転勤による寂しい気持ちを紛らわす方法:趣味を持つことが大事

転勤のある会社に勤めている場合、転勤は避けることができませんが、転勤は寂しいですよね。地元に住んでいての転勤となるとなおさら寂しいです。

転勤は独身の人が選ばれるケースが多いですが、結婚して子どもがいても転勤となるケースがあります。そこで今回は転勤による寂しい気持ちを紛らわす方法についてまとめていきます。

ラジオを聞いて寂しさを紛らわす

寂しさを紛らわすにはラジオがおすすめです。

なんだか寂しいなと感じた時にテレビをつけるという人は多いかもしれません。確かにバラエティ番組を見ると楽しい気持ちになりますよね。ドラマも感情移入してみてしまうので寂しさを紛らわせることができます。

しかし今回おすすめしたいのはテレビではなくラジオです。今ラジオはスマートフォンのアプリでも簡単に聞くことができるため、デッキを持っていなくても誰でもラジオを聞くことができるのです。

ラジオを聞いたことがある人は分かると思いますが、ラジオはリスナー(聞いている人)に話しかけるように話しています。そのため「まるで自分に話しかけているんじゃない!?」と思うことができるのです。

そのためテレビよりもラジオの方が寂しさを紛らわすことができおすすめです。

家族に電話をかける

結婚している人は家族に電話をかけて寂しさを紛らわしましょう。電話して、たわいもないことを話していると寂しい気持ちをやわらげることができます。妻に「寂しい」と正直にいうと愛も深まるかもしれません。

結婚していない人でも家族に電話をかけてみてはいかがでしょうか。両親に電話して寂しさを和らげましょう。家族だけでなく、友達に電話するのも気分が明かるくなります。もちろん彼女でもOKです。

自分は1人じゃないんだ、ということが分かれば寂しさを紛らわすことができます。

趣味を持つ

仕事をしている時は忙しいので寂しいと感じることが少ないようです。転勤してきた人が寂しさを感じることが多いのは、家で1人になった時です。そのため寂しさを紛らわすために家でできる趣味を見つけるようにしてください。

ゲームでも漫画でもDVDでも漫画でも、家で1人でできることならば何でもいいのです。スマートフォンのゲームは一番手軽にできます。

趣味を見つけ趣味に没頭することで、寂しさを紛らわすことができます。

ペットを飼う

家に自分以外の生き物が住んでいれば寂しさを紛らわすことができます。お世話をしたり話しかけたりすることで寂しさを紛らわすことができるのです。

ペットは話しかけても返事をしてくれるというわけではないですが、生き物の存在感が寂しさを紛らわせてくれます。帰ってきて「ただいま」をいう相手がいるというのは嬉しいことなのです。

しかしペットといっても犬や猫が禁止されているマンション・アパートもあります。むしろペットOKのところの方がまだまだ少ないようです。

特に、転勤となると会社が家を用意してくれているケースが多いですが、会社が用意してくれている家はペット禁止のところが多いです。しかしペットが禁止であっても金魚やカメ、ハムスターであれば問題ないでしょう。生き物と一緒に生活することで、寂しい気持ちを紛らわすことができます。

どれか1つでも、自分にとってさみしさを紛らわせられる方法を見つけることで、寂しさは減らすことができます。自分に合った対処法を見つけましょう。

Tags

ライター