膀胱炎でもセックスできる?膀胱炎とセックスの関係まとめ

shutterstock_340210601

膀胱炎でもセックスできる?膀胱炎とセックスの関係まとめ

女性に多いと言われる膀胱炎は、一度発症してしまうと再発することが多いことでも知られています。また膀胱炎が腎盂腎炎にまで悪化すると、敗血症という病気になることもあり大変危険です。

そんな膀胱炎は、性行為(セックス)との関係が注目されることが少なくありません。そこで今回は、膀胱炎とセックスの関係についてまとめました。

膀胱炎とは

膀胱炎には「急性膀胱炎」と「慢性膀胱炎」の2種類がありますが、一般的に膀胱炎と言えば急性膀胱炎のことを指します。

この急性膀胱炎(以下、膀胱炎)は、細菌が尿道から進入して、膀胱に感染することで発症する病気ですが、女性は男性よりも尿道が短い上に、肛門や膣と尿道口が近いことから、膀胱炎にかかりやすい構造になっています。

そのため、膀胱炎患者は男性よりも女性の方が多いのです。

膀胱炎の自覚症状

膀胱炎の自覚症状は、トイレにってもまだ尿が残っているような残尿感や血尿・白濁尿などがあります。また、排尿時に焼け付く様な痛み(排尿痛)が起きることも。

微熱が出る場合もありますが、高熱が出ることはありません。(高熱が出た場合は他の病気を疑ったほうが良いでしょう)

セックスが膀胱炎の原因になることも

尿道口付近で接触をおこなうセックスは、膀胱炎のリスクが高い行為です。感染した場合、セックスをした当日から数日中に発症することが多いと言われています。

また、激しいセックスによってデリケートゾーンや尿道口、粘膜が傷つくことで、膀胱炎リスクはさらに高まります。

膀胱炎中にセックスはできるのか

セックスが原因になる可能性もある膀胱炎ですが、膀胱炎にかかっている時にセックスをすることはできるのでしょうか?

膀胱炎の時、セックスは避けるべきです。痛みが悪化することがあり、膀胱炎がしっかりと治ってからセックスを楽しみましょう。

膀胱炎を防ぐには?

セックスライフを楽しむためにも、膀胱炎を予防するためのセックスを行なうことが大切です。

膀胱炎は細菌性の感染症です。セックスの前後はデリケートゾーンをしっかりと洗い、清潔を保ちましょう。ただし、石鹸でデリケートな部分をゴシゴシとこすっては、逆に体を傷つけてしまいます。

また、セックスで膀胱炎を発症しやすい人は、セックス後にトイレにいくことで、尿と一緒に細菌を出してしまいましょう。

そしてもっとも気をつけたいことは、きちんとコンドームを付けることです。コンドームは望まぬ妊娠や性感染症を防ぐだけでなく、膀胱炎を防ぐ役割も果たします。

おわりに

セックスと膀胱炎の関係は非常に深いものです。女性はもちろん、男性も女性の身体のことをしっかりと考えて、膀胱炎を予防する必要がありそうです。

そしてもし膀胱炎と思われるような症状が出た場合は、すぐに病院に行って的確な診断を受けることが大切です。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です