旦那の両親と同居するメリット、デメリット:間取りを工夫してストレス解消?

旦那の両親と同居することになった場合、不安を感じる人は少なくありません。ご両親と上手くやっていけるのか、自分の居場所は見つけられるのか、様々な思いがあることでしょう。少しでも旦那の両親と同居することにポジティブな感情を持ちたいものです。

では、結婚して旦那の両親と同居するメリットはどこにあるのでしょうか。またデメリットとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

旦那の両親と同居するメリット

家事を助け合える

今の時代では共働き世帯も多くなってきました。仕事をしていて家事にまで手が回らないという人も多いでしょうが、旦那の両親と同居していれば、姑が家事を手伝ってくれることもあります。

一見すると、姑から家事をしない嫁だと思われて関係が悪くなるのではないかと感じてしまいますが、姑が家事を手伝ってくれることで感謝の気持ちが生まれ、関係が良好になったというケースもあります。

また、子供がいる場合は、自分の仕事中に子供の面倒も見てくれます。姑のおかげで仕事に専念できるということは、かなり大きなメリットではないでしょうか。

貯金ができる

旦那の両親と生活費の出費を分け合うことで、支出を抑えられることができます。また、子供に対する出費を両親が賄ってくれる可能性も高まるため、浮いたお金は貯金にまわすことができるのです。

生活費を分担するというのは家族の人数が多いからこそできることなので、ご両親と同居するメリットの一つと言えるでしょう。

旦那の両親と同居するデメリット

ストレスが溜まる

たとえ旦那の両親が良い人であっても、気を遣いすぎてしまってストレスになることはあるでしょう。他人と同居しているのに全く気にせず素の自分で過ごすということはないですが、常にご両親からの目を気にして生活するのはとても疲れます。

また、自分自身は旦那の両親のことが好きでも、ご両親からは嫌われているという場合もあり、両親からいじめられることも多いです。

自分に非がなくても嫌われてしまう場合は解決策を見つけるのが難しいので、ストレスの蓄積に繋がりやすくなってしまうでしょう。

生活スタイルが異なる

ご両親の生活スタイルは、今まで自分が過ごしてきた生活スタイルとは異なることがほとんどです。休日はゆっくり寝たくても必ず朝から起きなければならないなど、最初は苦労することでしょう。

同居している両親の生活スタイルに慣れてしまえば問題ないですが、どうしても受け入れられない部分や自分には合わない部分があると我慢しなければならず、身体や精神の疲労に繋がってしまいます。

同居がうまくいかない原因

両親との相性

旦那と相性が良いからといって、ご両親とも相性が良いかどうかは分かりません。お互い信頼して協力し合える関係なら良いですが、どちらかが非協力的なら関係は悪化してしまい、最終的に同居もうまくいかなくなります。

相手の直してほしいところが具体的な場合は関係を改善できるかもしれませんが、なんとなく好きになれないといった場合は良い関係を築くことは難しいかもしれません。

間取りによるストレス

できればご両親と顔を合わせたくない時があっても、間取りによっては必然的に顔を合わせることになってしまう場合もあります。また、一人でリラックスしたくても一人になれる空間が家にないという可能性もあるでしょう。

完全な二世帯住宅なら少しはご両親と距離が図れますが、リビングや台所が一つしか無い、ご両親と部屋が隣同士、といった間取りでは心が安まりません。

同居をする前に間取りの相談をすることが望ましいです。

旦那の独身気分が抜けない

結婚して一緒に住み始めたはずなのに、姑に生活を頼り切ったり、妻をかばおうとしないなど、独身と変わらない生活をしていると妻の居場所がなくなってしまいます。

旦那にとっては今までと変わらない環境でしょうが、結婚したのですから立場としては一家の主です。旦那と話し合うなどして、大黒柱としての自覚を持たせるようにしましょう。

自分なりのストレス解消法を見つけよう

旦那の両親と同居していて、ストレスを全く感じないという人はほとんどいないでしょう。年齢も全く異なる他人と一緒に住むという状況では、分かり合えない部分がたくさん出てきて当たり前です。

ストレスを感じないようにすると逆に疲れてしまうこともあるので、ストレスが溜まらないように工夫してみましょう。外出してリフレッシュすることが難しい場合は、家で音楽を聴いたり、半身浴やアロマで癒されたりする時間を作るとストレス解消に効果的です。

Tags

ライター