40代で再就職するコツ:業界・職種選びと自己分析が大切

子育てや夫の転勤などのために退職したが、そろそろ落ちついたからと、40代から再就職を考える人は少なくないでしょう。

40代の女性が再就職を決めるためには戦略が必要です。今回は40代で再就職するコツと注意点についてお伝えします。

リクルートエージェントは、一人一人にキャリアアドバイザーがつき、再就職を徹底的にサポートしてくれます。気になる方は今すぐアクセスしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

40代の再就職の事情

40代からの再就職は一筋縄ではいかない難しさがあります。

基本的に企業は40代の人を教育するほど余裕はありません。同じ経験値であれば20代30代を採用し育てたほうが長期的に利点があると考えます。

多くの人が企業が求める能力を持っていない、もしくは年齢的なふるいにかけられてしまっているのが現状です。

しかし一方で、経験豊富な40代を、即戦力として迎えたい企業もあります。かつてしていた仕事の経験が活かせる環境であれば、再就職をすることも難しくはありません。

再就職する業界を考える

長期的な実務経験、また管理職としての経験があれば、競争を勝ち抜き就職を手にする可能性は高まります。これまでの職務で、豊富な経験がある場合は、同じ業界に応募することを考えましょう。

しかし、他とくらべて優位に立てそうにないのであれば、違う分野や競争の少ない業界を考えることも有効な手段です。

近年は、深刻な人手不足が原因で、介護業界など未経験者でも再就職できる可能性が高い業界もあります。様々な業界を調べ、自分に適した働くフィールドを考えましょう。

介護業界に興味がある方には、介護の求人サイト『かいご畑』がおすすめです。無料で利用ができるので、ぜひ一度利用してみてください。

かいご畑のサイトを見る

企業が求めている人材を把握する

40代を募集する企業の理由は大きく次の2つに分かれます。

・即戦力として事業を後押ししてくれる人材確保のため。
・人がいないため。

即戦力を求める企業ほど、求める人物像は具体的です。特に即戦力を求めている企業が40代を募集する際には、資格、実務経験、管理職経験を重視する傾向にあります。

しかし、人がいないため採用を考えている企業では状況は180度異なります。根本的に人が足りていない業界では未経験でも募集している所もあります。

長く働ける仕事、環境なのか、下調べがさらに必要になりますが、企業が求めているハードルが下がることは間違いないでしょう。

下調べをするなら、大手求人サイト『リクナビNEXT』を利用してみてください。圧倒的な求人数で、自分の条件に合った環境を探すことができます。

無料で登録できるので、まずは一度登録してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXTのサイトを見る

自分の市場価値を認識する

自分の市場価値を確認することためにこれまでのキャリアを振り返ってみましょう。

自分の市場価値を証明するものはありますか。資格や、数年単位での実務経験があれば良いアピールポイントになります。さらに管理職など専門の経験があれば強みになります。

しかし育児や転勤などの理由で早期に離職した人は、長期の経験がない人が多いのも事実。そんな方は新しく資格を取得することも一つの方法です。

再就職して何を得たいのか再確認する

また再就職に何を求めるのかも重要です。

もちろん賃金を得るためはその一つでもあります。ただ、高い給与は高いスキルに支払われるものです。能力に見合った希望でなければ、就職の可能性を減らすことに繋がります。

40代という年齢を踏まえ、自分の市場価値と、求めていることが見合っているのか再確認してみましょう。はじめは年収が下がっても、自分の価値を会社に示すことができれば昇給、昇格の可能性は十分見込めます。

さいごに

これまで40代の再就職のコツや注意点について紹介しました。

まずは、自分が就職できる可能性の高いフィールドを考えましょう。そして企業が求めている人材像を確認しまじょう。未経験でも募集している業界や企業はあるため、経験がなくても諦める必要はありません。

さらに自分のキャリアを振り返ることで、自分の市場価値と、再就職に求めていることをもう一度確認しましょう。

40代の就職活動は難しさがあり長期化する傾向にあります。戦略がなければ、沢山応募しても採用に結びつかない可能性が高いです。可能性を高めるためには、最適な業界、職種を選ぶことと、綿密な自己分析が必要となります。

自力で成功させることに自信がない方は、リクルートエージェントを利用することをおすすめします。

業界ナンバーワンの大手企業リクルートが運営しているリクルートなら、丁寧なサポートに加え、充実した求人掲載数で評判です。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

就職の悩みをもっと見る