いちご鼻が気になる人必見!毛穴をキレイに改善する方法とは?

毛穴がざらざらしたり、毛穴が黒ずんでいるいちご鼻。どんなにキレイにお化粧しても、いちご鼻だけは隠せない!という方も多いのではないでしょうか。

ニベアやワセリンなどでいちご鼻の毛穴がキレイになるという噂もありますが、本当に効果があるのか不安ですよね。

そこで今回はいちご鼻に悩まされている人のために、いちご鼻の改善方法について紹介していきます。

こちらもおすすめです→小鼻の黒ずみをツルツル綺麗に!黒ずみの原因とシンプルな改善方法

いちご鼻の原因は?

いちご鼻の原因とされているのは、皮脂。女性はTゾーンと呼ばれる額から鼻にかけてが、皮脂がたまりやすい部分です。

そこにファンデーションなどのお化粧品を塗って、皮脂を毛穴にとどめたままにしてしまうことで、その皮脂や閉じ込められた汚れがいちご鼻の原因となってしまいます。

他にも、皮脂や汚れで詰まった毛穴の角栓が酸化してしまうために黒ずんでつぶつぶに見えたり、生まれつき毛穴が大きく開いている人や皮脂過多の人は汚れが溜まりやすいのでいちご鼻になりやすいと言われています。

いちご鼻の改善方法

毛穴をしっかり保湿する

次に保湿です。鼻は皮脂が出やすいし、ベタつくからちょっとだけにしようという考えは間違い。

他の肌と同様、化粧水や乳液をつけましょう。乾燥してしまうと、余計に皮脂が増えてしまいます。

ビタミンCを肌に与える

ビタミンCは体内に取り入れるだけでなく、肌にも直接与えてあげることが大切です。

皮脂が気になる場所にビタミンCが入った化粧水を使うことで、皮脂の酸化を防いだり、肌を引き締めて毛穴を目立たなくすることができます。

ビタミンCが入った美容液などでも大丈夫なので、ぜひお肌に直接ビタミンCを与えてあげましょう。

また、保湿の化粧水+ビタミンCが入った化粧水など、化粧水を2本使いするのもおすすめです。

角質ケアやホットタオルを取り入れる

1週間に1回、または2週間に1回などのペースで、角質ケアを取り入れてあげましょう。

もし鼻パックをするのであれば、必ずホットタオルなどで肌をやわらかくし、毛穴を広げてから行うのがおすすめ。

鼻パック後は冷たい水で毛穴を引き締めるだけでなく、しっかり化粧水で保湿も忘れずにしてください。また、ホットタオルは洗顔前に当てるのも効果的です。

何もしないで洗顔するより、何倍も汚れをしっかり落とすことができます。

エステサロンに通う

自宅でできるセルフケアをすることも大切ですが、エステに通ってプロにケアしてもらう方法もあります。

時間やコストはかかりますが、確実に黒ずみを改善できるのでおすすめです。

ニベアやワセリンは本当に黒ずみに効く?

実はニベアに含まれている19種類の成分のうち、14種類は約2万円ほどするフェイスクリームと同じ成分なのです。

ただ黒ずみ専用のクリームではないので、黒ずみを改善することはできませんが、ニベアクリームで保湿して黒ずみを予防することはできます。

またワセリンは原料が油なので保湿効果があり、さらに油分はクレンジングと同様で、古い角質などを溶かす作用があります。

こんな方法も?気になる方はこちら→毛穴に悩む人に朗報!オロナインでゴッソリ鼻角栓を取る方法とは?

いちご鼻に効果的な洗顔・美容液

毛穴に関する美容クリームやクレンジングについて詳しく知りたい人は、下の記事もチェックしてみてください!

いちご鼻専用美容液Remery

Remery
Ray専属読者モデルの吉田理紗さんや、伊東亜梨沙さんなどの芸能人や、SNSでも話題のいちご鼻専用美容液「リメリー」をご存知ですか?

リメリーは業界初のいちご鼻専用美容液で、鼻の毛穴や角栓、黒ずみが気になっている方に好評です。

こういった商品を使うことで、毛穴の黒ずみを抑え、美しい見た目と肌を手に入れることが可能。

繰り返しできるいちご鼻、黒ずみ、ニキビ対策として効果的で、リメリーを使った女性の93.1%が満足と回答しています。

今ならキャンペーン中で180日間返金保証。集中ケアコースだと初回はなんと89%オフになるので気になる方はぜひ試してみてください。

いちご鼻専用美容液Remery(リメリー)はこちら

chouette美白BBクリーム

chouette美白BBクリーム
ファンデーションだと毛穴を塞いでしまい、かえって汚れを閉じ込めてさらにいちご鼻を悪化させてしまう恐れがありますが、BBクリームであれば毛穴に落ちこんでしまうことが少なく、ムラが少なく塗り広げられて肌への負担も少なく一番効果的です。

