転勤願いを出したい!理由、書き方、提出のタイミングを紹介

転勤にマイナスなイメージを持っている方は多いかもしれません。しかし転勤は、人によってはプラスになります。

今回は転勤願いについてみていきましょう。転勤願いとはなんなのか、転勤願いを出す理由はどんなものがあるのか、転勤願いの書き方や提出するタイミングなど転勤願いについて気になることをまとめていきます。

転勤を希望している人はぜひチェックしてみて下さい。

転勤願いを出す理由

転勤は基本的には企業が社員に出すものです。しかし社員の中には自分から転勤を望み企業に転勤願いを出す人もいます。転勤願いを出したいと思う人にはどのような理由があるのでしょうか。

人間関係

最も多いのは人間関係によってです。「上司や同僚と会わないから移動したい」と思って転勤願いを出すケースが多いようです。しかし人間関係が悪いからといって簡単に転勤はできません。会社は異なるさまざまな人と協力して業務をおこなっていかなくてはなりません。

このような理由で転勤願いを出してしまうと「協調性がない」と思われてしまい会社での評価は下がってしまうでしょう。わがままだと思われてしまうかもしれません。

仕事のモチベーションを上げたい

ずっと同じ環境に居ると人は甘えてしまいます。同じメンバー、同じ業務の毎日で刺激がなくなってしまうということもあるでしょう。将来出世を夢見ている人は自分のキャリアをアップさせるために転勤したいと思うようです。

全国転勤のある会社は転勤がありますが、どの程度のスパンで転勤となるかどうかは企業にしか分かりません。中にはなかなか自分に転勤の話が回ってこないということも…。

このような理由の転勤願いであれば企業も受け入れてくれやすいでしょう。前向きな人は企業も応援したくなります。

転勤願いの書き方

会社によっては、転勤願いの書式がある場合があります。まず聞いてみるといいでしょう。書式がある場合は、務めている会社の書式に添って書いていきます。もし書式がない場合はこれらのことを書くようにして下さい。

・提出する人(上司の名前など)の名前 
・自分の働いている職場や部署、氏名を記入
・どのくらいの期間今の職場で働ているか
・希望する転勤先があれば記入
・転勤したい時期に希望があれば記入
・転勤を希望する理由

上司の名前は〇〇殿と書くといいでしょう。転勤を希望する理由が一番大切になります。

この理由にはマイナスのことは書かないことが望ましいです。前向きな理由をできるだけ具体的に記入するとよいでしょう。例えば、新たなキャリアへの熱意や、転勤によって会社に貢献できるという姿勢を伝えましょう。

また家族の事情など明確な理由がある場合は、具体的に書いたほうが上司は納得しやすいです。

提出のタイミングは1ヶ月前まで

転勤願いは直属の上司に出すのが基本です。いきなり偉い人に渡すのはNGですので気を付けて下さい。上司を通して上の人に話してもらわなければなりません。

上司に話す時は、みんながいないところで二人きりでがベストです。また仕事中に話すのもNGです。仕事が終わって少し時間を作ってもらうようにするといいでしょう。

電話やメールで伝えるのもNGなのできちんと直接伝えるようにして下さい。

提出するタイミングですが、転勤したいと思っている1ヵ月前までには遅くても出すようにして下さい。決済時期、繁盛期は避けるようにして下さい。

可能であれば人事異動が出される前に出すのがおすすめです。人事異動が出される前に提出すると希望通りにはいかないかもしれませんが、転勤できる可能性は高くなるでしょう。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る