夫婦の家計管理事情とは?役割と仕組みは話し合いで決めておこう

家計の管理というのは夫婦にとって大事な問題です。家計管理を重視しなかったせいで家計が苦しくなり、気が付いたら借金をするようになるといった事態もあるかもしれません。

他の夫婦の家計管理事情と自分の場合を比較して振り返ってみましょう。そして、家計管理が引き起こす問題についても理解しておきましょう。

家計管理のパターン

結婚後の家計管理事情で多いのが、夫婦の片方が家計管理を引き受けているパターンです。もし、片方が家計管理を行おうとしているなら、任せられる人間がお金の管理能力に秀でていることが大事でしょう。

また、家庭における出費はそれぞれが出した後に各自で管理しているケースもあります。どちらかに負担が偏るという心配はないですが、全体の家計状況が見えないので、家計管理という面ではあまりおすすめしません。

夫婦の口座事情

まず、家計管理のために新しく口座を作るパターンがあります。例えば、子供を産みたいと望んでいるご夫婦なら、子供のためにお金を貯める口座を作るケースが挙げられるでしょう。

また、結婚後でそれぞれの名義で銀行口座を持って貯金をしているパターンもあります。夫は貯金しているらしいけれど、どこの口座でいくら貯金しているのかは知らないという妻もいるそうです。

夫婦の家計管理が引き起こす問題

関係悪化につながる

結婚相手が家計管理を一手に引き受けているが、内実が不透明であることに不安感を持って喧嘩するパターンがあります。結婚相手がしっかりと家計管理を行ってくれているという信頼感がないことが原因でしょう。

また、結婚後に誰が家計管理をするのかで喧嘩をするパターンもあります。例えば、妻に任せていたけれど、夫が自分で家計管理を行いたいと望んだことで喧嘩するような事態が挙げられるでしょう。

他にも、収入の管理をしている夫や妻から生活費や小遣いを渡されているが、金額が少なくて喧嘩になるパターンも挙げられます。

貯金ができない

家計管理に問題があると、お金を貯めようと思っても貯めることができません。今いくらあって、今月いくら出る予定で、次にいくら入ってくる予定なのか、といったお金の流れは、しっかりと家計管理を行うことで見えてくるものです。

お金の流れが分かっていなければ、貯金のための対策を立てることができず、結局いつまでたってもお金は貯まらないのです。

話し合いの機会を持とう

家計管理が原因で夫婦喧嘩なんてしたくないと思っている場合もあるかもしれません。ですが、家計管理で疑問や不満があるなら結婚相手と喧嘩を覚悟して話し合っておくべきです。

話し合いで家計管理の役割と仕組みをしっかりと整えることは、金銭面だけでなく夫婦の関係にも良い影響を与えるはずです。

Tags

ライター