35歳からでも転職は可能か?女性のコミュニケーション能力が喜ばれる!

女性は妊娠すると、一定期間働くことができません。そのため、出産の度に、転職を繰り返している女性も少なくありません。

しかし現代社会において、35歳になると転職は難しいと言われています。

35歳からでも、転職は可能なのでしょうか。今回は、35歳女性の転職の実態を紹介します。

また、低収入やブラック企業などで今の職場に不満があり転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめする転職サイトがJACリクルートメントです。こちらは、外資系企業や海外への転職に強いサイトで、アジアでも最大級のネットワークを持つ知名度の高い転職サービス。

JACリクルートメントに無料申し込み

35歳女性が転職を考える理由

35歳の女性が転職を考える理由として、経済的な理由の他に多く挙げられたのが、「今の仕事を、定年まで続けることに抵抗がある」、「やりたいことを見つけた」などの仕事内容に対する不満足感です。

仕事への不満は、ストレスになりますから、転職を考えることは自然なことですが、「やりたいことは、趣味にとどめておいた方が良い」という指摘もあります。

転職を考えている女性は多いですが、年齢や自信の無さから、転職を諦める人も多いです。

家族構成によって転職事情も異なる

35歳になると、結婚をして子供を持つ女性も多くなってきます。

面接では、既婚の有無、子持ちかどうかを聞かれることも多いです。子持ちの場合は残業ができないことが多い他、家事との両立も難しいですから、パートや派遣社員として働く女性も少なくありません。

独身で、実家暮らしではなく一人暮らしをしている場合や、身寄りがおらず経済的に頼る人がいない場合、非正社員の給料では経済的に厳しい状況になります。そういった理由から、正社員を目指す女性も少なくありません。

また、親の介護資金やペットのために、正社員を目指したり、転職を考えている女性もいます。

35歳で転職した人たちの声

35歳で転職することや、正社員として雇用されることは難しいと言われていますが、もちろん成功した人もいます。

転職を成功させるポイントは、面接でやる気やコミュニケーション能力をアピールすることです。

35歳になると、資格や職歴学歴よりも、コミュニケーション能力を重視されることがあります。

また、転職先が決まってから退職することも、生活を成り立たせるうえで重要なポイントです。

30代になると、記憶力や集中力も落ちてきます。新卒の頃よりも、職場の人からの扱いが冷たくなることも少なくありません。そういった時にも、コミュニケーションが重要です。

その他にも、「転職をしたが想像と違い、また転職した」、未経験職に転職した人からは「年下に敬語を使うことがストレスだった」などの声が聞かれました。

35歳女性転職の背景

35歳女性の転職事情の背景として、女性が一つの会社で長く働くことの難しさがあげられます。

一つの会社で長く働いている男性は多いですが、女性の場合は男性と比較して少ないのが現状です。

男性は生涯を通して働くことができますが、女性には妊娠や出産で働くことができない期間があります。

近年は、女性が働きやすい社会への取り組みが多くの場所でなされていますが、それを実感できている女性は未だ少ない状況であると言わざるを得ないでしょう。

JACリクルートメントは日本で30年の歴史を持つ転職エージェントで、豊富な支援実績を持つ転職コンサルタントが多数在籍しています。

業界業種別に専門のコンサルタントがサポートしてくれるので、35歳で初めて転職する方でも安心して利用できます。35歳で今後のキャリア・年収などに不安があると思いますが、そのような不安も企業を熟知しているコンサルタントが一つずつ丁寧に解決してくれるので安心。

また、JACリクルートメントはIT、通信、金融などに強いサービスですが、基本的にはどの業界でも満遍なく紹介できる態勢を整えています。

多くの実績をもちアジアでも最大級の転職サイトなので、ブラック企業からホワイトな企業への転職を考えている方や、子育てとの両立をしていきたい方は見てみてください。

JACリクルートメントに無料申し込み

Tags

ライター