転勤が多い仕事4選:前もって情報を集め自分に合った仕事を見つけよう

転勤が多い仕事はしたくないと思っている人は多いでしょう。特に女性は、結婚、出産となるケースが多いので、転勤のある仕事はしたくないと思うものです。

転勤することで、生活環境は大きく変化することになるので、将来のためだけではなく精神的な負担も考えて嫌がる人もいます。

では、どういった仕事には転勤がつきものなのでしょうか。

転勤が多い仕事4選

アパレル

アパレルの雇用形態はアルバイトやパート、または契約社員、準社員そして正社員です。アルバイトやパートで働くとノルマを気にしなくていいため比較的気が楽ですが、時給は低いです。

契約社員は契約期間だけ働きます。アルバイトやパートに比べ給料も高くやや責任もある仕事ですが、正社員のようなボーナスはありません。

アルバイトやパートは転勤とは無縁ですが、正社員はボーナスあり責任あり、転勤ありとなっています。また、アパレルの正社員は他店に出張に行くこともあるそうです。

ファッションブランドは全国展開しているとことが多いため、正社員は経験を積むためにも地方のお店や都会のお店、繁盛店に行くことになるのです。

自衛官

自衛官の転勤は転属といわれます。単身赴任は禁止なので、もし自衛官の人と結婚となった場合は覚悟しなければなりません。転勤する頻度はさまざまで、1年ですぐに転勤となる人もいれば、10年間同じところにいるという人もいます。

幹部自衛官になるとさらに転勤回数は増え、特に若い幹部自衛官は多いです。幹部自衛官の場合は官舎に住むことができるので、転勤先で住居に困ることはありません。

幹部クラスでない自衛官の場合は幹部自衛官に比べると転勤は少ないです。また幹部以外の自衛官の場合は、基本的に駐屯地内に住むことになるので、家族を持っている人は単身赴任となります。

自衛官の転勤が多い理由ですが、日本のどこで災害があってもすぐに対応することができるように、また同じ土地での馴れ合いを生まないためでもあるのです。

飲食店

個人でやっているようなお店であれば転勤はありませんが、ファミリーレストランなどのチェーン展開しているお店で正社員として働いていると転勤があります。飲食店の転勤が多い理由は、さまざまな店舗で働きスキルをアップさせて欲しいからです。

全国展開している飲食店は、どんどん新しい店舗を出していくところが多く、まだ軌道に乗っていないお店を盛り上げるためのスキルを持った人物を必要としています。

店長の中には、評価が高く新しくオープンしたお店にどんどん転勤していくといった人もいるようです。

銀行員

全国展開しているような大きな銀行で働く銀行員は転勤が多いです。銀行員が定期的に転勤をする理由は、不正を防ぐためだと言われています。

同じメンバーが同じ環境で長年仕事をしていると、仕事が惰性的になってしまい、不正に手を染めてしまう可能性があるからです。また、顧客と親しくなり過ぎるのを防ぐためだとも言われています。

とはいえ一般職の場合は転勤がありません。銀行員の転勤が多いのは総合職なので、転勤したくない方は一般職で働くという手があります。

自分に合った働き方を見つけよう

いくら仕事内容が自分に合っていても、働き方が合っていなければ長く続けることができません。特に、転勤となると生活環境が大きく変わり、プライベートへの負担も大きくなるので、慎重な判断が必要です。

仕事を選ぶときは、働く場所や時間といった基本的な部分の情報をしっかり押さえた上で、自分のやりたいことかどうか判断するようにしましょう。

Tags

ライター