40代女性におすすめの資格5選:資格取得で手に職をつけよう

40代の女性で資格をとりたいと思っている人は多いです。例えば、子供がある程度大きくなり自分磨きのために資格を取得したいと考えている主婦もいるでしょう。また仕事やスキルアップのため、また転職に必要なため資格の取得を考えている40代の女性もいます。

資格には、私生活に役立つものだけでなく50代になっても役に立つものや、転職・再就職の手助けになるものが多くあります。資格を取得し、手に職をつけたいと考えている女性も少なくないでしょう。

今回は、さまざまな理由で資格取得を考えている40代女性におすすめの資格を5選紹介します。

食に関する資格

10~30代の女性は、料理をしたことがないという人も少なくありません。しかし40代になると子育てや自炊に慣れてきたころで、料理が得意だという女性も多くなっています。

そんな料理が得意な40代女性で食に関心がある人、手に職をつけたい人におすすめなのが食に関する資格です。日常生活でも役に立つので、主婦の女性には特におすすめです。

食に関する資格には、栄養士(国家資格)、各種マイスター、食生活アドバイザー、調理師、フードコーディネーター、フードマエストロなど多くの選択肢があります。
 
自分の興味のある分野の資格を選べることも魅力です。

介護福祉に関する資格

40代になると親も高齢になり、介護というものが身近な存在になってきます。親の介護に、子育て以上の難しさを感じている人もいるほど、心身ともに疲労する大変なことです。

介護福祉に関する資格である介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)、介護事務、介護福祉士、ケアマネジャー、社会福祉士、准サービス介助士、福祉住環境コーディネーター、レクリエーション介護士などを有していると、介護のやり方がわかり理解も深まります。

また介護業界は人手不足が深刻なため、中途採用を行っていることが多いです。そのため、介護福祉に関する資格を有していると転職の際有利になるでしょう。私生活でも仕事でも、年齢に関わらず役に立つ資格です。

事務に関する資格

40代女性が多く働いてるのが、事務関係の仕事です。MOS Excelスペシャリスト、MOS Wordスペシャリスト、医療事務、給与計算実務能力検定、簿記3級、日商簿記、秘書検定、ファイナンシャルプランナー、文書情報管理士などの資格はスキルアップに役立ちます。

第二種運転免許

転職・再就職を考えている女性に、おすすめの資格が第二種運転免許です。第二種運転免許の資格を有していれば、タクシーの他バスなどを運転することができます。タクシー運転手は40代でも就職率が高く、体力に自信のない女性にもおすすめの仕事です。

建築物に関する資格

都市部では再開発が進んでおり、ビルの高さの制限が緩和されるなどし、マンションに住む人も年々増えています。そこでおすすめなのが、建築物に関する資格です。

建築物に関する資格には、宅地建物取引士、福祉住環境コーディネーター、マンション管理士/管理業務主任者などがあります。マンション管理士の仕事は、高齢になっても働くことができるので、長く役に立つ資格です。

Tags

ライター