中途採用してるの?アナウンサーへの転職に必要なスキルや条件とは

アナウンサーは、ニュース番組でニュースを読むイメージが強いですが、最近では、バラエティ番組、スポーツ番組、音楽番組など、さまざまな番組に出演しています。

特に、女性アナウンサーの競争率は非常に高いですから、残念ながら新卒で採用されなかった人も多いでしょう。しかしながら、他の職業を選択したあともアナウンサーの夢を諦められない人もいるのではないでしょうか?

では、アナウンサーになるには新卒でなければならないのでしょうか?そんなことはありません!中途採用でアナウンサーに転職できる道も残されています。

今回は、アナウンサーの中途採用のタイミングや転職に有利なスキルや資格をご紹介します。

アナウンサーへの転職を考えている人は、大手転職サイト『リクルートエージェント』を利用してみてください。転職のプロがあなたをサポートしてくれます。

リクルートエージェントのサイトを見る

中途採用のタイミングはいつ?

NHK、キー局、準キー局は、放送局としての規模も大きく、アナウンサーの数も多いです。しかしながら、アナウンサーを新卒で定期採用して自社で教育を行いますから、中途採用での入社は難しいと言わざるを得ません。

一方、地方局では、アナウンサーに欠員が出た場合に不定期で採用をする場合がありますし、アナウンサーとしてのスキルを持った即戦力を求めています。そのため、中途採用でテレビ局のアナウンサーを目指すなら、地方局を狙うのが現実的と言えます。

同様に、ラジオ局のアナウンサーも規模が大きいほど新卒中心、規模が小さいほど中途採用が中心です。さらに、インターネット放送では、自社でアナウンサーを採用せず、フリーのアナウンサーと契約している場合もあります。

中途採用のアナウンサーはHPなどで募集されますが、放送局の数が多いので現実的ではありません。そこで、求人サイトを利用するか、アナウンススクールに通って情報を取得するのが良いでしょう。

転職に有利なスキルや資格とは?

アナウンサーへの転職には、客室乗務員、ホテルスタッフ、モデルなど、人前に立つ華やかな職業が有利と言われています。英語が堪能なこともアナウンサーへの転職に有利に働く可能性があります。

また、アナウンサーに転職するためには、滑舌や発声の専門的なトレーニングを受けておくと、転職のときに有利になるかもしれません。

アナウンサーになるためのトレーニングは、下記などで受講することが可能です。
 ■キー局主催のアナウンススクール
 ■東京アナウンスアカデミー
 ■東京アナウンススクール

さらに、アナウンサーになるために必要な資格は特にありませんが、アナウンサー検定や漢字検定、TOEIC、日本語検定などは受けておいてもいいでしょう。

アナウンサーに向いている人の適性とは?

ではアナウンサーに向いている人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

うまく気持ちを切り替えられる人

アナウンサーというのは、原稿の種類によって微妙に表情や声のトーンなどを使い分けているものです。

例えばニュースの原稿を読む場合、明るい話題であれば、表情や声からも明るさが伝わるように読み上げますし、反対に悲しい話題なら、悲しみを表すように原稿を読みます。

また、プライベートで気持ちが落ち込むこともあるでしょう。しかし、そんな場合でも変わらずアナウンサーとしての業務はこなさなければなりません。

視聴者など大勢の人から見られたり聞かれたりする職業ですので、中途半端なごまかしは通用しません。

その時々で、自分の中の気持ちを素早く切り替えることができなければ、アナウンサーとしてやっていくことは、難しいかもしれません。

物怖じしない人

放送中のトラブルや予期せぬ出来事などが発生した場合、アナウンサーは冷静な態度でその場をうまく収めなければなりません。

他の一般的な職業でもトラブルはありますが、アナウンサーは視聴者やリスナーなどがいる手前、大きなプレッシャーの中でトラブルに対処することになります。

そのような場合に物怖じしない人であれば、冷静な気持ちで臨機応変に対応することができるでしょう。

勉強熱心な人

アナウンサーのスキルは、知識や情報が大きなウエイトを占める職業です。一般教養はもちろんのこと、最近の時事問題や専門的な知識でさえも必要とされる場合があります。

アナウンサーはただ用意された原稿を読み上げればよいと思っている方もいるかもしれませんが、実際は取材などがあれば、自ら下調べや原稿の内容などに関わる場合もあります。
スポーツなどの中継解説などの場合は、その時々の状況に合わせたコメントや情報も入れ込まなければなりません。膨大な知識や情報がなければ、とても務まらない職業です。

膨大な知識や情報を身につけるには、やはり日々の勉強しかありません。新しい情報や知らない知識を身につけることが好きな人は、アナウンサーに向いているといえるでしょう。

転職先は地方局がおすすめ!

アナウンサーが活躍する主な場は、テレビ局です。

テレビ局は、日本放送協会(NHK)、キー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)、準キー局(讀賣テレビ放送、朝日放送、毎日放送、関西テレビ)、各都道府県にある地方局に大別されます。

みなさんがよく目にするのはNHK、キー局、準キー局のアナウンサーですが、地方局まで含めるとアナウンサーの活躍の場は意外と多いのです。また、ラジオ局も地方局まで含めればとても多いので、特定の局にこだわらなければチャンスは十分にあります。

さらに最近では、BS放送、CS放送、インターネット放送などの発達に伴って、アナウンサーの活躍の場はさらに広がっています。

リクルートエージェントでは、アナウンサーに転職したいと考えているあなたを、転職のプロが全力でサポートしてくれます。転職に関する知識がなくても安心して利用できるのでおすすめです。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る