60歳を過ぎてからできる仕事5選:資格や経験を生かそう

近年は高齢者の貧困が問題視されています。定年退職した後でも、生き甲斐の為や経済的理由などで再就職する人も少なくありません。新しく仕事を始めることに不安を感じている人もいるかもしれません。

しかし、60代を過ぎてから始めることのできる仕事は意外とたくさんあります。今回は、60代で仕事を探している人に向けて、シニア世代でも始められる仕事を5つ紹介します。

仕事探しに困った時は、大手求人サイト『リクルートエージェント』を利用してみてください。専門のプロがサポートしてくれるのでおすすめです。

リクルートエージェントのサイトを見る

警備員

警備員の仕事は、60代を雇う可能性の高い職業です。万引きGメンなども警備員に含まれます。万引きGメンの場合、客に怪しまれないように主婦を雇うこともあり、女性でも活躍できる職業です。特に必要な資格もありません。

商店街で働く

商店街は60代の人が働いていることが多い場所です。調理師や食生活アドバイザーの資格を持っている人は雇用されやすいでしょう。またコミュニケーション能力が求められる場所でもありますから、営業の経験のある人におすすめの職業でもあります。

介護関係の仕事

介護業界は人手不足であることが現状です。仕事内容に対しての給料の低さが若い人の介護離れに拍車をかけています。また少子高齢化が急速に進んでいることも、介護業界が人手不足である理由として考えられていることです。

介護業界では、人手不足や介護への理解を理由に60代を雇うことも少なくありません。介護に関わる資格は、介護事務、社会福祉士、ケアマネジャー、介護福祉士、レクリエーション介護士、福祉住環境コーディネーター、准サービス介助士など、多くのものが存在します。

これらの資格を取っておくと、介護関係の仕事にも役立ちますし、給料が上がる可能性もあります。また、介護関係の事務所などを、開設する際にも役立つ資格です。

介護関係の仕事に興味がある人は、介護の求人サイト『かいご畑』を利用してみてください。

かいご畑のサイトを見る

学童指導員

小学生のころ、学童保育で待機していた経験のある人は多いです。学童保育施設というのは、小学校などの校舎内や、敷地内にある場合が多いです。

放課後児童支援員になるには福祉系の資格や教員資格が必要ですが、非常勤指導員の場合は資格がなくても、子育ての経験などがあれば働ける場合があります。自治体や学校に確認してみましょう。

福祉系の資格や教員資格がない場合でも、児童健全育成推進財団の認定児童厚生員資格制度や、NPO法人日本放課後児童指導員協会の放課後児童指導員資格などの、民間資格もあるので諦めずにチャレンジしてみてください。

学童指導員は、田舎の学校や過疎化の進んでいる市などでは、働いている人のほとんどが、定年退職した男女であることもあります。警察官だったが定年退職して、学童指導員になったという人もいます。都市部では資格を有している人が多く、比較的若い人も働いているようです。

マンションの管理人(フロントマネージャー)

60歳を過ぎてから始められる仕事として、有名なものがマンションの管理人です。マンションや、アパートなどの賃貸で暮らす人は、年々増えています。不動産業界で働いていた人や、宅地建物取引士やマンション管理士などの資格を持っている人には特におすすめです。

マンション管理士の資格は、住民からのクレームや住民同士のトラブルなどを解決するうえで必要な知識や資格を得ることができます。マンションの階段や敷地内の清掃や、雪や枯れ葉の処理などが主な仕事です。

仕事を探したり、実際に働き始めるまでに手間がかかったりするのが面倒という人には、大手転職サイト『リクルートエージェント』がおすすめです。無料で登録できるので、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

Tags

ライター