めざせ顔やせ!顔デブの原因と解消法を徹底解説

ダイエットしてもなかなか痩せにくいパーツの一つが顔。

脚やお腹のように服装でごまかすこともできないので、デブになったことがすぐにわかってしまう部位でもあります。

ちょっと油断して間食したりすると、すぐ顔に出て、顔がぽちゃっとデブになってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、顔がデブになってしまう原因と、顔痩せをかなえる方法を紹介していきます。

顔デブの人注目!小顔リフトケアクリームはこちら!

顔デブになる原因

そもそもなぜ顔が太って見えてしまうのでしょうか。ここでは、顔デブの原因を考えていきます。

脂肪太り

顔に脂肪がついたため、顔が太って見える場合があります。太ったことによって顔の脂肪の量が増加して、顔が大きく見えてしまうのです。

また、脂肪太りが進行すると二重顎になってしまうこともあるので、気を付けましょう。

顔のむくみ

顔のむくみの原因は、顔の皮膚の下に水分が溜まっていること。顔に余計な水分がある状態なので、太ったような印象を与えてしますのです。

さらに、老廃物が流れなくなってむくみが生じているので、代謝が落ちて脂肪がつきやすくなってしまう場合もあるそう。

顔の筋肉のゆるみ

顔の筋肉が衰えると、脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなったりするので、結果的に顔が太って見えてしまう場合が多いです。

顔の筋肉は30種類以上ありますが、一般的な日本人はその中の30%しか使っていないそう。

さらに、毎日パソコンやスマートフォンを使っていると下を向きがちになり、さらに顔の筋肉の衰えを進行させてしまうことになります。

顔デブの解消法

ここからは、実際に顔でぶを解消する方法を紹介していきます。

顔面マッサージ

クリームを使用した顔面マッサージで、顔やせが期待できます。

額、口の周り、小鼻、顎の順にクリームを使いながら優しく顔をなでていきましょう。顔を優しくマッサージすることで、老廃物が流れ出し、顔のむくみが解消されます。

顔面マッサージにおすすめの小顔リフトケアクリームをチェック

顔面エクササイズ

口を大げさに動かしながら「あいうえお」と発音するだけのエクササイズです。簡単なので、誰でもチャレンジしやすくおすすめ。

具体的には、
アゴを下に下げるよう意識しながら「あ」
口を横に大きく広げるイメージで「い」
口をすぼめて「う」
舌を下の方に出し「え」
口をすぼめて「お」
とそれぞれ発音していきます。これを1日10セット行うだけで、顔の筋肉が刺激され小顔効果が期待できます。

舌を使った顔の筋トレ

顔のたるみ防止、顔痩せ効果が期待できる手軽なトレーニングです。顔の血行もよくなるので美肌効果も期待できます。

口を閉じたまま、舌で歯の表面をなぞるように動かして一周させます。右回り、左回り、それぞれ20回。

これを1セットとし、一日3セット行うと効果が出てくるそうです。

食生活に気を配る

顔のむくみを解消するためには、利尿作用のある食品や飲料を摂取するのがおすすめです。

食べ物ならば、大豆食品やスイカ、トウモロコシ、飲み物であればコーヒーや紅茶などがあります。

ただし、コーヒーや紅茶は摂り過ぎると脱水症状を起こす原因になるので注意しましょう。こまめにミネラル分豊富なミネラルウォーターを飲んで、脱水状態にならないように気をつけてください。

エステに通う

小顔を確実に手に入れたい、という方はエステに通うのがおすすめです。

エステでの施術を行えば、早く効果を実感することができますし、専門スタッフが指導してくれるのでだらけてしまう心配もありません。

特にオススメなのがダイエットサロンブルーム。このエステでは、韓国の伝統的な美容法である骨気を導入したコースを受けることができます。

短期間であごのラインをシャープにし、リフトアップが期待できるはずです。

ダイエットサロンブルームを予約する

Tags

ライター