ダメ息子を家から追い出す方法5選:家に住みにくい状況を作ろう

世間でダメ息子と言われるのは、いろいろなケースがあります。

親と同居しているのに食費も入れない、働かない、ニートと呼ばれる人、あるいはギャンブル好きで時には親のお金も使い込んでしまうなど、お金にルーズな人とか、中には暴力を振るう、というたちの悪い人、など。

そういうダメ息子をとりあえず家から追い出すには、どういう手段があるのでしょうか?実際にダメ息子が家にいる方はもちろん、そうでない方ももし息子がそうなってしまった場合の為に参考にしてみてください。

ダメ息子を家から追い出す方法5選

1. 息子の住む部屋の家賃は出す

基本的に、ダメ息子は収入がない、あるい収入はあってもお小遣い程度にしかもらっていない人が多いので、ただ力ずくで家を追い出すことは、息子の生命に関わるかもしれません。

追い出すにしても親としては、とりあえず部屋を借りてやって、住まいの確保だけはして、あとは本人にもっと収入を増やすなど、生活のレベルを上げるようなやる気を出させる、というのが一番取りやすい手段でしょう。

2. 親が家を出る

ダメ息子を追い出そうにも、本人のやる気がないとか、生活態度が悪すぎて、追い出した先の新しい居場所の近所の住人に迷惑をかけそうな場合は、親が家を出ることを検討しましょう。

多少家が汚れたりするなど、困ったことも起こってくるかもしれませんが、とりあえず息子は身の回りのことは自分でやらざるを得なくなり、自分の収入でしのいで行くことを体得できるでしょう。

3. 家に住みにくい状況に持っていく

ダメ息子でも親からすれば血のつながった息子であり、家を追い出すのはやはりしのびないものです。直接的に追い出すのではなく、息子が家に居づらくなるような状況に持っていきましょう。

例えば食事は自分で調達するようにさせます。自分で作るのか、買ってくるのか、とにかく今の収入の範囲で自分の出来る食事を考えさせるようにします。洗濯や掃除なども責任を持たせ、家には住まわせてもらっているだけ、の状態にしましょう。

そしてもっと収入を増やし、自立しなければならない、という意識を持たせるようにしましょう。

4. 家から通えない職場に行かせる

ダメ息子は、家から通えるコンビニなどでパートの仕事をしていることが多く、収入を増やすために他に仕事をさせようとしても、理由をつけて働こうとしません。

社会人として自分の生活は自分で立てていかないといけないことをいい聞かせた上で、家からは通えない遠方の職場で働かせることを考えましょう。

職場で住宅手当の支給が見込めるならば、その職場で働くことを勧めましよう。環境が変われば、仕事に対する見方が変わり、やる気を出すかもしれません。

5. 親戚の家にお世話になる

ダメ息子が、暴力を振るうなど、生活態度に問題がある場合は難しいですが、人に迷惑をかけずに生活できる人間で、親戚も受け入れてくれるようなら、環境を変える意味で、親戚の家にお世話になりましょう。

親といる時のように甘えることはできないので、他人と親との間ぐらいの存在として、ある程度の気も使うでしょうし、社会人としての意識が芽生えてくるかもしれません。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る