中高年・シニアにおすすめの婚活サイト5選:入会金不要のサイトも!

中高年、いわゆるシニア層と呼ばれる人で独身状態の人は多くいますが、それまで自分自身でしっかりとした人生を歩んでいる分、間違いなく他の人には無い人間としての深みがあります。

そういう人たちでも結婚がしたい、そう思ってしまう瞬間が出てくることがありますが、実際にシニアになると婚活というものが中々出来ないのが現実です。

しかし、その婚活が出来ないというのは単純にその手段を知らないというだけなので、実際には的確な手法を知れば簡単に婚活が出来る事は意外にも知られていません。

ここではそのシニア層の婚活のための有効な手段と言えるような5つの婚活サイトを紹介していきます。

1. エキサイト婚活

まず初めに紹介するのはエキサイト婚活です。この婚活サイトはなんとかの有名な伊藤忠商事のグループ会社が運営しているところですので安心感は抜群です。

ちなみにこれまでで運営から14年以上たっており、2003年のサービス開始からこれまでになんと25万人も利用しています。運営会社の安心感からの利用人数なのかもしれません。

ちなみに入会金や成婚金といったものは一切発生せず、一か月3,500円で利用出来ますので非常にリーズナブルな内容だと言えます。

なんと12ヶ月プランにすると月額で1,750円という驚愕な安さが特徴的です。

公式URL:エキサイト婚活

2. 茜会

茜会はかれこれ50年以上もこの婚活というジャンルで運営をしている組織。

会員向けに年間で400回以上のパーティーやイベントを開催していますので、他のサイトと比べると明らかに出会いの数が多いのが特徴です。

また、成婚料を取らないというところにもプロフェッショナルな要素を感じます。

色々な料金プランがありますが、オススメは35,000円で一年間茜会が開催するパーティーやイベントに参加が出来るパーティーコースです。

ちなみに他のコースの会員の方からお見合いの申し込みがあった場合は、お見合い料が無料になるというお得感のあるコースとして薦めることができます。

公式URL:茜会

3. ノッツェ

ノッツェは全国様々なところに支店を構えている婚活サイトです。

しっかりとインターネット上でも良い方を見つけることが出来ますし、支店の方でも直接的に完璧なアドバイスをしてもらえるということで様々な人が利用をして成功しています。

実際に成婚した人の写真やコメントが見れるところが自信の表れでしょう。

ちなみに入会金は30,000円、活動の初期費用として47,500円、そこから月額が最低4,500円とかかりますので料金は他のところと比べると少し割高のように思えますが、その分質が高いというものです。

公式URL:ノッツェ

4. アイシニア

アイシニアは様々なマスコミから取材を受けているようなサイトです。マスコミの嗅覚は間違いなく、良いものでなければ絶対に取材なんかしませんのでそれだけでも安心が出来る材料になります。

自分自身をしっかりとヒアリングしてくれて、それに合うような人を無料で紹介してくれるので安心ができると言えるところでしょう。

アイシニアの変わっているところがエグゼクティブコースです。

医者や会社の経営者、弁護士等といったハイクラスの人と知り合う事が出来るコースですので、興味があれば値段は張りますが利用してみるのが良いでしょう。

ちなみに入会金が32,400円、登録料64,800円、月会費12,800円、お見合い料5,400円/回、成婚料248,000円となっています。

公式URL:アイシニア

5. 楽天オーネット スーペリア

楽天オーネット スーペリアは名前から分かるように楽天の関係会社が運営をしているサイトです。

最先端を行く企業が考えるだけにランチ会や神社めぐり、クッキング教室等コミュニケーションがとりやすいイベントをするところが高評価です。

相手の候補を毎月2名まで紹介してくれて、入会金は30,000円、月会費10,000円、オプションサービスを付けるなら3,000円~というような料金体系になっています。

かなりリーズナブルなので利用者が増えていくことが納得できるところと言えるのではないでしょうか。

公式URL:楽天オーネット スーペリア

自分に合うところを利用しよう!

やはり中高年・シニアになってくると、婚活では失敗はしたくないですよね。色んな人間がしっかりとした人と出会う事が出来ればそれほど幸せな事はありません。

今回紹介した婚活サイトはどこもしっかりとした実績のあるところです。色んな人が幸せになっているということなので、今度は自分自身が幸せになる順番ではないでしょうか。

思いっきり納得が出来るような時間を過ごすことができれば間違いなく今後の人生が豊かになっていくでしょう。

そうするために、これらのサイトを吟味して自分に合うところを利用していくのが間違いなくプラスになります。

Tags

ライター