同期の出世を素直に喜べない時の対処法:嫉妬を認めることも大切

同期が出世した時、あなたは素直に喜ぶことができるでしょうか。

素直に「おめでとう!」と、祝福できる人もいます。しかし、嫉妬してしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は素直に喜ぶことができない原因と対処法をみていきます。

素直に喜ぶことができないという人は、ぜひ、今回紹介する対処法を実践してみてください。

人の幸せを素直に喜べない原因について

人の幸せを素直に喜ぶことができない原因は、主に2つ考えられます。

劣等感を持っている

人は本能的に、平均よりも上でありたいと思うものです。そのため自分が平均よりも下であるという事実に直面してしまうと、劣等感を抱くようになってしまいます。

自分よりも優れている人を見ると、劣等感を感じてしまうという人は多いのではないでしょうか。

人は自分が劣っていると思う反面で、成功している人を見ると劣等感を感じてしまい、素直に喜ぶことができなくなってしまうのです。

価値観が凝り固まってしまっている

「~であるべきだ」と考えが強すぎてしまう人がいます。「サラリーマンとして働いているのだから出世するべきだ」と思うのでしょう。

こうあるべきと強く思いすぎてしまうため、できない自分に対しストレスが溜まってしまうのです。

自分よりも先に同期が出世してしまうことで、ストレスを感じてしまい素直に喜ぶことができなくなってしまいます。

人の幸せを素直に喜べない時の対処方法

同期が出世するということは喜ばしいことです。しかし、喜べない時もあります。どのように対処していけばいいのでしょうか。

劣等感を捨てる

人は人、自分は自分という考えを持つようになれば、人の幸せを素直に喜ぶことができるようになるでしょう。

劣等感はそもそもなぜ起こるのか、人はその人の一部分だけを見て劣等感を感じています。

同期が出世した場合、同期が出世したということしか見ていません。しかし、人には必ず影と光があります。誰しも良いところばかりではないのです。

また、何かを得ると何かを失ってしまうのです。世の中必ずそういう風になっているのです。

それを理解するようにすると、劣等感を感じることがなく、素直に同期の出世を喜ぶことができるようになるでしょう。

価値観を広く持つようにする

「~であるべきだ」という考えを捨てるようにしましょう。出世しなかったから駄目だということはないのです。

同期が出世したことで、出世できない自分にストレスを感じてしまうのは、とてももったいないです。出世だけが成功とは限りません。

「~するべきだ」という考えを捨てると、他人の幸せを素直に喜ぶことができるようになるでしょう。

素直に喜べないのは嫉妬しているからだと理解する

同期は仲間でありライバルです。そのため同期の出世を素直に喜ぶことができない人も多いでしょう。

なぜ喜ぶことができないのか、それは嫉妬しているからです。サラリーマンとして出世を目指す人は多いです。

そのため、先に仲間が出世してしまうことで嫉妬してしまうのです。

しかし、仲間の幸せは嬉しいことです。素直に喜べない自分にいら立っている人は、まず嫉妬していることを認めましょう。

認めて、次は負けないという思いを持ちましょう。まず嫉妬していることを認めることで、素直に「おめでとう」と、言えるはずです。

嫉妬を認め、素直に喜ぶことができる人は、同期の出世を自分の頑張りのバネにすることができるでしょう。

仕事の悩みをもっと見る

記事の著者