨガを行うと、26種類のヨガのポーズによって、背骨が伸び、骨盤が正しい位置に納まるのです。背筋が伸びれば、骨の近くにある筋肉も引き締まり、だんだん姿勢が良くなります。

ビクラムヨガをすると、猫背が治る、O脚などが良くなるのもこのためです。姿勢が良くなれば、血行改善や基礎代謝の向上が期待できます。

体全体のバランスや骨盤を矯正するポーズがビクラムヨガには含まれていますので、温めながら筋肉を伸ばして姿勢を良くしましょう。

1.8 ストレス解消

ビクラムヨガは、体だけではなく心も健康にしてくれる運動で、ストレス解消にも効果的です。

スタジオ内でのレッスンは、26種類の決まったポーズと2つの呼吸法を実践していくので、ヨガ以外のことを考える余裕がありません。

次のポーズに集中することで、脳からリフレッシュすることができ、精神的にも開放感を味わえます。

ビクラムヨガの後半からは寝た状態のポーズをとり、呼吸法で始まって呼吸法で終わる為、心に余裕が生まれるでしょう。ストレス解消だけではなく、リフレッシュ感や達成感、爽快感をビクラムヨガで経験できます。

1.9 集中力が増加する

集中力を鍛えたいという人にもビクラムヨガはおすすめです。ビクラムヨガでは、ポーズを2回ずつ行います。

2セットずつになっているので、1回目のポーズが判らなくても大丈夫です。慣れてくると、毎回同じポーズをとるので、周りを見なくても次がわかるようになります。更に集中力がアップして、90分のレッスンが終わる頃には集中力と忍耐力が養われているのです。

ビクラムヨガを続けている人なら90分のレッスンでも集中して長いと感じなくなります。
ある程度ポーズを覚えておくと、レッスン中に周りを見ず集中することができるのでおすすめです。

レッスンの前に下の関連記事で一度ポーズを確認してみてもいいかもしれません。

関連記事:ビクラムヨガの26種類のポーズと2つの呼吸法を徹底解説!

2. ビクラムヨガによって起こる体の変化

ビクラムヨガを行うことによって、体では様々な変化が起こっています。身体の中では何が起こっているのでしょうか。ほんの一部ですが、ご紹介します。

2.1 酸素の吸収率が増加

ビクラムヨガで最も重要だと言われているのが1つ目の呼吸法である肺呼吸です。

「多くの人は肺の能力の50%までしか使用していない」とビクラム氏は言いました。

他の筋肉と同じように、肺もまたより多くの酸素を取り込めるようによりストレッチされなければならないそうです。呼吸法を練習することで、血液循環を向上させると同時に、酸素の吸収率を増加させることができるといいます。

2.2 病気予防、健康促進

室温が40度、湿度が40%以上のスタジオ内でビクラムヨガを行うと血液循環がとても良くなります。

大きく深呼吸ををしながらポーズをとることで、体の一部分が緊張し、一時的に循環をストップさせ、その後ポーズを変えることで開放する感じです。

このようなポーズや呼吸を繰り返すことで血液循環が良くなり、内臓や脳、体の隅々まで酸素がいきわたります。血液循環が良くなると、体に溜まっていた老廃物や毒素が体外へ排出され体が軽くなるでしょう。

血管系や心臓などの循環器系の病気予防にもビクラムヨガは効果的です。
血液循環が良くなることで健康促進にも役立ちます。

2.3 骨が強くなる

ビクラムヨガをすると骨が強くなる効果が期待できます。ヨガのポーズを取りながら深く深呼吸することで骨にカルシウムが定着しますし血液循環が良くなるでしょう。

ビクラムヨガを続けることで新陳代謝が良くなり、骨組織を作る骨芽細胞の働きがアップして骨が作られやすくなるのです。

2.4 老廃物が外へ

クラムヨガは、ヨガのポーズをとることで体の様々な部分を動かすことができ、リンパの流れも活発にします。リンパが体内に流れると効果的に白血球が全身に送られ、体の老廃物が洗い流されるのです。

老廃物が体内の血管から減ると、血液細胞がめぐりホルモン分泌を促したり、色々な健康効果が期待できます。ビクラムヨガでリンパを流し、体の中から健康機能を高めましょう。

3. 効果的な頻度は週2.3回

ビクラムヨガを始める時に、どれくらいの頻度で行けば効果的なのか?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?効果的なビクラムヨガの頻度は、週に2回から3回だと言われています。

ビクラムヨガでも初めてなら週2回くらいを勧められるでしょう。短期間でダイエットなどを目指しているなら週3回が良いという場合もあります。

自分がビクラムヨガでを行うことでどのような目的を持っているかで回数を変えても良いでしょう。多忙で週2回ビクラムヨガに通えないならば、最低でも週1回の頻度で通うと効果が出やすいです。

ビクラムヨガは大変ハードなため、長年通っている人でも少し期間が開いてしまうと座り込んでしまうこともあるのだとか。定期的に通うことをおすすめします。

4. 効果が出る期間は3ヶ月~

ビクラムヨガに通えば、体にも心にも様々な効果が期待できますが、効果が出るまでの期間はどれくらいでしょうか?目安としては、週2回のビクラムヨガのレッスンで3ヶ月ほど通うと様々な効果を実感できます。

週3回なら、更に早くビクラムヨガの効果を実感できるでしょう。ビクラムヨガのレッスンが週1回ならば、5ヶ月くらいは通わないと効果を感じられないかもしれません。

効果の一例として体質改善効果があります。むくみや不眠、便秘、冷え性の改善にビクラムヨガは効果的です。3ヶ月や5ヶ月という期間で終わるのではなく、続けることで多くの効果を実感できるようになります。

5. 短期間で得られる効果

温度40度、湿度40%の環境でヨガをするビクラムヨガは、短期間で効果を得る事ができると評判です。特に、90分のレッスンをやり切った時の爽快感や達成感はすぐに感じられるようになります。

レッスン中は、大量の汗をかきますが、終わった後は今まで味わったことがない程、爽やかな気持ちになる人も多いです。爽快感や達成感の他にも、ストレス発散効果は短期間で感じることができます。

1回のビクラムヨガで500gから1kgくらい体重が落ちる人もいるので、ダイエット効果も短期間で感じられるでしょう。美容目的でビクラムヨガを始める方もかなりいるそうです。

また、睡眠不足、便秘、関節の痛みがなくなったという口コミもありました。

ビクラムヨガは続けることで、たくさんの効果が期待できます。ぜひ、一度体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:ビクラムヨガの評判・口コミを検証:気になる臭いは?これを見れば体験レッスンへの不安はゼロ!

ピクラムヨガの体験をする

Tags

ライター