情熱タイプ?牡羊座(おひつじ座) の性格、特徴と恋愛傾向

牡羊座は3月21日~4月20日生まれの人で、火星と関連があることから激しい性格の象徴とも言われています。

高い体力と精神力を兼ね備えているので、仕事も恋愛も全力を捧げます。燃えるような性格の牡牛座の方とは、一途な情熱的な恋愛ができるはず。

そんな情熱的な恋愛がしたいけれどなかなか出会いがないという方は、マッチングサービスを利用してみてもいいかもしれません。

ペアーズで理想の相手を見つける

牡羊座の神話:金色の羊

星座にはひとつひとつにギリシャ神話があり、牡羊座はゼウスが遣わせた金色の羊のストーリーがあります。継母にいじめられていたアタマス王の息子フリクソスをゼウスの金色の羊が攫って救い出しました。

安全な地コルキスまで羊に乗って逃げたフリクソスは、その金色の羊をゼウスに感謝の生贄として捧げ、その後も幸せに暮らしたそうです。

牡羊座のエレメント

牡羊座は情熱的な火のエレメントに属します。チャレンジすることが好きで、冒険心たっぷりな火のエレメントは、周りを引っ張っていくリーダータイプ。

恋愛においても積極的で、自分の気持ちを情熱をもって表現します。飽きっぽい性質もあるので、火遊びのしすぎには注意。

火のエレメントの星座

牡羊座、獅子座、射手座

相性が良い星座

双子座、獅子座、水瓶座

牡羊座の性格

牡羊座の性格は火の性質そのもの。何をするにも激しさが目立つので結果も激烈になりやすく、中途半端な結果を望んだりはしません。

もちろん、周囲からの視線を集めるのも大好きという性質ですから、数奇な物語を知らず知らずのうちに求めてしまい、内面でも苦労を強いられます。では、そんな激しい性質の本質とはどんなものなのでしょうか?

牡羊座のなかでも特にO型の人に関する記事もチェックしてみてください⇒まっすぐで情熱的!牡羊座O型の特徴と恋愛傾向

牡羊座の行動理念はリーダーシップ

牡牛座は、行動理念に関しても火の性質と言って良いでしょう。結果のためならやり方を選ばない激しさを見せます。火は先を見通すための灯りとなるように、牡羊座の人も松明を掲げる先駆者となるパイオニア的側面があります。

物事の火付け役として周囲を牽引するリーダーシップも持ち合わせますが、周囲の人を火傷させるような熱量を持っています。一途に天へと燃え上がる炎のようにこれと決めたら一直線の人。

周囲の人との温度差が生まれてしまった場合には、牡羊座らしい熱量の大きさが独り相撲になってしまったり、チームから孤立してしまう可能性も持っている点に注意が必要です。

牡羊座は熱量を持って仕事をする

shutterstock_273512258
牡羊座は火の星座。燃えるような仕事ぶりになる傾向があり、かなりの体力と精神力を見せてくれることでしょう。

人よりも粘り強く交渉ごとに当たれる反面、自分勝手になりやすい弱さもあるので、下準備をしてくれる人やサポートしてくれる人の存在があると物事を有利に運びやすい性質があるようです。

目立ちたがり屋なので、仕事での業績評価を必要以上に気にしてしまいがちですし、人からのマイナス評価や叱責で傷付きやすいのですが顔に出したり態度に出さないようにします。

言いたいことがある人は第三者を間に置いてみたり、人目のないところで上手に伝えた方が無難かもしれません。

牡羊座の長所

物事を前進させる原動力の高さや、周囲の状況と自分自身とを調和させてしまう、力技のような環境順応の高さではかなりの力強さを見せてくれます。

どんな困難な状況であっても、状況が乗りに乗って来た時には推進力はめざましいものがあり、とどまるところを知りません。

状況を早急に進める力でも目を見張るものがあります。出来ないと思われていたことに挑戦して、実際にやり遂げてしまう歴史上の人物をたくさん輩出しているのが牡羊座でもあります。

牡羊座の短所

どうも一定して安定的に物事に当たることは少なく、精神面や行動面では衝動的になりやすいのが玉にキズです。

仕事や恋愛では激しく燃え上がった時であってもいつでも同じような熱量にならないケースがあり、ムラが少なからず見られます。

能力が圧倒的に良く出る分野と、全く動けない分野とが明確化しやすく、全体的に何でもこなせるオールラウンダーというよりも得意分野を活かした仕事や作業が向き、同じ仕事の繰り返しになるような仕事もすぐに気持ちが冷めます。

