良好な人間関係を構築する5つの心構え:価値観の違いを受け入れよう!

良好な人間関係というのは誰もが望みながら、実際に築きあげることは難しいものです。良好な人間関係を構築していても、些細なことがきっかけで人間関係が崩れてしまうことも多々あります。

例えば、仲の良い友達同士であっても恋愛や家族のことなど、プライベートなことに友達を介入させたくない人もいるでしょう。

しかし友達だからと言って、プライベートを打ち明けないことを責めたら、友達は人間性を否定されたような気持ちになってしまうかもしれません。

例のように友達と価値観の違いに気付いたとき、関係を崩さずに上手く仲良くいるためにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、良好な人間関係を構築するための5つのポイントをまとめました。

1.悪口を言わない

悪口を言わないのは人間関係において鉄則でありながら、なかなか難しいというのも事実です。特に女性は、悪口に同調することで団結することもあります。

悪口は一緒に言ったり、張本人を批判したりするのではなく、軽く受け流すことを徹底しましょう。

2.相手の良いところを好きになる

人間関係は他人との関わり合いです。良好な人間関係を築くには、相手のことを好きになるのが近道だと言えます。相手に関心を持つときの、好きという感情を持つことが大切です。

相手の良いところ探しをすると、相手のことを好きになりやすいでしょう。「Aさんは毎日元気に挨拶をする」、「Bさんは仕事熱心で尊敬できる」などたくさんの良いところを見つけると、知らないうちに相手のことを好きになり、人間関係がより良好になります。

3.必要以上に踏み込まない

前の見出しでは相手を好きになろうと書きましたが、ベタベタするような関係を目指すことではありません。親友や彼氏であっても、相手は他人。価値観は違って当然なのです。

自分にとって良かれと思ってしたことでも、相手にとっては迷惑だったという話をよく聞きます。必要以上に踏み込むと、こういった摩擦やズレが生じやすくなるものです。お互いがちょうどいいと感じる、適度な距離をもつことを心がけましょう。

4.無理をしない

相手に好かれようとするばかり、自分を犠牲にしていませんか?良好な人間関係を構築するには、自分の心の声に耳を傾けることが大切です。

たしかに気遣いができたり、相手のことを考えられることは素敵なことでしょう。しかし何かを我慢したり、犠牲にするのであれば、それは良好な関係とは言い難いです。時には一人の時間を設けて一息つき、自分の声を聴いてみましょう。

5.相手を受け入れる心を持とう

先述した通り、人間関係の対象となるのはほとんどが他人で、価値観が違います。ですから、いくら良好な人間関係であっても時に違和感を感じることは珍しくありません。

もし違和感を感じて価値観が違うところに気が付いても、自分の価値観を押し付けるのではなく、一歩引いて物事や相手について理解を示すことが必要です。

しかし、これは容易なことではありません。人間関係全般に言えることですが、心の余裕が人間関係を支配します。自分が主張すべきところは主張をしながら、相手を受け入れようとする姿勢こそが、良好な人間関係の構築へ繋がるのです。

Tags

ライター