40代女性が転職で失敗してしまう理由:年齢だけが原因ではない

40代女性で、転職を考える人は多いです。転職を考える理由は主に、職場の人間関係でのストレスやトラブル、仕事内容が自分のスキルにあっておらず、やりがいを見出せなかったなどです。また仕事が体力や体質に合わなかったことも考えらえます。

しかし、いざ転職のために就活を始めても、失敗してしまった経験のある女性は多くいます。ではどのようなことが原因で失敗してしまうのでしょうか。今回は、失敗の理由を紹介していきます。

また今までキャリアを積んできて40代で転職を考えるとなれば、安定した年収を望む人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、ビズリーチという転職サイトです。

ビズリーチで高収入を維持できる転職先を探す

基本中の基本ができていない

企業に応募する際の、履歴書・職務経歴書・志望動機・自己PRなどの文書をきちんと書けていないと、書類選考を合格し面接までたどり着くことができません。誤字脱字や敬語に気を付けて、ありきたりでない魅力的な文章にしましょう。曖昧な表現ではなく、今まで達成してきたことやスキルを具体的に書くと良いです。

また40代になると、面接の際のマナーを経験や記憶だけを頼りにする人が多いです。記憶に頼らず、面接対策の本などを買って、しっかりと確認することが大切になります。

いくつもの企業に応募していると、文章や面接が適当になってしまいがちです。事前準備をぬかりなく行いましょう。

正社員しか目指していない

40代女性正社員と40代女性派遣社員の平均年収には、約200~300万円と大きな年収差があります。40代女性派遣社員の平均年収は、約300万円です。

正社員になりたい気持ちはわかりますが、40代になると求人情報の年齢制限が、障害となることが少なくありません。また、体力面での限界も見えてきます。正社員として働いていた場合は、正社員として採用される可能性もありますが、中卒や未経験職の場合は特に、難しいのが現状です。

大企業にばかり応募している

大企業への就職は、新卒で教養のある人でも難しいのが現状です。それに加え、企業は新卒の若い人材を重視していますから、中途採用される可能性も低くなっています。

特に、前職がブラック企業だった女性は、ブラック企業である可能性の低そうな、大企業に応募する傾向があります。しかし、中小企業のほうが40代の中途採用を多く募集している可能性が高いです。その企業がブラック企業か事前にしっかり下調べを行い、応募先を検討しましょう。

40代が転職する際、気を付けるべきことは高望みをしないことです。

自分のスキルが活かせる転職先が見つからない

求人情報をしっかりと確認し、仕事内容が自分に合っているかを確認し、自分のスキルや体力、性格に照らし合わせることが大切になります。焦りが強い人は特に、このチェックを疎かにしてしまいがちです。

現在あなたが高い収入を得ているとして、人間関係や職場でのストレスで転職を考えている場合大幅に収入が減るのは都合が良くないでしょう。

また今の職場での仕事は一通りこなせてしまい、もっと高みを目指したい、刺激が欲しいと考えている人もいるでしょう。

そこでおすすめな転職サイトが、ビズリーチです。会員制で質が高い転職先が多く登録されているため、年収600万円以上の求人がほとんどで高収入を維持したいと考えている人にぴったりです。

また7600社以上の厳選企業や2000名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトが届くので、今の職場でベテランとなったあなたを即戦力として採用してくれる可能性が高いです。

ビズリーチでハイレベルなスカウトを受け取る

Tags

ライター