このchouette美白BBクリームは、肌を保護しつつ修復する役割があるのが特徴的で、口コミでも話題沸騰中。

また、メラニンの生成も抑えてくれるので、シミ・そばかすを防ぎながら明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

chouette美白BBクリームはこちら

ソワン

ソワン
ソワンはぱっくり毛穴ケア・毛穴の黒ずみケアに使う美容液です。

毛穴を柔らかくし、小さく引き締めるケアができ、皮脂を抑えることができます。

ソワン毛穴ケアお試し90日コースというものもあるので、気軽に試してみてください。

毛穴専用美容液ソワンはこちら

もっと詳しく見たい方はこちらもチェック→毛穴の黒ずみを改善!美容クリームとクレンジング選びを解説

いちご鼻の予防法

日々の洗顔が一番大切

まずは日々の洗顔をまずは見直しましょう。

洗顔をするときに鼻は念入りに洗いがちですが、念入りに洗ってしまうことで皮脂を不必要に奪ってしまい、逆に乾燥してしまいます。

乾燥してしまうと、余計に皮脂が増えてしまうので注意しましょう。目安として20秒から30秒ほどで洗顔するのがおすすめ。

また、洗顔の際には手が肌に直接触れないくらいの泡を立てをしましょう。

ネットなどを使うと簡単にモコモコの泡ができますので、手で泡立てるのが難しい方はネットを使ってみてください。

毛穴に泡を押し付けるイメージで洗うことで、しっかりと汚れを落とすことができます。

洗顔したあとはしっかりすすぐことも大切です。なるべくお湯ではなく水ですすぎましょう。

規則正しい生活を心がける

肌はターンオーバーといい日々新陳代謝を繰り返していますが、そのターンオーバーを助けてあげることで肌の調子がよくなります。

睡眠

肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間を知っていますか。眠って三時間の間に、成長ホルモンは多く分泌されます。

この成長ホルモンが多く分泌されると、肌を綺麗に保っていちご鼻になる原因になる皮脂の生成を抑えてくれます。

現代人は、夜10時~2時が肌のゴールデンタイムということは、必ずしも当てはまりませんが、しっかりと三時間眠ることで成長ホルモンが分泌されるので、基本的に眠る時間は何時でも構わないそうです。

食事

現代は洋食中心となり、ついつい油が多い食事になってしまっている人が多いです。

しかし油の多い食事は皮脂をさらに加速させ、毛穴が詰まる原因に。もちろん油ものを摂ることも必要ですが、動物性の脂は避けた方が無難です。

特に、皮脂過多体質の人は、動物性脂はさらに皮脂を増やす原因となるのでなるべく避けるようにしましょう。

植物性脂は肌にもいいとされますから、油物を摂るさいにはオリーブオイルで揚げるなどの工夫が必要です。

デトックスは体内から

便秘気味の時や、生理前後で吹き出物が出た経験はありませんか?

肌は、内臓と密接な関係であり、内臓がちゃんと機能している時は肌トラブルも少なくなります。

内臓が弱っていると、体の中に老廃物が残ってしまい、肌は毛穴からそれを外に出そうとするので、結果肌トラブルとなって現れてしまうのです。

しかし、体の内側からきれいにしていれば、いちご鼻も未然に防ぐことができます。

よく入浴すること

体の内側から整える基本は、体を冷やさないこと。最近、バスタイムにちゃんと入浴していますか?

入浴するのが難しいという方は、足湯をしてみてください。足を温めるだけでも体はポカポカ温まります。

体を温める習慣をつけることで、代謝を促し、老廃物を体に溜めない体質をつくりましょう。

老廃物が体内に残らなければ、肌は毛穴から老廃物を出す必要はなくなり、いちご鼻になりにくくなります。

まとめ

毛穴パックのやりすぎに注意

黒ずみが気になるあまり、毛穴パックを頻繁にしていませんか?毛穴パックのやりすぎは逆効果です。

パックをはがす際に、角栓を取り除くだけでなく、周りの皮膚も一緒にはがしてしまうこともあります。

無理やりに角栓が取り除かれると、毛穴がそのまま開いた状態となり、皮脂や汚れが溜まってしまう原因になります。

そうすると毛穴はさらに広がり、黒ずみがますます目立ってしまうのです。

そのため、毛穴パックは1ヶ月に1〜2回度程度にとどめ、毛穴パックを行った後には必ず毛穴を引き締めるケアを怠らないようにしましょう。

Tags

ライター