労働基準監督官の給料はどのくらい?どんな仕事してるの?

労働監督官は、労働に関する法律を企業が守っているかをチェックして、労働者の権利を保護するための業務を行っています。

労働基準監督官は男性が多いですが、女性の労働監督官のほうが相談しやすい場合もありますから、女性の活躍が期待されている職業です。

労働基準監督官は、男女で待遇に差がありません。また、土日祝日は休みですし、有給休暇・育児休暇なども取得しやすいですから、家事・育児と両立する女性にも働きやすい環境です。

そんな労働基準監督官の給料はどのくらいなのでしょうか。今回は、労働基準監督官の給料、労働基準監督官になる方法、仕事内容、をご紹介します。

労働基準監督官の給料

労働基準監督官の給与は、行政職俸給表に則って給与が支払われます。大卒の初任給は、基本給178,200円と、住宅手当、交通費、家族手当、超過勤務手当、期末手当、勤勉手当などの各種手当の合計です。

労働基準監督官の給与モデルは、以下のようになります。

年齢 家族構成など 月額給与 年間給与
22歳 独身、大卒、初任給 178,200円 2,894,000円
25歳 独身 188,400円 3,060,000円
30歳 配偶者 235,900円 3,810,000円
35歳 配偶者、子1人 289,200円 4,722,000円
40歳 配偶者、子2人 322,300円 5,254,000円
50歳 配偶者、子2人 440,000円 7,052,000円

(※)人事院が平成28年8月に発行した「給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント」から引用

労働基準監督官の仕事内容

労働基準監督官は、下記4つのような仕事をしています。
 ■事業所に立ち入って調査する臨検監督
 ■事業所を強制捜査して検察庁に送検する司法警察事務
 ■労働災害の原因を調査し、再発防止を指導する安全衛生業務
 ■労働災害の保険給付に関する労災補償業務

労働基準監督官は、全国の労働局・労働基準監督署に勤務します。

そして、労働基準監督官は、「給料の支払いが滞った」、「不当な理由で解雇された」、「残業代が支払われない」などの相談を労働者から受けて、事業者を監督・指導するのが主な仕事です。

労働基準監督官になる方法

労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に合格する必要があります。受験資格および試験内容は、以下の通りです。

労働基準監督官採用試験の受験資格

受験年度の4月1日の時点での年齢が21歳以上30歳未満の人、もしくは21歳未満の大学を卒業した者および3月までに卒業する見込みのある人に受験資格があります。

労働基準監督官採用試験の内容

労働基準監督官採用試験には、1次試験(筆記試験)と2次試験(人物試験、身体検査)とがあります。

1次試験では、公務員に必要な基礎知識、労働基準法・労働安全衛生法などの法律知識、法文系(労働基準監督A)または理工系(労働基準監督B)の専門知識が問われます。

法文系・理工系を選択できるので出身学部は問われませんが、法律知識を問う問題が多いので法学部出身者がやや有利です。

2次試験では、人柄や対人的能力などについての個人面接と、主として胸部疾患、血圧、尿などの内科検査があります。

Tags

ライター