転勤を理由に退職するリスク5選:同時に年収が下がる覚悟も必要

企業の従業員のリスクの1つに、転勤があります。

女性、特にシングルマザーにとっては、「子供を転校させる必要がある」、「子育てと仕事の両立に親の協力が必要」など、遠隔地への転勤が難しい場合も多いです。

そのため、転勤を命じられたことを理由に転職を考える人は少なくありません。しかし、転勤を理由とした転職にはリスクがあるのも事実です。

このページでは、そんな転勤を理由に退職する5つのリスクを紹介します。

大手転職サイト『リクルートエージェント』なら、リスクのある転職を専門のプロがサポートしてくれます。転職に不安がある人はぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

自己都合?会社都合?

まず、転勤の辞令は、原則として拒否することができません。そのため、転勤を理由に退職しようとすると、自己都合退職になるのが一般的です。

自己都合退職だと、退職してから失業保険が支給されるまでに3ヶ月の待期期間が必要となります。そのため、退職するまでに次の就職先が決まっていなければ、無収入の状態での就職活動を強いられるということです。

一方、転勤の辞令が雇用契約に違反している、従業員にやむを得ない事情がある、会社側の権利の濫用に該当する場合は、会社都合退職になる場合もあります。

しかし、これらに該当するのはレアケースなので、次の就職先が決まってから退職を申し出るのが無難です。

転職活動の制約

転勤の内示は、異動日の1ヶ月前くらいに出るのが一般的です。1ヶ月という期間は、次の転職先を決めるには十分な時間とは言えません。

一方、元の会社に在籍している限り、人事異動に従って転勤しなければなりません。そのため、人事異動後の転職活動では、面接のたびに地元に戻る必要があります。

そのため、転勤を理由とする転職活動は、時間的、距離的な制約を受けます。また、転職先を焦って見つけようとすると、仕事内容や待遇などで妥協してしまう場合も多いです。

転職先が限られる

転勤を理由として転職するのですから、次の就職先で転勤を命じられては意味がありません。そのため、転職活動では、転勤のない職種、会社を探すことになります。

転勤のない職種、会社に絞って転職活動するのは、大都市では問題ありませんが、地方では選択肢が限られる可能性が高いです。そのため、他の条件で大きく妥協せざるを得ない場合もあります。

年収が下がる

転勤を理由に転職するのですから、一刻も早く転職先を見つける必要があります。しかし、そのタイミングで希望条件に近い会社が求人を出しているとは限りません。

さらに、「勤務地」及び「転勤がない」ことを条件にするため、あなたのスキルを活かせる会社に転職できるとは限りません。そのため、年収が大きく下がることを覚悟する必要があります。

転職理由を説明しにくい

転勤を理由として退職すること自体は、全く問題ありません。しかし、就職面接では、「転勤したくない」という退職理由を理解してもらえない可能性があります。

そのため、就職面接での転職理由では、元の会社に対する不満と受け取られないように、退職理由に工夫が必要です。

例えば、転勤先で頑張りたい気持ちはあるのだけれど、「高齢の親を残して行けない」、「シングルマザーなので子育てに両親の協力が必要」など、自分自身の理由に置き換えましょう。

転勤を理由にした転職でも、リクルートエージェントなら大丈夫。専門のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。無料で登録できるので、まずは登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

Tags

ライター