出世コースから外れないためにするべきこと:結果を出し続ける!

サラリーマンであれば誰しも出世したいと思うことでしょう。出世すると会社での地位が高くなりますし、給料だってアップします。

しかし、出世することはとても難しいです。出世するためには、出世コースから外れないようにする必要があります。出世コースから外れないようにするためには、一体どうすればいいのでしょうか。

そこで、出世コースから外れないためにするべきことをまとめていきます。出世したい方は、ぜひ取り入れてみましょう。

結果を出す

誰でも出世できるわけではありません。なんとサラリーマンの約7割が出世せず、平社員のまま定年してしまうのです。そのため出世したいのなら出世コースから外れないようにする必要があります。

出世コースから外れないためには、結果を出し続ける必要があります。結果を出せないと評価してもらうことができないと思いましょう。

「努力は必ずむくわれる」と元人気アイドルグループに在籍していたアイドルが言っていましたが、努力していればその努力を評価してくれるなんて甘い考えでは出世できません。

といっても結果を出すとは、具体的にどういうことなのか分かりませんよね。目に見える結果とはどういうものなのでしょうか。

積極的に意見を出す

会議では積極的に発言しましょう。発言することで上司から「あいつはやる気だな」と思ってもらうことができます。まずはやる気を認めてもらうことが重要です。

誰もやっていないことをやる

誰もやっていないことをやりましょう。人と同じことをしても目立ちませんし出世することはできません。

誰もやっていないことをすることで、オンリーワンの存在になることができます。唯一無二の存在になることができ、さらにそれが会社で評価されれば出世しやすくなります。

しかし逆に、異端児として見られ悪評価になってしまう恐れもあるので、きちんと考えて行動するようにしましょう。

上司を全力でサポートする

出世するための最短ルートを知っていますか?

実は直属の上司を出世させることが、出世するための最短コースなのです。なぜかというと、ポストが空かなければ出世はできません。

しかし、上司が出世すれば上司がいたポストが空きます。ポストが空いた時、直属の部下であるあなたが選ばれる可能性が高いです。

また出世する時は、昇進会議が行われる会社が多いです。上司が出世すればその分権限も強くなるので、直属の部下を出世させやすくなるのです。

上司に気に入られる人になる

出世コースから外れないようにするためには、上司に気に入られる必要があります。

上司に嫌われてしまうと、出世コースから外れてしまうと思っていいかもしれません。上司に気に入られるためには具体的にどうすればいいのでしょうか。

挨拶はしっかり行う

上司に気に入られている人は挨拶をしっかり行うことができます。

上司に挨拶する時には「〇〇さんおはようございます」と名前、または役職名を入れて挨拶するようにするしましょう。挨拶は基本中の基本ですが、気持ちの良い挨拶となるとできる人は少ないのです。

進んで雑用を行う

新人の場合は自ら進んで雑用を行いましょう。雑用を嫌な顔一つせず行うことで上司にいい印象を与えることができます。

素直に受け入れる

上司に指導された時に「はあ…」などそっけない態度をとってしまうと「せっかく教えてやっているのに!」と上司を怒らせてしまうかもしれません。

素直に指導を受け入れる部下を上司は好みます。上司は、部下に教えたがりな人が多いそうです。業務と関係ないような話でも素直に聞きましょう。素直なことが、上司に好かれるポイントです。

Tags

ライター