頑張りすぎないのが長続きの秘訣!共働き夫婦の弁当事情

節約のため、体調管理のため、共働き家庭のさまざまな事情から弁当を持参する選択をしたのはいいけれど、毎日のこととなると大変です。

朝はゆっくり寝たいし夜もご飯作りで精一杯。

今回はそんな忙しい共働き家庭の、なるべく晩御飯の調理中に弁当作りも一緒に済ませる方法や一生懸命になりすぎないおかず作りの心構えなど、弁当事情をご紹介します。

なるべく弁当用に時間を割かない

弁当用に毎日おかずを作らないといけないと思うとそれだけで腰が重たくなります。そんなときは、晩御飯の仕込みの段階でお弁当の分のおかずを一緒に作るのはいかがでしょうか。弁当用のおかず作りは最小限にすることでかなりの時間短縮にもなります。

まず、料理の下ごしらえをするときや、晩御飯を作るときはなるべくお弁当を作ることを意識して調理をします。

例えば晩御飯でハンバーグを作るときはミンチを少し多めに買って、成型のときに弁当用に小さめのものを作りましょう。そうすることで、晩御飯用と弁当のおかずが一気に完成します。

晩御飯と同じものを入れるのは抵抗がある

全く晩御飯と同じものをそっくりそのまま弁当に入れることに抵抗がある場合は、一旦冷蔵庫にしまい一日ずらしで使用するのも一つの方法です。

一日あけることで同じおかずを入れた手抜き感も感じにくくなります。

たった2種類の具材でも!頑張りすぎないおかず作り

あともう一品に迷ったときは、冷蔵庫の中を見て2種類だけ選びます。

例えば玉ねぎとミンチの場合でも、さっと炒めて塩こしょうで味付けをするだけで一品の出来上がりです。複雑な料理工程は晩御飯のときだけで十分ではないでしょうか。

弁当作りは毎日のことですのでいかに時間をかけずに楽しんで作れるかが大切です。

作り置きおかずならぬ切り置き野菜を常備してみよう

作り置きおかずと聞くと、まとめて下ごしらえをして何品も作ってと面倒なイメージが先行してしまいがちですが、野菜をまとめて切って冷凍しておくだけと聞くとなんだか出来そうな気がしませんか。

料理をするときは必ず食材を切る作業が必要になります。ここの工程を済ませておくだけでも十分な時短になるのです。

使おうと思ったときにもう切れていますのですぐに調理に入ることができます。

入れるだけのレギュラーメンバーを決めておく

弁当で意外と手間がかかるのが、メニュー選び。朝からじっくりと弁当の中身について悩んでいる時間は、働きながら家事もする忙しい主婦にはありません。

その手間を減らすために、いつもいれる簡単な食材を決めておきましょう。ミニトマトやブロッコリーなど、調理の手間なく入れるだけのものにすると、考える手間と調理の手間の二つの手間を減らすことができます。

いつもレギュラーで入れるものを決めてしまっても、他の物を変えればいつも一緒の弁当だという印象はあまりなく、お弁当を楽しめます。入れるだけおかずで弁当の隙間を埋めてしまいましょう。

レトルトや冷凍食品を利用する

忙しい時に頼れる便利な食品として、レトルトや冷凍食品をどんどん利用しましょう。

温めるだけでお弁当のおかずとなってくれるものはもちろん、冷凍食品には凍ったまま弁当に入れておくだけでいいという商品も多くあります。

凍ったまま入れると、ちょうど食べるころに解凍され、食べごろになるのです。冷凍食品には抵抗があるという人でも、弁当が痛むのを防ぐ保冷剤替わりだと考えることで、気軽に取り入れることができそうですね。温かい季節の弁当には特におすすめです。

手作りのものに比べてコストが気になるという人でも、弁当を持たずに外食してしまった場合を考えると、グッと安く抑えられていることが分かるはずです。

レトルトや冷凍食品などの手軽に使える便利なものはどんどん取り入れ、弁当作りを楽にしていきましょう。

作りたくないときは無理をしない

働いて疲れているとどうしても弁当を作りたくない気分のときもありますよね。そんなときは無理せず休みましょう。

中には一生懸命頑張りすぎて手を抜きたいのに抜き方が分からない人もいるのではないでしょうか。そんな時は手作りをお休みしてスーパーのお惣菜を詰めてみるのも1つの方法です。

作りたくないときは無理しないというのを徹底することで気持ち的にも余裕が生まれます。

旦那にもお弁当を作ってもらう

共働きで妻ばかりが料理を担っているのは大変です。弁当も持参している家庭ならなおさらでしょう。晩御飯はともかく弁当だけでも作ってくれたら助かるのにと感じている方もいると思います。

そんなとき手軽に頼みやすいのが冷凍食品を使った弁当作り。

チンするだけというシンプルな工程なので旦那も手伝ってくれやすいでしょう。いくつか常備しておくと旦那も楽しんで選んでくれるようになるかもしれません。

思い切って頼んでみるのも一つの方法です。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る