大企業の転勤事情からわかるメリット:広い視野を身に着けられる

大企業の多くは転勤があるところが多いです。国内だけでなく海外赴任となるケースも珍しくありません。

転勤と聞けばマイナスなイメージを持つ人が多いかもしれません。転勤は人生を左右する可能性もあります。

なぜ企業は転勤をさせるのでしょうか。引っ越し費用などは会社持ちのところが多いです。お金をかけてまで転勤させる意味はあるのでしょうか。

今回は、大企業の転勤事情について見ていきましょう。

もし転勤をするのが嫌であれば、転勤のない職場への転職を考えてみてもいいかもしれません。その時は、大手転職サイト『リクルートエージェント』を利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

なぜ転勤はあるのか

大企業は多くの支社を全国各地に置いているところが多く、全国転勤のある企業が多いです。

なぜ転勤はあるのでしょうか。転勤は会社が引越しを負担するところが多く、家族みんなで転勤となれば引っ越し費用はかなりの費用がかかってしまいます。企業にとってメリットがないような気がします。

全国に支店があってもみんなが地元で働くことができれば、単身赴任がなくなり結婚やマイホームの夢も叶いやすくなると思います。なぜ転勤があるのかみていきましょう。転勤によりメリットがあるのでしょうか。

組織の癒着を防ぐため

転勤がないと、退職または定年するまで同じメンバーでずっと働くことになります。同じメンバーでずっと働くとなれあいが生じてしまいます。

また、長い間同じメンバーで働いていると、弊害として特定業者との取引において癒着や不正が起きてしまうことが考えられます。特に、金融関係はこの癒着を恐れ頻繁に転勤させるようです。銀行員の転勤が多い理由には、このような理由があるのです。

経営層は常に全体最適化を考えている

会社の方針を決定する社長をはじめとした経営層は常に自社の全体最適化を考えています。

特に全国規模の企業ともなれば、地方や支店単位での業績やパワーバランスが最適化されるように調整しなくてはなりません。

そうなってくると、どうしても優秀な人材ほど引っ張りだこになり、転勤が多くなってしまうのです。業績の回復であったり、立て直しであったり、新規進出であったり目的は様々。

企業は引越し費用はもちろん、単身赴任の場合は別途手当てを付けたり、帰省のための費用を負担したりなど手厚く転勤をケアすることが多いでしょう。

それだけ転勤での人事異動というのは企業にとって自社の将来を左右する大きなイベントなのです。

多才な経験や広い視野を社員に身に着けさせるため

全国転勤のある企業は全国各地に転勤していきます。同じ企業であっても、地域が変わると独自のルールがあったりします。

独自のルールにも臨機応変に対応することができなければなりません。転勤することで多才な経験を行うことができるようになるのです。

また、広い視野も見に付けることができます。人は同じところにずっと居ると、狭い視野でしか物事を見ることができなくなってしまいます。

企業を担う管理職になるような人材が、狭い視野でしか物事を見ることができないとなれば困ります。管理職となる人材を育てるという理由でも転勤は行われるのだそうです。

みんな転勤は覚悟しているものなの?

全国転勤があるような企業の場合、入社試験の面接の際に、「転勤がありますが大丈夫ですか?」と面接官に聞かれていることが多いです。海外転勤のあるような企業であれば、「海外赴任がありますが大丈夫ですか?」と聞かれているはずです。

ここで「転勤はできません」と答えてしまうと間違いなく入社はできません。多くの人がこの時点で、転勤があるということを覚悟して入社しています。

面接の時に「転勤になっても大丈夫です」と言ったにもかかわらず、実際辞令があった時に転勤を断ってしまうと最悪の場合、解雇となります。解雇にならなくても、企業での評価が悪くなり居心地は悪くなるでしょう。

転勤の辞令が出てしまえば、断ることはできないと思って間違いありません。辞令は業務命令となっています。業務命令を断るということは、企業の命令に背くということになります。

全国転勤のある企業に就職する場合、転勤の覚悟を持って就職するようする必要があるのです。

転勤が嫌な人は、全国的に支社を持たないような企業に就職するといいでしょう。また、出世コースからは外れますが、総合職でなく一般職で働くという方法もあります。就職活動、転職活動の際にしっかり考えておきましょう。

リクルートエージェントでは、専門のプロがあなたの転職活動をサポートしてくれます。無料で登録できるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る