職場の人間関係が最悪な理由と対処法:共通の話題を見つけて改善しよう

職場の人間関係が嫌で悩む人はとても多いです。特に、本当にどうしようもないくらい最悪な人間関係だと、仕事に行くのも嫌になってしまうでしょう。

働くうえでのモチベーションに関わるくらい、職場の人間関係は大事なものです。逆を言えば、人間関係さえうまくいけば仕事がやりやすくなることは間違いないでしょう。

で職場の人間関係が最悪なときはどうすれば良いのでしょうか。まずは理由と、人間関係をうまくいかせるために実践しておきたい対処法について、以下で紹介していきます。また職場の関わりが辛すぎて仕事に行くことが難しくなったら、無理に続けず、転職するのもよいでしょう。リクルートエージェントは業界でも1,2位を争う規模の転職サイト。初めての転職でもエージェントが丁寧にアドバイスをしてくれるから安心です。

リクルートエージェントに無料で会員登録する

職場の人間関係が最悪な理由

職場の人間関係が最悪な理由として、以下のことが当てはまりますか?振り返ってみましょう。

皆仕事に追われてピリピリしている

職場の人間関係が最悪な理由の一つとして、皆が仕事に追われてピリピリした空気が出来上がっていることがあげられることもあります。

仕事がとにかく忙しい職場だと、全員が仕事をしなければという気持ちで精神的に余裕がなくなり、人を褒めたり、助け合ったりする空気ができにくくなります。

それどころか、仕事がうまくいかないことを他の人のせいにしたりなど、何かとギスギスした雰囲気になってしまうことが多いのです。

「おつぼね」がいる

どこの職場にも、一番の古株で発言力を持っている人はいるものです。

そんな「おつぼね」的存在の人の性格が悪かったり、気分屋だったりすると、周りの人はその人の醸し出す空気にのまれてしまうことが多くなります。

すると、その人の機嫌次第で周りが動くようになってしまい、職場仲間同士で仲良くすることも少なくなりがちです。

気が合わない人が多い

単純に職場に気が合わない人が多いという場合も少なくありません。

性格が合わない人、話が合わない人、年齢がかなり離れている人が多いなど、相性が良くない人ばかりで職場が構成されてしまうと、職場の人間関係が最悪に思えることは多いです。

職場の人間関係に疲れたと感じるタイミング

職場での人間関係に疲れたと感じたことはありませんか?それは、どんな時か考えてみましょう。

人間関係がうまくいかないせいで仕事をミスしたとき

人間関係が災いして、仕事でミスをしてしまうことはよくあることです。職場仲間とうまくいかなかったせいで、仕事でも結果が出せず上司には怒られたりすると疲れてしまうでしょう。

