職場で仲間はずれにされた時の対処法7選:必ず相談しよう 

職場は1日の中で多くの時間を過ごす場所です。職場での仲間はずれは人生に影響するほどの辛い出来事になりかねません。

また仲間はずれと言うと、学生など若い人特有のものだという考えもあります。しかし事実として、職場の仲間はずれが原因で退職に追い込まれたり、鬱になってしまったりすることは珍しいことではないのです。

今回はそんな職場で仲間はずれにされた時の対処方法について紹介します。

職場環境は変わらないことが多いので、転職を考えたほうがいいかもしれません。エグゼクティブ向けの転職サイト「ビズリーチ」なら、7600もの求人から自分にあった企業を探すことができます。簡単に無料会員なれるので、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチに無料会員登録する

職場で仲間外れにされた時の対処法

仲間はずれにする人というのは、大体が自分の承認欲求を満たすためにターゲットを決めるものです。その人の悪口を言ったり、無視したり、グループに誘わなかったりします。

そのように職場で仲間はずれにされると憂鬱な気分になり、視野も狭くなりがちです。そんな時、どのような対処法が有効なのでしょう。

原因を探る

まず原因はどこにあるのか考えてみましょう。自分に非はなく理不尽に仲間はずれにされているケースがほとんどです。しかし、自分の振る舞いや対応などが原因となっている場合も考えられます。

態度を変えない

仲間はずれにされている人は辛い気持ちが態度に出てしまうことが多いですが、それは相手の思うつぼです。

辛い気持ちは変わらないかもしれませんが、仲間外れに反応すると、その人の承認欲求を満たすだけです。仲間はずれにされても割り切って接していれば、次第に飽きる可能性が高いです。

仕事に徹する

弱い犬ほどよく吠えると言いますが、自分の力を誇示したい、自分が影響力のある人物だと示したい、などの気持ちがあなたを仲間はずれにするという行動に現れているのです。

実際、仲間はずれにするターゲットは変わりやすく、自分の力を誇示できさえすれば、相手は誰でも良いのです。

つまり、気にせずにしっかり仕事をしていれば、周りからはちゃんと評価されるので仲間はずれにされることはなくなるでしょう。

上司に相談する

職場での人間関係は仕事の生産性に影響します。部下の職場環境を整えることも上司の役割の一つです。遠慮することなく上司に相談しましょう。ただし、上司が仲間外れの首謀者である場合は他の方法を考えましょう。

外部機関に相談する

同じ会社内の人に相談しても、環境によってはなにも改善が見込めない可能性があります。特に上司となる人物がそこまで問題意識を持ってくれない場合です。

その際は外部の意見を聞くというのも1つの方法となります。客観性を持って、話を聞き対処してくれるはずです。

転職する

残念なことに、仲間はずれなどのいじめが常習化しているような職場環境があることは事実です。組織的に仲間はずれを見逃しているような職場では、周りを変えることは容易ではありません。その際は思い切って転職を考えてみましょう。

自分1人でなんとかしようとしない

仲間はずれは集団的なハラスメントです。自分1人で対応しようとすることは無理があります。しかし仲間はずれに合うと、人に対する不信感と自分を攻める気持ちから視野が狭くなってしまいます。辛いと感じたら1人で抱え込まずに、必ず他の人に相談しましょう。

仲間はずれを含めて「いじめ」はもはや社会的な問題です。社会問題に関しては行政が力を貸してくれます。周りに頼れる人がいないように思えても、一緒に考えてくれる人は必ずいるはずです。

それでも改善されない場合は転職や休職など、自分を守る方法をとりましょう。

転職を考えている方へ

職場で仲間はずれにされていて上司に言っても改善されない場合は、職場環境を変えるのが良いでしょう。

7600の優良企業が求人を掲載しており、自分にあった企業に直接連絡を取れたり職務経歴に合わせてヘッドハンターがスカウト、面接をセッティング、面接対策もしてくれます。

年収600万以上の求人がほとんどなので、高収入で役職付きの仕事を探している方におすすめです。

無料で会員登録ができるので、ぜひチェックしてみてください。

ビズリーチに無料会員登録する

Tags

ライター