平日休みの有意義な過ごし方5選:行列必須の話題の店に行く!

普段の休日ではなく平日が特別に休みになった場合、何もせずに家でゴロゴロするのもいいですがそれではもったいない気持ちにもなります。

土日だと大半の人が休みなので話題の人気店は激込み、デパートやショッピングモールも家族連ればかりでゆっくりショッピングもできません。

せっかく周りは仕事、自分は休みという状況なので平日休みだからできることを思いっきり楽しみませんか。

今回はそんな平日休みの有意義な過ごし方をご紹介します。

人気ヘアサロンに行く

口コミで評価の高いヘアサロンは、休日は何か月先も予約で埋まっていることもあります。しかし、平日であれば大学生や主婦など限られた客層しか予約できないため狙い目です。

キャンセル待ちや予約が可能なのかを、できれば前日までに電話でお店に確認しておきましょう。

平日であれば施術において確保できる時間も長いので、サロン内もゆったりとしていて居心地がいいこと間違いなしです。

施術中は、普段ではできない美容雑誌を読みながらジュースを飲むという贅沢さも味わうことができます。

行列必須の話題店を訪れる

土日であれば常に行列が絶えない話題店に、ほぼ並ばずにお店に入ることが出来るのも平日ならではです。

有名ラーメン店、レストラン、フォトジェニックなカフェ、ランチなど、自分が行きたくて行けなかったお店に足を運ぶのも良いでしょう。

待ち時間も短く、食べたいものを食べられたら幸せです。

注意点としては、平日休みが始まってからお店を選んでいてはすでに行列が出来てしまうこともあるので、グルメサイトの高評価のお店をあらかじめチェックして、訪れたいお店をリストアップしておくことがポイントです。

行きたい観光地に行く

観光地も土日であれば混雑して観光客でにぎわうので、名所などを落ち着いてみる時間がありません。

平日であれば人の数も休日と比較して少ないので、心行くまで観光地を堪能できるでしょう。

ショッピングに出かける

休日はショッピングモールも家族や恋人たちでいっぱいになり、お店も混雑するので自分の好きなように服や欲しいものを見ることができません。

平日は人が少ないため店員にも質問がしやすい環境で、買い物中のストレスが少なくなります。

マッサージやエステをしてもらう

平日休みにこれまで溜まっていた体と心のストレスを一気にリフレッシュするのも良いでしょう。

休日よりも人が少ないため、サロン内でも日頃のマッサージ法やスキンケア方法などを聞きやすい状況となっています。

平日にマッサージやエステを自分にプレゼントすることで、明日からもまた頑張ろうと気持ちを切り替えることもできます。

平日休みを有効に使おう

平日休みの過ごし方は5つ以外にもいろいろありますが、人込みやラッシュアワーを避けて外出できるのでストレスがなくおすすめです。

土日とはまた違った平日休みという休日に、日頃のストレスをリフレッシュできるような過ごし方を選んでみてはいかがでしょうか。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る