女性が一生続けることのできる仕事5選:料理教室が続けやすい! 

生活をするうえで、仕事をしお金を稼ぐことは一生必要なことです。しかし女性には長い人生の中で、妊娠や出産など、男性は体験しない大きな出来事があります。妊娠や育児のために仕事を休業することもあるでしょう。

仕事のブランクがあったとしても、女性が一生続けられる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、女性が長く続けることができる仕事を5つ紹介します。

料理教室の先生

料理は、多くの人に適性があると言われています。専業主婦や家政婦、調理師として働いてきた人には特におすすめの職業です。資格や学歴がない場合でも、長く、高齢になっても働くことができるのが、料理教室の先生という職業の大きな魅力です。

また自宅で自分の好きな時間に教室を開くこともできるので、自分のペースで仕事ができることも魅力です。特別な資格は必要ないので、始めやすい職業であると言えます。

農業

農業は年をとっても続けられる仕事、長く働ける職種として有名です。70歳まで働いている女性も少なくありません。

専業農家の平均年収は約600万円と言われています。一般女性の平均年収は20代で約400万円、30代で約500万円ですから、かなり年収の高い仕事と言えるでしょう。北海道や関東などの土地が広く農業に適した環境の地域で、一家経営の農業をしている場合は、年収が1000万円を超えることもあります。

近年は若い女性にも見られる運動不足を、仕事をしながら解消することができるのも魅力の一つです。また、自分で作物や米を育てるわけですから、食に対する知識や安心感も得ることができます。

農家が多い地域は人口が比較的少ないため、近年、都市部で大きな問題となっている待機児童問題に関する心配もいらないでしょう。

公務員

一生続けられる仕事を選ぶ点で、大切なことがいくつかあります。福利厚生がきちんと備わっていることや、体力的に続けられる仕事内容かどうか、経済的に安定しているか、などです。

公務員ならば、福利厚生や年金がきちんと備わっていますから老後も安心することができます。

消防士や警察官などでなければ、体力的にも長く続けていくことができるでしょう。経済的にも安定していますから、一生一人で生きていける仕事としても、おすすめすることができます。

医師

女性が一生続けられる仕事として、医師をあげる人は多いです。医師の仕事は、経済的に安定していますし社会的地位も高いです。医師になるために学生の頃から、猛勉強している女性も少なくありません。

貯金などをしっかりとしていれば、医師として引退した後も余裕のある生活を送ることができます。

看護師

看護師の仕事は医師と同じく、経済的な安定と高い社会的地位があります。しかし体力的に大変で忙しい仕事になります。

看護師の仕事は、多くの人の助けになります。看護師という仕事にやりがいを感じている女性も多いです。やはり、仕事を長く続けるうえで大切なのは、やりがいを感じられるかどうかです。人のために働きたいという人には、ぴったりの仕事かもしれません。

Tags

ライター