理性的というよりも野性や衝動の人なので、物事が完了するまでがいつでも全く同じ時間や労力とは限りません。タイミング次第、内容次第になりかねない性質は理解しておくべきでしょう。

牡羊座の恋愛傾向

shutterstock_375336118
牡羊座は火の性質が示す通り情熱、愛情、激情の恋愛をします。血気盛んな内面と、相手を手に入れようとする激しい愛情の人でもあります。

恋愛の考え方

正に情熱。その一言に尽きます。相手の立ち場や年齢差、性格や社会的立ち場などを無視しても自分の本性に従って相手を一途に想う気持ちはかなり情熱的な傾向を示していると言っても良いでしょう。

無理難題であってもどうにかして相手と結ばれようと必死に戦う力は時に周囲を巻き込むことにもなりかねませんが、もしも不可能を可能にする恋愛をするとしたら牡羊座がその典型かもしれません。

熱しやすく冷めやすい性質もあるので、燃えた愛情を情にするまでも迅速にしていかなければ、すぐさま次の恋愛に目移りしやすい恋多き人でもあります。

恋愛の失敗傾向

刹那的な恋愛衝動に落ちてしまいがちですから、気が付いたら好意ある人が何人もキープして誰にするか最後まで選び切れず、最終的には孤独になってしまっていた…なんてことも起こりやすいです。

情熱のためになら何でも出来るのですが、その方法論では周囲を忘れて時たま常識から外れてしまう事もあります。恋愛衝動を叶えてしまった後、結婚や結婚生活、長期的な恋愛で苦手な問題に直面しやすいのを忘れてはいけません。

好きな人と結ばれた後の生活のビジョンがあっても、実際問題、生活をしていく上で仕事をどうするのかを考えた時、相手との生活観念が違っている事もあれば生活への考え方そのもので衝突もしやすいです。

現実との折り合いをつけていくための長期的な情と妥協、優しさが牡羊座には求められます。

牡羊座の女性

普段は楚々としていても、恋をした時にはあれこれ思い悩むような内面を持っています。

仕事でも恋愛でも好戦的な部分を持ち合わせており、手練手管で結果を導く力はかなりものですが、相手との相性が悪かった場合には、相手に逃げられてしまうケースも。

戦略的なやり方で恋愛には強いはずが、狩り場が悪かったり、求める相手がいない場合には惨憺たる結果になりやすい点もお忘れなく。相手選びに悩む星のもとに生まれていると言って良いでしょう。

牡羊座の男性

牡羊座の男性は群の中にいても猪突猛進で目的を達するためならば手段は選びません。

性的にかなり旺盛なのも特徴ですが、この旺盛さが嵌まる相手とだけ関係してしまいがちなのが大いに損。経験人数が多くなりやすく、恋愛でも場慣れしやすいのが逆に本気の恋愛から遠ざけてしまいがちです。

かなりのテクニックがあっても遊び人になってしまいやすいので、この獣性の手綱を握れる女性を選んで安定を得るか、あるいは楽しく孤独に生きていくかの二択になる傾向があります。

結婚生活に向かないかと言えば、相手さえ間違わなければ善良な夫になれるのですが、問題となるのが本質を理解し合って結婚していくこと。偽りは失敗の元です。

牡羊座のセックス

Love

気付いたらヤっちゃったパターンを踏んでしまう可能性を秘めていますから、牡羊座の相手となる人は旺盛な精力のみならず、失望させない程度に空気を読む力が求められます。

セックスが激しいからと言っていても、なかなか信用ならない気分屋な人柄。新しい出会い、新しいセックスへの好奇心は、最初に強くても次第に同じ人物に対しては薄れていってしまうもの。

いつでも新鮮な気持ちが味わえるよう、同じようになってしまわないセックスの幅広さや、気持ちを察してあげる力がなければ長期的なセックスの関係性はたとえ夫婦であっても望めません。

牡羊座の人自身はセックスの勉強に熱心な人が多いので、どんなに下手な人でも相手との相性が良ければ、かなり床上手になっていきやすいようです。

牡羊座と付き合うためのアプローチテク

牡羊座との恋愛は波瀾万丈が起きやすいので面白いのですが、気難しい面も。

好かれる方法

斬新で新鮮な刺激を好みます。同じような会話やプレゼントがずっと続いていくようなアプローチも良いかもしれませんが、時には趣向を変えてみたり、変化球を試みたりしてみましょう。

問題なのはドン引きさせてしまわないこと。恋愛傾向が強いのと、人間的な許容範囲は全くの別物。それどころか、ドン引きする時には潮が引くようにあっと言う間で、取り返しがつかなくなります。

