働く上で出世することの意味とは?メリット・デメリットを紹介

「出世」とは一体なんなのでしょうか?あなたは出世するということが、どのようなことを意味するのか知っていますか?

そこで今回は働く上で、出世することの意味をまとめていきます。そして同時に、出世することのメリットとデメリットについてもまとめていきます。

出世することのメリット、デメリットをみていくことで、出世するとはどういうことなのかが分かってくるでしょう。働くうえで自分のキャリアを決める際に役立てましょう。

出世するとはどういうことか

サラリーマンとして企業に務めている方は、出世を目指している人が多いです。出世とは「世間に出て、人に知られるよい地位・身分になること。」とウィキペディアにかかれています。

分かりやすくいうと、出世とは今いる自分の地位から上に上がるということです。

出世する意味

出世するということは、企業にとって必要な人材だということ、今後も企業のために頑張って欲しいということです。企業の今後を支えてくれるであろう人を企業は出世させるのです。

そのためなかなか出世できない人は、会社での立場が弱くなります。出世できなければ意味がないと思っている人もいるでしょう。

出世のメリット・デメリット

地位が上がる出世。出世のメリットとデメリットを紹介していきます。会社での地位が高くなるのならメリットしかないような気がしますが、デメリットはあるのでしょうか。

出世するメリット

まずは出世するメリットを紹介していきます。

年収が上がる

出世することで年収が上がります。お金のために働いているという人もいるでしょう。

平社員のままの人と出世した人との生涯年収を比べるとかなり違ってきます。年収が上がることが出世することの最大のメリットといってもいいでしょう。

社会的信用度がアップする

出世するということは肩書きがつくということです。出世していないとただの社員ですが、出世すると課長や部長など役職を名乗ることができるようになります。

さらに肩書きがつくことで社会的な信用度が高くなります。住宅ローンが組みやすくなったり、クレジットカードを作りやすくなったりするのです。

スキルアップすることができる

出世することで、任される仕事の量や内容が変わります。また人を指導する立場にもなるのです。そのため出世することでスキルアップすることができるのです。やりがいのある仕事ができるというメリットにもなります。

出世するデメリット

出世することでデメリットはあるのでしょうか。メリットの次はデメリットをみていきましょう。

責任が増える

任される仕事の量が増えたり、部下を指導する立場になるということは、確かにやりがいになります。

しかし、同時に責任を負うことにもなるのです。平社員のうちは失敗は上司が尻ぬぐいしてくれたことも、上司になれば自分で対応しなければならなくなるのです。

責任が増えることでストレスが溜まり、精神的に体力的に辛くなってしまう人がいるようです。責任が増えることはメリットにもなりデメリットにもなるようです。

勤務時間が長くなりがち

企業によって異なりますが、企業によっては部下が残業している時は上司も一緒に残業しなければならないというところもあります。

また休日出勤をしなければならないこともあるようです。

部下が体調不良で休んだりしたりした場合、上司が部下の仕事を引き受けなければならないことが多く、仕事量も増えてしまいがち。そのため残業したりなどで勤務時間が長くなってしまうことがあるのです。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る