体臭を消すことで素敵な出会いを見逃している!? 匂いで相性のいい異性が分かる!

好きな人の匂いを嗅ぐのが好きな方って多いですよね。また、逆に匂いから相手のことを嫌いになる方も多いのではないでしょうか。

実は、匂いには異性との相性を判断し、強い子孫を残すための重要な役割が備わっているのです。

今回は、男女関係における匂いの重要な役割についてご紹介します。

わきが・臭い匂いが気になる方はこちらをチェック!

1.匂いは異性の魅力をアピールする重要なフェロモン

匂いというのは、重要なフェロモンの一種です。特に動物にとって、フェロモンは、異性に自分の魅力をアピールする重要な要素。

動物たちは匂いで、相手が魅力的な異性なのか、自分との相性はどうなのかなど、様々な情報を入手し、パートナーを選ぶための重要な判断材料にしています。

つまり匂いとは、生き物にとって自分と相手の相性を見極める、重要な鍵なのです。

ただ、日本人の場合、年々潔癖傾向が強まり、日頃から口臭・汗の匂い対策に余念がなく、欧米人に比べるとあまり異性の体臭にフェロモンを感じるという傾向は、少ないかもしれません。

そもそも、体臭そのものに不快感を覚える潔癖傾向の人が多い印象さえあります。

そのため、動物の世界でも見られる、体臭で相性を判断することや、体臭で相手に性的魅力を感じることがなかなか難しいかもしれません。

しかし、好きな相手の体臭なら許せる人も多いのは事実です。

2. 匂いは重要な恋愛遺伝子を持つ

人は誰しもが、匂いの元となるHLAという免疫情報を持つ組織を持っています。

このHLAは数万通りもあると推定されており、これまでの数多くの研究によると、人は自分とはかけ離れた異なるHLAタイプの匂いにより惹きつけられることが判明しています。

なぜなら、異なる免疫情報を持つ者同士の間には、それだけより強い子孫が生まれる可能性が高いからです。

3. 匂いは強い遺伝子を残すための判断材料

自分とあまりに近い免疫情報を持った相手との子供には、遺伝子の異常や衰弱が起こりやすくなるというのは、広く知られています。

そのため、匂いは自分と近過ぎる免疫情報を持った相手を避け、無意識的に近親相姦のリスクを回避しているのです。

4. 匂いが嫌いになったら愛が覚めた証拠

人は一度相手の匂いが嫌だと思うと、それまで許せていたことの全てが許せなくなってしまうこともあります。

それまでは好ましく思っていたはずのパートナーの匂いを嫌う場合、もうその恋人や夫婦間には、相手の匂いを許容できる程の愛が、存在していないということを物語っているのかもしれません。

異性の匂いは、お互いの相性や愛情度など、二人の関係を計る重要なバロメーターとも言えるのです。

まとめ

体臭というのは、自分の異性としての魅力を表わす重要な要素です。そしてまた、自分と相手との相性を遺伝子レベルで判断するものでもあります。

「この人の匂いは好きだ」と感じたら、きっとその彼とは相性がいいはず。

ただし脇や汗の臭いなどで酷い体臭を放置してしまうのは絶対にNG!本来の体臭までをも消してしまう匂いはきちんとケアしましょう。

わきが・臭い匂いが気になる方はこちらをチェック!

Tags

ライター