職場で浮いていると思う瞬間と対処法:神経質になりすぎないのが大切

「もしかして、職場で自分、浮いてるかな。」と思った経験がある人は、少なくありません。

多くの人が職場で浮いていると思うのは、どんな瞬間なのでしょう。自分が喋ったら、盛り上がっていた会話が静まってしまったなどの経験はありませんか?

今回は、職場で浮いてると思った場合の対処法を、会食恐怖症や雑談恐怖症である可能性も交えて、ご紹介します。

1、ランチタイムはいつも一人

職場で浮いていると感じる時間としては、ランチタイムが多く聞かれます。

ランチタイムは、職場での唯一のプライベートタイムです。その為、職場で仲のいい人同士で、一緒にお弁当を食べたり、外に食べに行くことが多い時間でもあります。

職場に友人がいない人は、ランチタイムはいつも一人です。息抜きの時間であるはずのランチタイムが、自分が一人でいるために、周りが気になって、息が詰まるという人も少なくありません。

また、「自分が一人で食事をしているところを、誰かに見られたくない。」と思っている人は、トイレでお弁当食べる、ということもあるようです。

状況が苦しい場合は改善を

一人ぼっちで、ランチタイムを過ごすことが苦しい時は、何らかの改善策を講じましょう。

例えば、積極的に同僚に話しかけたり、同じく一人で食事をしている人を、食事に誘ってみるなどの方法があります。

一人で食事をするのが好きな人は、周りを気にしないことが大切です。どうしても気になってしまう場合は、お弁当ではなく外食にしてみましょう。

自分が食事しているところを、誰かに見られることに、恐怖心を感じている人は、会食恐怖症である可能性があります。日常生活に支障をきたす場合がありますから、一度病院に行ってみてください。

2、自分が発言すると場の雰囲気が変わる

盛り上がっていたり、職場の空気が和んでいる時に、自分が発言したらシーンとした空気になった、みんな黙ってしまった、場を盛り下げてしまった、などの経験がある人は、決して少なくありません。

そんな時は、「空気を読まないようなことを、言ってしまったかな。」、「いじめられているんだろうか。」などと、考えてしまいがちです。一日中、そのことで頭がいっぱいになる日もあるでしょうし、自分に自信がなくなり、ふさぎ込んでしまうこともあるでしょう。

何度もそのような経験をすると、「職場で嫌われているんじゃないか。」、「馴染めていないんじゃないか。」などのことを考え、通勤がおっくうになっていきます。

また、こういった経験をした人は後に、コミュニケーションや人間関係、会話術に関係する本を買う傾向にあることも特徴的です。

相手の反応を気にすることをやめる

自分に責任があると思いがちですが、そうではない場合が多いです。相手の反応を気にしすぎると、神経質になり疲れて、逆に失敗するリスクを高めてしまいます。

コミュニケーションで失敗をした場合でも、何日も気に病むことはやめましょう。ふさぎ込むのは、人間関係を築く上で良いことではありません。明るく笑顔でいることが、好印象です。

通勤がおっくうになるほど、職場の人とのコミュニケーションに悩んでいる場合、雑談恐怖症の可能性があります。

Tags

ライター