新しいママ友を作る方法:おすすめの場所や話しかけ方、注意点など!

人と付き合えば、ときには意見の相違やトラブルも付き物です。

でもそれ以上に、育児の悩みや苦労を共感し合ったり、助け合ったりできるママ友はありがたいですね。

今回は、新しいママ友を作るためにおすすめな場所や、話しかけ方などを紹介します。

ママ友を作れる場所

じっと待っているだけでは、ママ友はやってきません。

心地よいママ友をつくために、まず子連れのママさんに会う方法を確認しましょう。

子育て支援の機関やイベントをチェック

ママ友をつくるには、まずはいろいろな場所へ参加してみましょう。ショッピングモールなどの有料の遊び場でなくても、無料で参加できる所もたくさんあります。

子育て支援センターもありますし、地域の情報誌などからも、図書館や公民館、学習センターなどのイベント情報を得られます。

実際に、子育て支援センターや図書館や公民館などの掲示板にも様々なイベント案内が出ています。

ママが集まる場所へ足を運ぶ

子育て支援の場所やイベントなど、場所や時間が分かれば、後は足を運ぶだけですね。

育児サークルに参加したり、公園へ連れて行ったり、ママが集まる場所へ出向きましょう。

始めは子どもと参加しているだけだと思いますが、いろいろなママと出会うことで、徐々に顔見知りができたり、話をするようになったりします。

一か所だけでなく複数参加できると、出会いの幅も広がりますね。

園で親しい子ども同士近づく

サークルやイベントなどに参加しても、なかなかママ友までには発展しなかったママにも、チャンスはまだまだあります。

幼稚園や保育園へ通うようになれば、自然に子ども同士のお付き合いが増えてきます。

子どもが話よく遊んでいる友だちのママに声をかけてみるのも良いでしょうね。

実際にママ友を作る方法

ママさんが集まる場所にいるだけでは、新しいママ友を作ることはできません。

どうやって話しかければ良いのかなど、実際にママ友を作る方法について紹介します。

合言葉

「お子さん何ヵ月(何歳)ですか?」

ママ友を作りたくてもなんと話しかけていいものか考えてしまいますよね。

悩んだらまずは「お子さん何ヵ月(何歳)ですか?」です!
これはママ友作りの合言葉みたいなものです。
最初の声かけはとりあえずこの一言でOK!

まずは勇気を出してこの合言葉を言ってみて下さい。

それでも声がかけずらい時は

ママ友は欲しいけど、どうしても声がかけずらいなら笑顔で会釈するだけでも充分です。
そうすると相手から「こんにちは!」と声をかけてくれることも!

また、ママさんに話しかけるのではなくお子さんに話しかけるのも1つの手段です。
お子さんに話しかけることで、ママ同士で会話が始まることもあります。

どんな会話をしたら良いの?

そう難しく考える必要はありません!

「こんな時どうしてる?」と育児の不安や疑問を話題にしてみてください。
「私は○○をしている。」「うちは○○を使っていてオススメ!」などと自然と会話も弾んできます。

同じくらいの月齢や年齢の子供のママなら欲しい情報が似ているので、育児の疑問や悩み、役立つ育児グッズなどの情報交換をするくらいの軽い気持ちで会話を始めてみて下さい。

新しいママさんに話しかける時の注意点

ママさん同士と言っても初対面の大人同士です。ママ友作りのために知らないママさんと話す際に気をつけて欲しい注意点について紹介します。

相手の様子を聞くことから

気の合うママなのか、話してみないと分からないものです。「何歳ですか?」から始まり、子どもの話でお互いの距離は縮まりますね。

しかし、自分の子どものことばかり伝えるのは好ましくありません。相手の様子を聞きながら、子どもの遊びや食事など、共通の話題に展開できると良いですね。

相手の受け取り方に気をつけて

一度話が弾めば、子育て中の悩みや情報交換など、話は盛り上がります。

自分の子どもの事ばかり話さないことも大事ですが、相手の家庭のことなど、聞きすぎるのも禁物です。

お互いの価値観も分からないうちは、相手の受け止め方にも注意して話をすることも大切になってきます。

心地よいママ友になりたいと思ったら、数回会って、話が馴染んできてから、メールなどのアドレス交換をしても遅くないと思いますよ。


記事の著者

ママ友の悩みをもっと見る