ライターの給料ってどのくらい?必要な資格や仕事の見つけ方は?

ライターは、メディア(紙媒体、Web)に掲載する記事を書く仕事です。一昔前は、雑誌や書籍などの紙媒体に掲載する記事がほとんどでしたが、最近ではWebに掲載する記事の需要も増えています。

またライターは仕事の場所を選びませんから、自宅やカフェで執筆することも可能です。そのため、主婦や育児中の女性もライターとして活躍しています。

最近ライター募集の求人も増えてきましたが、ライターの給料のみで生計を立てて行くことは可能なのでしょうか?

今回はライターの給料やライターになる方法、仕事の見つけ方などをご紹介します。

ライターの給料は?

社員ライター

社員ライターは会社で雇われているため、会社から給料をもらいます。そのため、フリーランスや副業のライターと比べると、多く収入を得ることができます。

フリーランスのライター

フリーランスのライターは、継続して仕事があるとは限りませんから、収入は不安定になりがちです。ライターとしての収入が300万円未満の人も少なくありません。

特に最近では、クラウドソーシングの登場によって記事の単価も下がっていますから、ライター業だけで生計を立てるのは簡単ではなく、アルバイトなどで収入を補っているライターが多いです。

副業ライター

副業ライターの場合、家事や育児の合間に記事を執筆して、月に3~5万円程度の収入を得られれば十分でしょう。

クラウドソーシングには仕事がたくさんありますから仕事を見つけること自体は難しくありませんが、1記事500円~1,000円程度の単価のため、多額の収入を得るのは難しいです。

ライターの分類

社員ライター、フリーランスのライター、副業のライターの3つを詳しく紹介します。

社員ライター

社員ライターは、企業に就職して社員として働くライターを指します。

主な就職先としては、出版社、編集プロダクション、Webコンテンツを作成するWeb系企業などがあります。ただし、正社員として雇用されるとは限らず、アルバイト、契約社員、派遣社員として働いているライターも少なくありません。

フリーランスのライター

フリーランスのライターは、個人事業主として働くライターを指します。

社員ライターとして経験したあとに独立する人、ライター養成スクールでスキルを身に付けて独立する人などがいます。

副業ライター

副業ライターは、別の仕事をしながら副業で記事を執筆するライターを指します。

近年、自分のペースで執筆できる環境が整いつつありますから、家事・育児の合間に執筆することができるため、副業ライターとして自宅で執筆活動を行う主婦もいます。

ライターになるためには

ライターになるのに特別な資格は必要ありません。ある程度のレベルで文章を書くことができればライターになることができるでしょう。しかし最近は執筆する分野についてある程度の知識が必要とされる時代になりつつあります。

美容系の記事を書きたいのであれば、コスメコンシェルジュやスキンケアアドバイザーの資格を持っていることが望ましいとされる場合もあるので、注意が必要です。

また社員ライター、フリーランスのライター、副業のライターで勤務形態などが異なるので、自分にあった働き方でどのライターになるか選びましょう。

ライターの仕事はどこで見つければいいの?

ライター業で難しいのは、ライターになることではなく、継続して仕事をし続けることです。社員ライターは企業から仕事が与えられますが、フリーランスと副業のライターは、自分で仕事を見つける必要があります。

そこで、ライターが仕事を見つける主な方法を紹介します。

1. ライター募集に応募する

まずは、出版社・編集プロダクション、webメディアのライター募集などに応募しましょう。企業のホームページやサイトページに掲載されていたりするので、こまめにチェックしてください。

ライター募集には、単発の仕事と専属契約に大別されます。また、単発の仕事を受けたとしても、ここで認められれば専属契約の道が開ける場合もあります。

ただし、ライターを募集する企業は即戦力を求めていますから、経験の少ないライターにはハードルが高いです。

2. 企画を持ち込む

書籍や雑誌の連載の企画を出版社・編集プロダクション持ち込むことができます。

自分の得意分野の企画を持ち込んで実力が認められれば、継続して仕事がもらえる可能性もあるでしょう。待つだけでは安定して仕事を確保するのは難しいですから、仕事を取りにいく攻めの姿勢が必要です。

3. Webで見つける

最近では、クライドソーシングを通じて仕事を見つけられるようになりました。クラウドソーシングを通じた募集は、Webサイトに掲載する記事の執筆依頼がメインです。

単価は安いですが、未経験者歓迎の募集も多いので、副業ライターとして活動を始めるにはピッタリです!

Tags

ライター