職場では多くの人が関わって仕事をするのが当たり前です。だからこそ、人間関係が円滑に回せていないと仕事に支障が出てくることが多いのです。

先輩や上司に媚びへつらうとき

職場での上下関係が厳しいところでは、常に気苦労は絶えないものです。特に自分の出世を気にすると、上司や先輩に媚びへつらうことに必死になってしまいます。

ふと我に返った瞬間、いつも上の人に対して媚びている自分に嫌気が差す瞬間はあるはずです。

上下関係を気にして自由に動けないことに窮屈さを感じるとき、職場の人間関係には疲れたと思ってしまうでしょう。

同じ人としか接しないことがつまらなくなったとき

特に小さな会社ではよくあることですが、毎日同じ人としか接しなくなることは多いものです。

するとある時突然、いつも同じ人としか接していない刺激の無い毎日が嫌になってしまうことがあります。

飽き性の人や、常に刺激をどこかに求めていたい人にとっては、同じ人としか接しない変わり映えのない毎日が疲れたと思うこともあるでしょう。

職場の人間関係が最悪なときの対処法

なかなか、職場の人間関係を変えるのは難しいですが、自分次第で少しはマシになる場合もあります。以下の対処法から自分に合うものを見つけ出しましょう。

まずはストレスを認めましょう

頑張り屋さんの人ほど、自分が抱えているストレスを認めない傾向があります。

しかし、その積み重ねが良くない結果に繋がるということは、あなた自身もよく分かっているはず。

まずは自分がストレスを抱えているという事実を認めましょう。それだけで心が楽になることもあります。

相手を変えようとせず、自分自身を変えること

「取引先や上司、後輩が自分の思うように行動してくれない」そんな不満を抱えている人は多いと思います。

でも、他人が自分の思い通りにならないのは当たり前の事。コントロール出来ないことにイライラしていても仕方ありません。

まずはやる気次第でどうとでもなる、あなた自身を変えるように意識してみましょう。これだけで相手に対するストレスはかなり軽くなるはずです。

職場のストレスを何かに書き出す

「何かに書き出す」という行為は、ストレス解消のための有効な手段として知られています。

書くことで頭と心の整理が出来ますし、今まで見えなかった問題点に気が付くこともあります。

日記やブログなどに日々の心境を書き留めておいたり、匿名のSNSにひたすら愚痴を書きなぐるという方法も有効です。

媒体は何でも構いません。心の中にあるモヤモヤを書き出してみましょう。

人にあたりそうな時は、軽い運動を挟みましょう

職場で頭に血が上りそうになることもあるでしょう。そのような時は、人に当たり散らす前に身体を軽く動かしてみましょう。

人間の自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経が優位な時にイライラが起こります。

軽い運動は副交感神経を刺激し、交感神経を落ち着かせます。そのため、ちょっと身体を動かすだけでも、イライラを解消することが出来るんです。

職場のまわりのウォーキングや、身体を軽く捻るだけでも効果はあります。負担にならないものから始めてみてください。

身近な人に相談をする

会社の親しい人でも、上司でも、会社外の友達、家族、自分の話を真摯に聞いてくれる人に相談しましょう。相談するだけで、気持ちが整理されてあまり重く考えすぎないこともできます。それだけで、ストレスが解消されることもあります。

親しい人が周りにいることを実感すれば、職場での人間関係を仕事と割り切ってもっと楽に気にすることなく過ごせるでしょう。

また、職場の人に相談内容が漏れてしまうのが心配な場合は、第3者のカウンセラーなどに相談を持ちかけるのも良いかもしれません。

親しい人とだけ接する

職場に一人でも親しい人がいるのなら、なるべくその人とだけ接するように心がけるだけでも違うでしょう。

どう対策しても気が合わない人というものはいるもので、無理に仲良くしようとしても失敗して空回りしてしまうことも多いはずです。

ですが、一人でも親しく出来る職場仲間がいるなら、その人と会話をすることを楽しみに仕事を頑張ることもできるでしょう。

あまり無理して気が合わない人と付き合おうと、躍起にならない方が気が楽なことも多いです。

共通の話題を見つけて仲良くなる

まれに自分ばかりが勝手な苦手意識を持って、職場の人に接していっていないからこそ、人間関係が最悪だと思ってしまっている場合があります。

少しでも話ができそうな人がいる場合は、なるべく共通点を見つけて仲良くなる努力も忘れないようにしておきたいところです。

出世や人脈にこだわるのをいったんやめる

上下関係を気にして先輩や上司に媚びを売ってばかりの人は、自分の人脈や立場を気にしすぎてしまっているかもしれません。

そのせいで疲れてしまっているのでは、そもそも仕事がうまくいかなくなってしまう可能性すらあるでしょう。

一度、出世や人脈などにこだわるのを一旦やめて、自由に仕事ができるよう自分を解放してあげるのが効果的です。

あまりにひどい時は転職も視野に

あまりに職場の人間関係が最悪な場合は、はっきり言って仕事を辞めることも本気で考えた方が良いでしょう。

上でも触れたように、人間関係が最悪だと、そもそもの仕事のモチベーションが上がらないことにも繋がってきてしまいます。

嫌なところにずっといても精神衛生上よくないことも多いです。転職してより良い職場を探すことを視野に入れても良いでしょう。

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数で、その数およそ10万件。必ずあなたにぴったりの転職先が見つかるはず。また転職が初めてで不安という方でも、プロのアドバイザーが、あなたの職歴や経験などから、年収アップにつながりそうな求人を見つけてくれます。登録は簡単なので、ぜひこの機会に登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントに無料で会員登録する

記事の著者

職場の悩みをもっと見る