後ろを振り返らないのも牡羊座の強さの一つなので、本当にダメだと判断されたら後から挽回するのも難しいもの。リサーチは徹底的に。

そして細心の注意を持って、かつ大胆に誘いを掛けていきましょう。気が向けばトントン拍子で進むので、一回のお断りで諦めずに次は別の方法、と考えて何度か誘ってみるべきです。

デートする場所

couple with bicycles in the city

新鮮で斬新なスポットが良いでしょう。あんまり変化に乏しいような場所に何度も行くのよりは、ちょっと普段はいかないような新しいスポットを探した方が吉。

食べ物については気分屋なので絶対の法則が人によっては見付けられないかもしれませんが、なるべくなら面白味のあるようなお店をチョイスしてみるのも手です。

心落ち着くスポットを差し込むのであれば、快活に楽しめるようなスポットとの併用が良いかもしれません。滔々と流れる時間のみならず、刺激的な時間と、緩急のある流れを意識した方が良いでしょう。

しかし、疲れてしまった時には気持ちもすぐさま萎えてしまうので、様子を見つつ、プランの合間合間で希望を叶えつつ進捗させたいものです。

スキンシップ

いきなり大胆に探りを入れられるとかなり引かれてしまいかねないので、一定の手順を踏んでから、好意があるかどうかの探りをスキンシップで探っていくのが無難でしょう。

何を置いても一番に大事にされたいタイプが牡羊座の本性ですから、あまり個人性を蔑ろにするような行き過ぎたスキンシップは禁物です。あくまでも上に立てながら、大事にしているんだよというポーズは決して崩してはいけません。

もしも相手が求めているのであれば喜んでスキンシップをしていかなければ逆に機嫌を損ねてしまうので、状況を探り探り、怒りっぽい性質を刺激しないようにスキンシップを進めていきましょう。

セックスに持っていくまで

恋多き人、牡羊座が相手ですからセックスに入る時は雪崩れるように早い展開が往々にしてあります。

機嫌を損ねないようにその状況に持っていくためには動くに任せるのが吉ですが、絶対条件は相手からって決めているタイプも少なからずいますから、好機と思ったら自然な流れで自分から持っていってしまう決断力も必要です。

少なからず恋多き人間ではあるのですが、気分が先行する物の考え方をしやすいので、気分ではない時には徹底的に気分が乗らないなんてケースも見られるので、絶えず注視し続けて動向を見守っておかねばなりません。

タイミングが合えば、かなり楽しく過ごすことが出来るでしょう。

付き合い出してから結婚まで

shutterstock_133378736
結婚を決意するまでがかなり早い人か、結婚をしたがらない人かのどちらかになりますが、どちらにしても恋多き自分の性質が原因になりやすいようです。

結婚そのものが早くても、問題なのは結婚後の生活です。

結婚してからの生活では付き合っていた頃のような斬新な刺激が減っていくのも事実。毎日の生活を楽しめるよう工夫し続けていかなければ、他に気持ちが言ってしまったり、そうでなくてもセックスレスになりやすいです。

気分が乗らなければセックスにかなり消極的になってしまうケースもかなり多く、伴侶の体付きや様子が変わっていってしまってからは気分が乗らなくなりやすいため、もし末永く熱い関係を築いていきたいのであれば自助努力が求められる結婚相手と言えるでしょう。

燃える想いの牡羊座

pairs切り取り済み1

周囲を明るく照らす火の性質は明る過ぎるために自分で抑え切れない熱量になることも多いですが、これは牡羊座の強さでもあります。

情熱的な恋愛や物語性の強い斬新な世界への渇望は、牡羊座ならではの推進力で、友人としても恋愛対象としてもこの上なく面白味のある人と言えます。

ですが火の明るさの下には陰が差すのも当然のことで、この秘めた暗い部分については誰にも示そうとはしません。

長く牡羊座の人と関係を築いていきたいと思うのであれば、この明るさの下に隠された部分を大事にできなければ苦労させられるかもしれませんね。

ただ、その隠された暗い部分も大事にすることができれば牡牛座とはかなり良好な関係を築けます。一度好きになってもらえれば、情熱的な恋愛ができるはずです。

情熱的な恋愛が恋愛がしたいという方は、牡牛座の人がねらい目かもしれません。でも、なかなか都合よく牡牛座の人が近くにいるとは限らないもの。

マッチングアプリのペアーズなら、星座を指定して相手を探すことができるため、確実に牡牛座と出会えます。

ぜひペアーズに登録して、運命の相手を見つけましょう。

ペアーズで牡牛座の人を見つける

Tags

ライター